僕の考えたトレーナー > やる夫 > 2B



                       _
                   -=≦三≧寸>
                 / /     ㍉;', `
                /          V  ハ
                   {八         ∧
               ハ  八 \        ∧
                 从ハ乂  \        个㍉
               |  乂≧≦辷 艾         .|  )
               |   才7 ̄ ̄乂     .ハ| /
                Ν  人 ‐‐.  .ノ个  イ  j
               乂\{.乂\__ イ彡八乂リ /
              斗=ニ=寸  }ニニニニY
           /ニニニニニV≦ニニニ圦_   _
          (ニニニニニニ∠ニニニニニニニVニ\
           }ニニニニニニ|≧‐___⌒\乂乂斗寸ニム
         /ニニニニニニ|ニニニニ≧艾__乂__艾)寸',
         \ニニニニニニ人ニニニニニ>_}__艾ニニム乂
           `Y三≧廴彡ニニ≧艾ニニニ才艾ニニニ八::}
           ムニニニ/  マニニニニニニニニ>-イニニ{
           ムニニニ./    マニニニニニニニニイニニ丿
           ムニニ /     Yニニニニニニニニ|ニl´
          八ニニ.{      }ニニニニニニニニ|ニ|
        /ニニニ/     .人ニニニニニニニニ|ニ|
       /ニニニニ|      /ニニニニニニニニニ.|ニY
      ./ニニニニニ.| /^≧只≦ニニニニニニニニハニ|  イ _
     \{ニニニニニ|个彡 イ| |ニニ寸ニニニニニ∧ニニ{/イ二二\
    才⌒寸ニニニニ/   ハ.ノマニニ寸ニニニニ/ニ才ニニニニニニニ\
  <ニニニニ寸>ニニ/   ./   /ニニニマニニニニ/ニニニニニニニニニニ\
   /ニニニ/ニニニ/     ./ニニニニマニニ/ニニニニニニニニニ≧=ー
  ∠斗 ≦ニニ//     /ニニニニニニ寸イニニニニニニニニニニニニ
 /ニニニニ/  '    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニニニ
 ニニニニ/   .|  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニニ
 ニニニニ/      | /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニ
──────────────────────────────────────────

+【テンプレート】
【テンプレート】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】
【タイプ】
【特性】
【もちもの】

【技x:】

こうげき:
ぼうぎょ:
とくこう:
とくぼう:
すばやさ:

【ポテンシャル】
『役割』…
『分類』…
『種族』…
『属別』…
『先』…
『絆』…
『回避』…
『耐性』…
『撃』…
『汎用』…
『付随』…
『特権』…
『PT』…
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案1】【《二枚看板》万能アタッカー型】
【案1】【《二枚看板》万能アタッカー型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】りんきおうへん… 場に出た時、自身の任意の能力を上げる。
【もちもの】

【技x6:せいなるつるぎ、きりかえす、はどうだん、ちゅうがえり、くさかり、つるぎでまもる】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+   「きりかえす」… 物/鋼/70/100/単/○/優先度-7/「けん」「つるぎ」等の技。
とくこう:B+                         相手の攻撃を受けると必ず急所に当たる。
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の斬撃』…      自身の「けん」「つるぎ」等の技が相手のタイプ耐性を貫通する。
『2B機の速射』…      自身の「だん」「ボール」等の技の優先度を+1する。
『2B機の防護』…      自身の「まもる」等の技が相手に貫通(解除)されない。
『ポッド042』…        自身のタイプ不一致の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『愛の絆』…         場にいる限りトレーナーの指示を「1」ランク上げる。 低確率でポテンシャルを再度受けられる。
『対妖回避』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「妖」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対妖耐性』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「妖」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対妖迫撃』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案2】【《二枚看板》便利なチップ突っ込み型】
【案2】【《二枚看板》便利なチップ突っ込み型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチウェポン… 自身のタイプ不一致の技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x8:せいなるつるぎ、ラスターカノン、はどうだん、かぜのつるぎ、とんぼがえり
    ふるいたてる、つるぎでまもる、みがわり】

こうげき:A
ぼうぎょ:B+   
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:A

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機のAR』…      自身がダメージを受けなかった時、中確率で一番最後に体力を1/4回復する。
『2B機のOC』…      自身がダメージを受けなかった時、中確率で一番最後に追加行動を得る。
『2B機のCE』…      自身の技の数を3枠増やし、属別ポテンシャルを2枠にする。
『白の約定』…        自身の「攻」の種族値を「A」にする。 稀に自身の技の威力を2倍にする。
『白の契約』…        自身の「速」の種族値を「A」にする。 稀に相手より先に行動することが出来る。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対妖回避』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「地」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対妖耐性』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「地」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対妖迫撃』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案3】【《チェイサー》装填アタッカー型】
【案3】【《チェイサー》装填アタッカー型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】きんぞくしつ… タイプに「はがね」を追加する。
【もちもの】

【技x6:せいなるつるぎ、しんぴのつるぎ、スチールソード、しんくうは、きりばらい、つるぎでまもる】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+   
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『チェイサー』…       自身の攻撃技に「おいうち」効果を付与する。
『2B機の剣守』…      自身の「まもる」等の技が相手に貫通(解除)されない。
『2B機の装填』…      「まもる」等の技で相手の技を無効化した時、味方と任意交代する事が出来る。
『2B機の銃撃』…      技能拡張「ヘッドショット」を事が出来る。
『ポッド042』…        技能拡張で繰り出す技の威力を強化(1.5倍)する。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対炎回避』…        敵陣に「炎」ポケモンがいる時、相手の「炎」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対炎耐性』…        敵陣に「炎」ポケモンがいる時、相手の「炎」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対炎迫撃』…        敵陣に「炎」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『アサルト』…        自身の技の「おいうち」効果の発動時、自身の技の威力を強化(1.5倍)する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案4】【《両役割可能》居座り型】
【案4】【《両役割可能》居座り型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】りんきおうへん… 場に出た時、自身の任意の能力を上げる。
【もちもの】

【技x6:せいなるつるぎ、はどうだん、きりきざむ、らいこうだん、ぶのまい、けちらす】

こうげき:B+  「きりきざむ」… 物/悪/単/25/100/○ 2~5回の連続技。
ぼうぎょ:B+  「らいこうだん」…特/電/単/80/--/  必ず命中する。 
とくこう:B+  「ぶのまい」…  変/闘/自分/---/  「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」を上げる。
とくぼう:B+  「けちらす」…  物/闘/全体/50/90 命中後、自陣に設置された相手の技を取り除く。
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の斬術』…      自身の「けん」「つるぎ」等の技の優先度を「+1」にする。
『2B機の砲術』…      自身の「だん」「ボール」技がタイプ相性で無効化されない。
『2B機の盾術』…      「技能拡張:つるぎでまもる」を繰り出すことができる。自身の「まもる」等が貫通されない。
『ジャミングセンサー』…   トレーナーが「統率:A」以上の時、自身へのデータ解析を無効化する。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『愛の絆』…         場にいる限りトレーナーの指示を「1」ランク上げる。 低確率でポテンシャルを再度受けられる。
『対妖回避』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「妖」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対妖耐性』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「妖」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対妖迫撃』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案5】【《チェイサー》「けん」「つるぎ」技特化型】
【案5】【《チェイサー》「けん」「つるぎ」技特化型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、アイスブレード、しんくうは、つるぎでまもる、みがわり】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『チェイサー』…       自身の攻撃技に「おいうち」効果を付与する。
『2B機の大剣』…      自身の「けん」「つるぎ」等の技を「通常攻撃」にし、技の威力を強化(1.3倍)する。
『2B機の小剣』…      自身の「けん」「つるぎ」等の技を繰り出す時、自身の「速」を強化(1.3倍)する。
『2B機の鋼剣』…      自身のタイプ不一致の「けん」「つるぎ」等の技に「鋼」タイプを追加する。
『オートマタ』…       1/試/自動 自身に対する「メンタル効果」を無効化する。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『アサルト』…        自身の技の「おいうち」効果の発動時、自身の技の威力を強化(1.5倍)する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案6】【《二枚看板》技能拡張型】
【案6】【《二枚看板》技能拡張型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、スチールソード、しんくうは、つるぎでまもる、つるぎのまい】

こうげき:B
ぼうぎょ:B+
とくこう:B
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の補充』…      「まもる」等の技で相手の技を無効化した時、無効化した技を「技マシン」として持ち物にすることが出来る。
『2B機の兵装』…      「技能拡張」で繰り出す技に「鋼」タイプを付与する。 有利な相性で判定する。
『2B機の堅守』…      「まもる」等の技を相手に貫通(解除)されない。
『ポッド042』…        1/試 技「タネマシンガン」を繰り出す。 この時、自身の「攻」を最も高い種族値と同ランクにする。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案7】【《二枚看板》持ちもの固定での複合技型】
【案7】【《二枚看板》持ちもの固定での複合技型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】おおたちまわり… 自身の「攻」の種族値を1ランク上げる。 2割で相手の攻撃を回避する。
【もちもの】

【技x5:せいなるつるぎ、きあいだま、しんくうは、つるぎでまもる、ふるいたてる】

こうげき:A+
ぼうぎょ:B+   
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…         自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の換装』…        持ちものが「カセット」の時、自身の「闘」技に「カセット」のタイプを付与する。有利な相性で判定を行う。
『2B機の内蔵』…        持ちものが破壊(奪取)されない。
『2B機の撤収』…        相手を倒した時、T終了時に味方と任意交代することが出来る。
『ポッド042』…         低確率で一番最後に「タネマシンガン」の追加攻撃を行う。
『対の先』…          相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…         低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…         味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』…    「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…       自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案8】【《兼用》能力上昇基点型】
【案8】【《兼用》能力上昇基点型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】りんきおうへん… 場に出た時、自身の任意の能力を上げる。
【もちもの】

【技x5:せいなるつるぎ、きあいだま、しんくうは、つるぎでまもる、ふるいたてる】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+   
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…          自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の捕捉』…         自身の能力が上がった時、中確率でT終了時まで相手を「こころのめ」状態にする。
『2B機の変換』…         自身への『指令』を『熟達(全開)』から『全開(熟達)』へ変化させることが出来る。
『2B機の撤収』…         自身の能力が上がった時、T終了時に味方と任意交代することが出来る。
『ポッド042』…          自身の能力が上がった時、中確率で相手に体力の1/8の「闘」ダメージを与える。
『対の先』…           相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…          敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…          敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…          敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…          低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…          味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』…     「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…        自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案9】【《チェイサー》メモリ汎用強化型】
【案9】【《チェイサー》メモリ汎用強化型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチウェポン… 自身のタイプ不一致の技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、マルチアタック、しんくうは、つるぎでまもる、みがわり】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『チェイサー』…       自身の攻撃技に「おいうち」効果を付与する。
『2B機の大剣』…      技「からたけわり」を繰り出す事が出来る。
『2B機の撤退』…      相手を倒した時、味方と任意交代出来る。
『2B機の回路』…      このポテンシャルを「エキスパンション」として扱う。自身の持つ「メモリ」によりタイプが変わる。
『ポッド042』…        1/試 技「さばきのつぶて」を繰り出す。この時自身の持つ「メモリ」により技のタイプが変わる。
『先の先』…         相手が優先度+1以上の技を使用した時、低確率で先に行動する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『アサルト』…        自身の技の「おいうち」効果の発動時、自身の技の威力を強化(1.5倍)する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案10】【《二枚看板》変幻自在型】
【案10】【《二枚看板》変幻自在型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【タイプ】かくとう
【特性】へんげんじざい… 自身の繰り出す技と同じタイプになる。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、コメットパンチ、しんくうは、かぜのつるぎ、つるぎでまもる】

こうげき:A-
ぼうぎょ:A-   「そうりゅうのやり」… 物理/ドラゴン(くさ)/100/95/単体/×/「龍/草」の2タイプから有効な相性でダメージ計算を行う。
とくこう:A-
とくぼう:A-
すばやさ:A-

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の白刀』…      自身(相手)の体力が満タンの時、自身の「攻/速」を強化(1.5倍)する。
『2B機の龍槍』…      技「そうりゅうのやり」を繰り出す。 宙に浮かび上がる。
『2B機の天聖』…      相手を倒した時、自身の体力を1/3回復し状態異常を治癒する。
『プレイアブル(統)』…    トレーナーの「統率:A」以上の時、「体力」の種族値が少し増加し、自身の全種族値に+補正を得る。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案11】【《二枚看板》技のデパート型】
【案11】【《二枚看板》技のデパート型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、せいなるつるぎ、しんくうは、つるぎでまもる、つるぎのまい】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の雷槍』…      技「サンダーランス」を繰り出す事が出来る。
『2B機の影拳』…      技「シャドーパンチ」を繰り出す事が出来る。
『2B機の鉄塊』…      技「メテオドライブ」を繰り出す事が出来る。
『ポッド042』…        技「はちのすにする」を繰り出す事が出来る。
『後の先』…         相手が自身より先に行動した時、稀に相手より先に行動することが出来る。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案12】【《二枚看板》同タイプ狩り型】
【案12】【《二枚看板》同タイプ狩り型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチタイプ… 持っている「プレート」によりタイプが変わる
【もちもの】

【技x5:さばきのつるぎ、さばきのつぶて、しんそく、ふるいたてる、つるぎでまもる】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+ 「さばきのつるぎ」… 物理/ノーマル/100/100/単体/×/持っている「プレート」によりタイプが変わる。
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『処刑機の断罪』…      「プレート」を持っている時、「攻撃技」に「闘」タイプを追加し有効な相性でダメージ計算を行う。
『処刑機の偽装』…      自身へのデータ解析を無効化し、相手の体力を1/4減少させる。
『処刑機の切替』…      場に出た時、自身の持ち物を任意の「プレート」にする事が出来る。
『エクスキューショナー』…  自身と相手が同じタイプの時、自身の技が急所に当たりやすくなる。(C+3)
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案13】【《二枚看板》三種対応型】
【案13】【《二枚看板》三種対応型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x6:しんぴのつるぎ、スチールソード、しんくうは、マグネットボム、ボルトチェンジ、つるぎでまもる】

こうげき:B
ぼうぎょ:B
とくこう:B
とくぼう:B
すばやさ:B

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『処刑機の優先』…      自身(相手)の優先度+1以上の技のダメージを強化(緩和)する。(1.3倍/0.67倍)する。
『処刑機の必中』…      自身(相手)の「必中」技のダメージを強化(緩和)する。(1.3倍/0.67倍)する。
『処刑機の蜻蛉』…      自身(相手)の「とんぼ」技のダメージを強化(緩和)する。(1.3倍/0.67倍)する。
『Ho229 Type-B』…      宙に浮かび上がる。相手の技が急所に当たりにくくなる。(C-2)
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案14】【《役割両対応》マルチウェポン型】
【案14】【《役割両対応》マルチウェポン型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチウェポン… 自身のタイプ不一致の技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、あびせげり、スチールソード、でんじほう、みがわり】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の機動』…      「特性:マルチウェポン」が発動した時、自身の「物理技」の優先度を+1する。
『2B機の狙撃』…      「特性:マルチウェポン」が発動した時、自身の「特殊技」が相手に「必中」する。
『2B機の修復』…      1/試/自動 自身の体力が1/2以下になった時、自身の体力が3/4まで回復する。
『オートマタ』…       1/試/自動 自身に対する「メンタル効果」を無効化する。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案15】【《二枚看板》四式使い型】
【案15】【《二枚看板》四式使い型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチウェポン… 自身のタイプ不一致の技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:しんぴのつるぎ、アイアンランス、しんそく、ヘッドショット、つるぎでまもる】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+
とくこう:B+
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の超駆』…      トレーナーの『かわせ!』(『よけろ!』)の発動時、一番最後に追加行動を得る。
『2B機の連携』…      トレーナーの『もどれ!』で場に出た時、一番最後に追加行動を得る。
『2B機の迎撃』…      トレーナーの『たえろ!』の発動時、相手に1/2の反動のダメージを与える。
『ブラックボックス』…    自身へのデータ解析を無効化する。技「だいばくはつ」を繰り出すことが出来る。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案16】【《二枚看板》はがねつかい特化型】
【案16】【《二枚看板》はがねつかい特化型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x4:しんぴのつるぎ、アイアンランス、しんくうは、マグネットボム】

こうげき:B
ぼうぎょ:B
とくこう:B
とくぼう:B
すばやさ:B

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の鋼槍』…      「特性:はがねつかい」の発動時、自身の「鋼」技が失敗しない。
『2B機の鋼拳』…      「特性:はがねつかい」の発動時、自身の「鋼」技が「防/特防」相手の上昇(強化)を無視する。
『2B機の鋼体』…      「特性:はがねつかい」の発動時、相手の「ノ/草/氷/飛/超/虫/岩/龍/鋼/妖」タイプの技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『ポッド042』…        1/試 技「バルカンほう」を繰り出す。 このポテンシャルはPTの全員が使用出来る。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…        敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
──────────────────────────────────────────────────────────────────────────
───
+【案17】【《二枚看板》プレートでカスタム型】
【案17】【《二枚看板》プレートでカスタム型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチシステム… 自身の持ち物が「プレート」の時、自身に「プレート」と同一タイプを追加する。
【もちもの】

【技x6:せいなるつるぎ、しんくうは、さばきのつぶて、なげつける、リサイクル、つるぎでまもる】

こうげき:B
ぼうぎょ:B+    
とくこう:B
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…         自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の武装』…       自身の持ち物が「プレート」の時、『エキスパンション』に「プレート」と同一タイプを追加する。
『2B機の作戦』…       自身の持ち物が「プレート」の時、相手からの「プレート」と同一タイプの攻撃技を「こうかいまひとつ」にする。
『2B機の隠蔽』…       自身へのデータ解析を無効化し、相手の最も高い能力が下がる。
『マルチタスク』…      「プレート」を二つ持つ事ができる。 自身の「プレート」が破壊(略奪)されない。
『対の先』…          相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…         低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…        味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…      自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案18】【《二枚看板》プレート変更型】
【案18】【《二枚看板》プレート変更型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチタイプ… 持ち物の「プレート」と同じタイプになる。 この特性は変化されない。
【もちもの】

【技x6:さばきのつるぎ、さばきのつぶて、はどうだん、しんそく、くさかり、つるぎでまもる】

こうげき:B+
ぼうぎょ:B+  「さばきのつるぎ」… 物/ノ/100/100/単/○/急所に当たりやすい。(C+1)「けん」「つるぎ」等の技。
とくこう:B+                                  「プレート」と同じタイプになる。
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…        自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の換装』…      場に出た時、持ち物を「プレート」に変更する事が出来る。
『2B機の作戦』…      自身の持ち物が「プレート」の時、相手からの「プレート」と同一タイプの攻撃技を「こうかいまひとつ」にする。
『2B機の武装』…      自身の持ち物の「プレート」の強化倍率が1.67倍になる。
『ポッド042』…       相手の技の「おいうち」効果を受けない。
『対の先』…         相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『愛の絆』…         場にいる限りトレーナーの指示を「1」ランク上げる。 低確率でポテンシャルを再度受けられる。
『対妖回避』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「妖」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対妖耐性』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、相手の「妖」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対妖迫撃』…        敵陣に「妖」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…        低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…       味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…     自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案19】【《二枚看板》役割連動型】
【案19】【《二枚看板》役割連動型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】マルチウェポン… 自身のタイプ不一致の技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:きあいだま、スチールソード、ダメおし、かたきうち、つるぎでまもる】

こうげき:B
ぼうぎょ:B+
とくこう:B
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…          自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の作戦』…         自身の持ち物が「プレート」の時、相手からの「プレート」と同一タイプの攻撃技を「こうかいまひとつ」にする。
『2B機の捜射』…         自身の『役割』が発動した時、中確率で相手の「攻」を減少し体力の1/8ダメージを与える。 「瀕死」状態には出来ない。
『2B機の技巧』…         自身の『役割』が発動した時、中確率で自身の技の威力を「+20」する。
『ブレードケース』…       「つるぎでまもる」で相手の技を無効化した時、味方と任意交代することが出来る。
『対の先』…            相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…          敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…          敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超反撃』…          敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で一番最後に追加行動を得る。
『戦闘続行』…          低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…           味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…      自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案20】【《兼用 セントレア参考型】
【案20】【《兼用 セントレア参考型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:きあいだま、スチールソード、しんくうは、つるぎでまもる、みがわり】

こうげき:B
ぼうぎょ:B+    
とくこう:B
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『二枚看板』…         自身の全能力値を強化(1.33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。(C+1)
『2B機の作戦』…       自身の持ち物が「プレート」の時、相手からの「プレート」と同一タイプの攻撃技を「こうかいまひとつ」にする。
『2B機の射撃』…       自身の持ち物が「プレート」の時、自身の「闘」技に「プレート」と同一タイプを付与する。有利な相性で判定する。
『2B機の剣技』…      「つるぎでまもる」で相手の技を無効化した時、相手を強制交代させる。
『ゴーグルマスク』…      自身へのデータ解析を無効化し、相手の最も高い能力が下がる。
『対の先』…          相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…         低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『ツートップ』…        味方の『エース』が「瀕死」状態の時、自身に対し味方の『アシスト』が発動する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…      自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案21】【《チェイサー》メアリの金剛対策型】
【案21】【《チェイサー》メアリの金剛対策型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【名前】2B
【タイプ】かくとう
【特性】はがねつかい… 自身の「鋼」技の威力を強化(1.5倍)する。
【もちもの】

【技x5:きあいだま、ざんてつけん、エレキソード、つるぎでまもる、みがわり】

こうげき:B
ぼうぎょ:B+      「エレキソード」… 物/電気/90/100/単/○/急所に当たりやすい。(C+1)「けん」「つるぎ」等の技。
とくこう:B
とくぼう:B+
すばやさ:B+

【ポテンシャル】
『チェイサー』…        自身の攻撃技に「おいうち」効果を付与する。
『2B機の作戦』…       自身の持ち物が「プレート」の時、相手からの「プレート」と同一タイプの攻撃技を「こうかいまひとつ」にする。
『2B機の隠蔽』…       自身へのデータ解析を無効化し、相手の最も高い能力が下がる。
『2B機の断罪』…       技「さばきのつぶて」を繰り出せる。タイプ不一致の「さばきのつぶて」に対する「プレート」の威力倍率を変更する。(1.2倍→1.5倍)
『ブレードケース』…     「つるぎでまもる」で相手の技を無効化した時、味方と任意交代することが出来る。
『対の先』…          相手の「すばやさ」の種族値が自分と同ランクの時、中確率で自身の技の優先度を+1する。
『対超回避』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技の命中率を低下(0.85倍)させる。
『対超耐性』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、相手の「超」技のダメージを緩和(0.67倍)する。
『対超迫撃』…         敵陣に「超」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。
『戦闘続行』…         低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。
『アサルト』…         自身の技の「おいうち」効果の発動時、自身の技の威力を強化(1.5倍)する。
『エキスパンション(闘)』… 「闘」技が相手の防護ポテンシャルを無視する。
『アタックエール』…      自身が「てだすけ」状態の時、自身の攻撃技が相手の「まもる」等の技を貫通する。
『ガードエール』…       自身が「てだすけ」状態の時、相手の技のダメージを緩和(0.67倍)する。
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案22】【《》型】
【案22】【《》型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
+【案23】【《》型】
【案23】【《》型】
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────