※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホイール修理キットを使って自分でガリ傷を直す方法

小さくガリッと擦ってしまったようなホイールのガリ傷ならば、自分でホイール修理可能です。修理のために必要なキットは、カー用品店でも販売されていますし、ネットで注文することも出来ます。ガリ傷の補修に使うのは、貼るだけで傷痕を目立たなくしてくれるシート、研磨用のサンドペーパー、仕上げようのヘラ、が入ったキットです。さらに、シリコンオフスプレーという脱脂(油分を除去する)と洗浄が両方出来るスプレーを用意しておくと仕上がりが綺麗になります。


まず最初に、研磨用のサンドペーパーで傷痕部分が滑らかになるように磨いていきます。凸凹がなくなったら、細かい削りかすを除去して、油分が残らないようにシリコンオフスプレーを噴射して乾いた綺麗なタオルで油分を落とします。次に、傷痕を隠すためのシートを貼っていきます。空気が入らないように、ヘラで擦りながら貼り付けていくのがコツです。一気に広範囲に貼ってしまうと空気が入りやすいので、少しずつ貼り付けていきます。これだけでホイール修理完了です。