※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それぞれが天候に関する二つ名を持つ、とある家族の事である

これまで我々はRainy氏を、単なる人の話を聞かない青年であると考えていた。
だが最近になって自らの妹(以下、妹様)の反社会的な行動を容認、あるいは推奨することが多くなってきていることがわかっている。
Rainy氏は自己責任ということで片付けてしまっているが、高校2年生である妹様が酒あるいはタバコに走ってしまえば、若い体に著しい負担を生じるのは明らかなことであり、断じて止めさせなければならない。


だが雨の日一家、あるいは一家周辺においてこれが容認されているのは何故であろうか?
妹様は酒あるいはタバコを普通に店で買ってこれるらしい。
未成年にそういったものを売れば、店側も処罰を受けるのは最近のニュースでも話題になっている。しかし店側は普通に売る。何故なのか?
やはりこれは雨の日一家という強大な影響力が、周辺の商店どころか各種国家機関にまで圧力を与えていると考えるのが自然であろう。

そもそも現段階で雨の日一家の構成員はほとんど明らかになっていない。
もしかしたら外部に漏れてはいけないような人々が、まだ多くいるのかもしれない。
やはりもっと多くの調査が必要であると私は