僧正誕生秘話


/*/

愛鳴之藩国には、一つの名もない宗教が広がっている。
その教えを広める僧侶や僧正が居て、
その上人々は「神は居る」と胸を張って答える。 


愛鳴之藩国に居る僧正は、他の宗教の僧正とは一味違う。
余り隠し事をしない。
だから藩国の中ではこのような話広まり、信じられて居る。



1、はじまり

昔、一人の楽士が居た。
家を持たず、家族を持たず、
旅を続けながら村々で人々に歌を聞かせ、生活の糧を貰う。
そんな生活をしていた楽士だ。


彼は、多くの村をめぐる間に一つ気づいたことがある。
争いの絶えない村、平和な村、長生きな村、短命な村など多くの町があった。
様々な村があるが、平和で人々が長生きしている村には、
共通するいくつかのしきたりがあることだ。
当時、村々を渡り歩くのは非常に困難なことで、
そのようなことに気づくのは旅を続ける楽士だけだった。


そしてそれから、彼は村々のしきたりを注意深く調べることにしていった。


意識を向け、じっくりと調べると、様々なことが分かるようになってくる。
一つ一つのしきたりがが与える影響も分かるようになってくる。


ある日、楽士の心の中で自然と一つのルールが出来上がった。
それは単なるルールである。
やってはいけない事、推奨されること、ただそれが書かれただけである。
しかしその背後には、
人々が平和に長生きをする事を祈って織り込まれた
数々の歴史と人々の足跡があった。


彼は願う。村々が繁栄することを。
彼は願う。人々が長生きすることを。


その楽士はそのルールを教訓として歌い、村々を回った。
統計や確立と呼ばれている物に愛された彼のルールは、
必然的な結果を伴う。
彼のルールを信じることで町は栄え人々は人生を謳歌した。



2、創立
ある旅の楽士の歌を聴き、その成り立ちを聞き、
非常に興味を持った人物達がいる。
とある街に住んでいた学者たち。
そしてその学者達の中でも数学、特に確立に携わる者たちである。


彼らはその楽士の話を聞き、その意味する所気が付いたときに驚愕した。
自分達の学ぶ確立という分野の実証であったからだ。
楽士は、確率的に存在するしきたりと人々の生活の因果関係を統計的に抽出し、歌にしていたのであった。


その組織のリーダーは人々を愛していた。
だから嘯く事にした。
彼自身が神の存在を信じているわけではない。
だが楽師の歌を、彼の作り上げた神を、皆が信じるなら
人々はより良い生活を、恵まれた人生を送れるからだ。
だからその嘘すべての責任を引き受け、
その教えの裏に神が居ると嘯いた。


その際その教えを統計的に整理・編纂し、政治の舞台まで持ち上げたのが後の僧正たちである。



3、現在
愛鳴之藩国に住む彼らが「神は居る」と答えるのは、そう信じているからではない。
時代を超え、遠い過去に自分たちの身を按じて
一つのルールを築き上げてくれた人へ、その人の愛へ、
敬意を表しているからである。


愛鳴之藩国に居る僧正は余り隠し事をしない。
本来隠すべき歴史の裏さえ気軽に話す。
そしてそれによって教え以上のものを後の世代へ残している


愛鳴之藩国には、一つの名もない宗教が広がっている。


(文章:くぎゃ~と鳴く犬)