第二層:避難民受け入れ層


広い土地とライフライン拠点を用意された新しい層。
他国で災害が起こったときなどに
避難民の受け入れが出来るように整備された。

キャンプ用施設のように一通り生活に必要なものが
ライフライン拠点に用意されており、
テントなどで一時的な非難がすぐ出来るようになっている。

また、子供たちがゆっくり寝られるよう
子供達用の仮設住宅の準備もされており、
必要とあればすぐ組み立てられるようになっている。


戦争の起こりそうなときの事前避難にも対応しており
国民の安全を願う国々へ広く解放されている。