部品構造


  • 大部品: 愛鳴之藩国地形 RD:26 評価値:8
    • 大部品: 都市計画による交通網 RD:3 評価値:2
      • 部品: 主要な道路
      • 部品: 路面電車
      • 部品: バリアフリー
    • 大部品: 区画整理による区分け RD:14 評価値:6
      • 大部品: 学園都市計画区画 RD:1 評価値:0
        • 部品: 学園都市化を目指して
      • 大部品: 行政区 RD:1 評価値:0
        • 部品: 政庁
      • 大部品: 居住区 RD:3 評価値:2
        • 部品: 概要
        • 部品: 新居住層
        • 部品: 国営高層住宅区
      • 大部品: 商業区 RD:2 評価値:1
        • 部品: 近隣商業地域
        • 部品: 大型商業施設
      • 大部品: 観光区 RD:3 評価値:2
        • 部品: 総合型遊園地:ナガスパ シーサイド遊園地
        • 部品: 郊外ファーム型遊園地:ナガスパ グランブルー
        • 部品: 旧え~藩国の街並み
      • 大部品: 食料生産区 RD:2 評価値:1
        • 部品: 農業生産用地域:愛鳴之農場
        • 部品: 畜産用地域:愛鳴之ふれあい牧場連盟
      • 大部品: 工業区 RD:2 評価値:1
        • 部品: 資源採掘地
        • 部品: 工場地帯
    • 大部品: 周辺環境について RD:9 評価値:5
      • 部品: 森林
      • 大部品: 草原 RD:4 評価値:3
        • 部品: 草原とは
        • 部品: 水条件
        • 部品: 小動物の生息環境
        • 部品: 大型動物の生息環境
      • 大部品: 山 RD:4 評価値:3
        • 部品: 山とは
        • 部品: 高さ
        • 部品: 人にとっての山
        • 部品: 気候



部品定義


部品: 主要な道路

方格設計によって碁盤目状に配置された道路。過密や火災、伝染病といった都市問題対策に有効であるとして、この区画整然とした都市計画を使用している。

部品: 路面電車

バリアフリーを意識して設置された移動手段。
具体的な特徴として
低く、乗り降りの際にも車の中にも段差がない床。
間口が広く、乗り降りしやすい戸。
視認しやすく、かつ数が多い手すり。
車椅子でも移動の楽な車内通路。
子供でも視界を邪魔されにくい天上面の案内表示。
全席優先席。
安全の為に最も大切な人の手を欠かさない少し多い乗務員。
木やクッション材などの衝撃が少ない素材が多く用いられ、転んでも痛くない。
全体的に丸みを帯びていて、尖った所や稼動部の危険を極力排除している。
などを有している。

部品: バリアフリー

社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための方法。
妊婦や老人でも利用しやすく扱いやすいインフラを、子供たちが怪我をしないように上手に組み入れ過ごしやすい藩国への取り組みに力を入れている。

部品: 学園都市化を目指して

愛鳴之藩国は子供たちの為の国である、子供たちが雲を掴むように自分の夢に向かって手を伸ばせるようにするのがこの国の大人のライフワークである。
夢を叶える為に知識は有効な力になるであろう、ならば全ての子供が夢を叶える為の知識をえられるように、愛鳴之藩国は学園都市を目指す。

部品: 政庁

政を行うための施設、難しい顔をしながら国の未来、子供の未来、かつて子供たちだった者の未来の為に藩王や摂政、主要な国民等が頭を悩ませ…
差し入れのプリンに顔を綻ばせている。


部品: 概要

藩国中央付近にある私塾や食料生産区、商業区、工業区等への移動が楽になるよう隣接した位置に設けられている。
貸家やインフラ、行政サービスなどが豊富に取り揃えられており、貸家の買取等で比較的安価に持ち家を目指せる。

部品: 新居住層

以前、第四層と呼ばれていたベッドタウン
「生活の大変な母子家庭、父子家庭が有るなら
愛鳴之藩国が彼女たちを守るシェルターになればいいじゃないか」 
と言った藩王の言葉によって育児支援を主眼に置いて設計された。

部品: 国営高層住宅区

この区画では主に財政的な課題を抱える家庭向けの高層アパートが並び
特に小さな子供の居る家庭が優先して入れるようになっている。
0歳~13歳程度までの子供たちを安全にかつ健康的に育てられるように
アパート設備から周辺公園にいたるまでさまざまな配慮がされているだけでなく、
託児所や保育園なども十分用意されており母子家庭でも素敵な育児生活が出来るのではないか
と思える環境が整っている。

部品: 近隣商業地域

近隣住民が日用品等の買い物を行う事が多い地域、育児ストリートも此処に有り
育児グッツや子供のおもちゃ、絵本から子育てノウハウ本までさまざまな育児の為のお店が並んでいる。

部品: 大型商業施設

観光区に隣接する大型商業施設
近隣商業地域の商店が支店を出したり完全に住み分けを行っている。
休日には観光客だけでなく国民が楽しい買い物を、おしゃれな食事を求めてやってきたりもする。

部品: 総合型遊園地:ナガスパ シーサイド遊園地

いわゆる総合レジャー施設、遊園地である。
週末ともなるとたくさんの親子連れ、カップルから観光客までが、スリルとサスペンス(?)を楽しみにやってくる。
園内ではマスコットが練り歩き子供たちに夢を振りまいている。

部品: 郊外ファーム型遊園地:ナガスパ グランブルー

『ロマン』『ファンタジー』『海で思いっきり遊ぶ』ことを目的として建設されたテーマパーク。
ナガスパ シーサイド遊園地の経営者が海水浴をしてほしいという一心で作り上げた。

部品: 旧え~藩国の街並み

大きな公園を中心にカフェやレストラン、宿泊施設、旧王城等が再現されている。
公園にある慰霊碑には毎日沢山の花が手向けられ寂しさ、悲しみを秘めながらも深い慈しみと優しさが溢れている。
多くは無いが居住区も有り好んでこの街並みに身を置く者も居る。

部品: 農業生産用地域:愛鳴之農場

観光区の旧え~藩街並みに隣接し食料の自給の為に作られた区画、大規模な農業用地では
小麦、サトウキビ、ピートなどが生産され、それぞれの畑へ続く水路沿いに時々屋台があり
あっちの畑のトマトをとか。こっちの畑のジャガイモをとか 水路を巡ることで食べ歩きをする観光客が見られ
のんびりとした風景の中を小船で食べ歩き、と言うのが 最近密かなブームになっているらしい。


部品: 畜産用地域:愛鳴之ふれあい牧場連盟

農業用地に混じるように存在する畜産関係の拠点
福翠地鶏や愛鳴之馬等の特産品の牧場や養鶏場もここに加盟しており
食育の観点から広く見学ツアー等の開催を行っている。

部品: 資源採掘地

居住区からかなり離れた位置に存在する鉱山等の資源採掘地はこの区画に存在する
また、パイプラインの一時集積、配給を行っている愛鳴之瓦斯公社基地局等もある。


部品: 工場地帯

工業地帯内でセキュリティーレベルによって区分けされながらも
レトロライフ製造所等の兵器を扱う国営工場や、木製楽器等の特産品を製造する民間工場が共存している。

部品: 森林

広範囲にわたって樹木が密集している場所のこと。
林業関係者によって管理が行われており、野生動物などなんらかの危険がある場合は国への届出を行い危険排除のための部隊出動などを行う。

部品: 草原とは

草に覆われ、木がまったくない、または、ほとんど存在しない大地のこと。ひたすらにだだっぴろく、地平線が見えるほどの面積がある。愛鳴之藩国では馬の放牧などが行われている。

部品: 水条件

本来、環境条件の良いところは樹木が生育して森林となる。草原は降水量が少なく、樹木が生活できないために草原となるのである。
愛鳴之藩国の草原の降水は夏と秋に集中し、年平均降水量は400mmほどである。

部品: 小動物の生息環境

動物にとって、草原は森林とはまた異なった独特の場である。森林に見られる層構造や複雑な基盤がない場では、多くの動物は水平面に等しく並んで生活することが必要になる。空中を移動できる鳥から見れば、すべてが見渡せてしまう。猛禽にとっては狩りのしやすい場となろう。狩られる側からは、身を隠すのが難しい。有効な方法としては、穴を掘って身を隠すことが挙げられる。多くの小動物が巣穴を作る。中には多くの巣穴がつながった大規模なものを作るものもある。

部品: 大型動物の生息環境

より大きな動物では、穴を掘ることもかなわない。ただし、猛禽の攻撃対象ではないから、むしろ大型肉食獣との関係が問題になる。草食獣は、隠れるのは難しいので、むしろ、より早く敵の接近を感知し、より速く逃げる方向に進化する。つまり背が高くなり、高い位置から見渡せるようになるとか、高速で駆け回れるとか、跳躍力を身につけるといった方向である。また、群れを作るものが多い。集団でいた方が、警戒も交替で行えるし、攻撃を受けづらくなる。肉食獣は、草の間に身を伏せて接近するとか、集団で追い回すなどの戦術が必要になる。
また、見通しの聞かない森林においては、声による情報伝達が用いられることが多いのに対して、見通しのよく効く草原の動物では、視覚による情報伝達が利用されやすい。

部品: 山とは

山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵や台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。

部品: 高さ

山の高さ(標高)は、海面の延長であるジオイドからの距離とすることが一般的であり、これを海抜(かいばつ)と言う。
愛鳴之藩国で最大の山は標高にして1000mほどの高さで、山頂にはうっすらと雪がつもっている時もある。

部品: 人にとっての山

ヒトにとって山は必ずしも生活しやすい場所ではない。気象変動は激しく、食物も得難い。地面が傾斜しているため、居住や農耕には余り適さない。気圧が低いため、高山病などに陥ることもある。しかし、それでも村のような小規模で人が居住することはある。

部品: 気候

山の気候は平地と大きく異なる。山では気象が変化しやすく、風も強く、降水量も多い。それは地上に近いほど気温が高くなり、遠いほど寒くなる。山は起伏が激しいためその暖かい空気と寒い空気が混じりあい、雲が発生しやすいためである。



提出書式


 大部品: 愛鳴之藩国地形 RD:26 評価値:8
 -大部品: 都市計画による交通網 RD:3 評価値:2
 --部品: 主要な道路
 --部品: 路面電車
 --部品: バリアフリー
 -大部品: 区画整理による区分け RD:14 評価値:6
 --大部品: 学園都市計画区画 RD:1 評価値:0
 ---部品: 学園都市化を目指して
 --大部品: 行政区 RD:1 評価値:0
 ---部品: 政庁
 --大部品: 居住区 RD:3 評価値:2
 ---部品: 概要
 ---部品: 新居住層
 ---部品: 国営高層住宅区
 --大部品: 商業区 RD:2 評価値:1
 ---部品: 近隣商業地域
 ---部品: 大型商業施設
 --大部品: 観光区 RD:3 評価値:2
 ---部品: 総合型遊園地:ナガスパ シーサイド遊園地
 ---部品: 郊外ファーム型遊園地:ナガスパ グランブルー
 ---部品: 旧え~藩国の街並み
 --大部品: 食料生産区 RD:2 評価値:1
 ---部品: 農業生産用地域:愛鳴之農場
 ---部品: 畜産用地域:愛鳴之ふれあい牧場連盟
 --大部品: 工業区 RD:2 評価値:1
 ---部品: 資源採掘地
 ---部品: 工場地帯
 -大部品: 周辺環境について RD:9 評価値:5
 --部品: 森林
 --大部品: 草原 RD:4 評価値:3
 ---部品: 草原とは
 ---部品: 水条件
 ---部品: 小動物の生息環境
 ---部品: 大型動物の生息環境
 --大部品: 山 RD:4 評価値:3
 ---部品: 山とは
 ---部品: 高さ
 ---部品: 人にとっての山
 ---部品: 気候
 
 
 部品: 主要な道路
 方格設計によって碁盤目状に配置された道路。過密や火災、伝染病といった都市問題対策に有効であるとして、この区画整然とした都市計画を使用している。
 
 部品: 路面電車
 バリアフリーを意識して設置された移動手段。
 具体的な特徴として
 低く、乗り降りの際にも車の中にも段差がない床。
 間口が広く、乗り降りしやすい戸。
 視認しやすく、かつ数が多い手すり。
 車椅子でも移動の楽な車内通路。
 子供でも視界を邪魔されにくい天上面の案内表示。
 全席優先席。
 安全の為に最も大切な人の手を欠かさない少し多い乗務員。
 木やクッション材などの衝撃が少ない素材が多く用いられ、転んでも痛くない。
 全体的に丸みを帯びていて、尖った所や稼動部の危険を極力排除している。
 などを有している。
 
 部品: バリアフリー
 社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための方法。
 妊婦や老人でも利用しやすく扱いやすいインフラを、子供たちが怪我をしないように上手に組み入れ過ごしやすい藩国への取り組みに力を入れている。
 
 部品: 学園都市化を目指して
 愛鳴之藩国は子供たちの為の国である、子供たちが雲を掴むように自分の夢に向かって手を伸ばせるようにするのがこの国の大人のライフワークである。
 夢を叶える為に知識は有効な力になるであろう、ならば全ての子供が夢を叶える為の知識をえられるように、愛鳴之藩国は学園都市を目指す。
 
 部品: 政庁
 政を行うための施設、難しい顔をしながら国の未来、子供の未来、かつて子供たちだった者の未来の為に藩王や摂政、主要な国民等が頭を悩ませ…
 差し入れのプリンに顔を綻ばせている。
 
 
 部品: 概要
 藩国中央付近にある私塾や食料生産区、商業区、工業区等への移動が楽になるよう隣接した位置に設けられている。
 貸家やインフラ、行政サービスなどが豊富に取り揃えられており、貸家の買取等で比較的安価に持ち家を目指せる。
 
 部品: 新居住層
 以前、第四層と呼ばれていたベッドタウン
 「生活の大変な母子家庭、父子家庭が有るなら
  愛鳴之藩国が彼女たちを守るシェルターになればいいじゃないか」 
 と言った藩王の言葉によって育児支援を主眼に置いて設計された。
 
 部品: 国営高層住宅区
 この区画では主に財政的な課題を抱える家庭向けの高層アパートが並び 
 特に小さな子供の居る家庭が優先して入れるようになっている。 
 0歳~13歳程度までの子供たちを安全にかつ健康的に育てられるように 
 アパート設備から周辺公園にいたるまでさまざまな配慮がされているだけでなく、 
 託児所や保育園なども十分用意されており母子家庭でも素敵な育児生活が出来るのではないか 
 と思える環境が整っている。
 
 部品: 近隣商業地域
 近隣住民が日用品等の買い物を行う事が多い地域、育児ストリートも此処に有り
 育児グッツや子供のおもちゃ、絵本から子育てノウハウ本までさまざまな育児の為のお店が並んでいる。
 
 部品: 大型商業施設
 観光区に隣接する大型商業施設
 近隣商業地域の商店が支店を出したり完全に住み分けを行っている。
 休日には観光客だけでなく国民が楽しい買い物を、おしゃれな食事を求めてやってきたりもする。
 
 部品: 総合型遊園地:ナガスパ シーサイド遊園地
 いわゆる総合レジャー施設、遊園地である。
 週末ともなるとたくさんの親子連れ、カップルから観光客までが、スリルとサスペンス(?)を楽しみにやってくる。
 園内ではマスコットが練り歩き子供たちに夢を振りまいている。
 
 部品: 郊外ファーム型遊園地:ナガスパ グランブルー
 『ロマン』『ファンタジー』『海で思いっきり遊ぶ』ことを目的として建設されたテーマパーク。
 ナガスパ シーサイド遊園地の経営者が海水浴をしてほしいという一心で作り上げた。
 
 部品: 旧え~藩国の街並み
 大きな公園を中心にカフェやレストラン、宿泊施設、旧王城等が再現されている。
 公園にある慰霊碑には毎日沢山の花が手向けられ寂しさ、悲しみを秘めながらも深い慈しみと優しさが溢れている。
 多くは無いが居住区も有り好んでこの街並みに身を置く者も居る。
 
 部品: 農業生産用地域:愛鳴之農場
 観光区の旧え~藩街並みに隣接し食料の自給の為に作られた区画、大規模な農業用地では 
 小麦、サトウキビ、ピートなどが生産され、それぞれの畑へ続く水路沿いに時々屋台があり 
 あっちの畑のトマトをとか。こっちの畑のジャガイモをとか 水路を巡ることで食べ歩きをする観光客が見られ
 のんびりとした風景の中を小船で食べ歩き、と言うのが 最近密かなブームになっているらしい。
 
 
 部品: 畜産用地域:愛鳴之ふれあい牧場連盟
 農業用地に混じるように存在する畜産関係の拠点
 福翠地鶏や愛鳴之馬等の特産品の牧場や養鶏場もここに加盟しており
 食育の観点から広く見学ツアー等の開催を行っている。
 
 部品: 資源採掘地
 居住区からかなり離れた位置に存在する鉱山等の資源採掘地はこの区画に存在する
 また、パイプラインの一時集積、配給を行っている愛鳴之瓦斯公社基地局等もある。
 
 
 部品: 工場地帯
 工業地帯内でセキュリティーレベルによって区分けされながらも
 レトロライフ製造所等の兵器を扱う国営工場や、木製楽器等の特産品を製造する民間工場が共存している。
 
 部品: 森林
 広範囲にわたって樹木が密集している場所のこと。
 林業関係者によって管理が行われており、野生動物などなんらかの危険がある場合は国への届出を行い危険排除のための部隊出動などを行う。
 
 部品: 草原とは
 草に覆われ、木がまったくない、または、ほとんど存在しない大地のこと。ひたすらにだだっぴろく、地平線が見えるほどの面積がある。愛鳴之藩国では馬の放牧などが行われている。
 
 部品: 水条件
 本来、環境条件の良いところは樹木が生育して森林となる。草原は降水量が少なく、樹木が生活できないために草原となるのである。
 愛鳴之藩国の草原の降水は夏と秋に集中し、年平均降水量は400mmほどである。
 
 部品: 小動物の生息環境
 動物にとって、草原は森林とはまた異なった独特の場である。森林に見られる層構造や複雑な基盤がない場では、多くの動物は水平面に等しく並んで生活することが必要になる。空中を移動できる鳥から見れば、すべてが見渡せてしまう。猛禽にとっては狩りのしやすい場となろう。狩られる側からは、身を隠すのが難しい。有効な方法としては、穴を掘って身を隠すことが挙げられる。多くの小動物が巣穴を作る。中には多くの巣穴がつながった大規模なものを作るものもある。
 
 部品: 大型動物の生息環境
 より大きな動物では、穴を掘ることもかなわない。ただし、猛禽の攻撃対象ではないから、むしろ大型肉食獣との関係が問題になる。草食獣は、隠れるのは難しいので、むしろ、より早く敵の接近を感知し、より速く逃げる方向に進化する。つまり背が高くなり、高い位置から見渡せるようになるとか、高速で駆け回れるとか、跳躍力を身につけるといった方向である。また、群れを作るものが多い。集団でいた方が、警戒も交替で行えるし、攻撃を受けづらくなる。肉食獣は、草の間に身を伏せて接近するとか、集団で追い回すなどの戦術が必要になる。
 また、見通しの聞かない森林においては、声による情報伝達が用いられることが多いのに対して、見通しのよく効く草原の動物では、視覚による情報伝達が利用されやすい。
 
 部品: 山とは
 山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵や台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。
 
 部品: 高さ
 山の高さ(標高)は、海面の延長であるジオイドからの距離とすることが一般的であり、これを海抜(かいばつ)と言う。
 愛鳴之藩国で最大の山は標高にして1000mほどの高さで、山頂にはうっすらと雪がつもっている時もある。
 
 部品: 人にとっての山
 ヒトにとって山は必ずしも生活しやすい場所ではない。気象変動は激しく、食物も得難い。地面が傾斜しているため、居住や農耕には余り適さない。気圧が低いため、高山病などに陥ることもある。しかし、それでも村のような小規模で人が居住することはある。
 
 部品: 気候
 山の気候は平地と大きく異なる。山では気象が変化しやすく、風も強く、降水量も多い。それは地上に近いほど気温が高くなり、遠いほど寒くなる。山は起伏が激しいためその暖かい空気と寒い空気が混じりあい、雲が発生しやすいためである。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "愛鳴之藩国地形",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "都市計画による交通網",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "主要な道路",
             "description": "方格設計によって碁盤目状に配置された道路。過密や火災、伝染病といった都市問題対策に有効であるとして、この区画整然とした都市計画を使用している。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "路面電車",
             "description": "バリアフリーを意識して設置された移動手段。\n具体的な特徴として\n低く、乗り降りの際にも車の中にも段差がない床。\n間口が広く、乗り降りしやすい戸。\n視認しやすく、かつ数が多い手すり。\n車椅子でも移動の楽な車内通路。\n子供でも視界を邪魔されにくい天上面の案内表示。\n全席優先席。\n安全の為に最も大切な人の手を欠かさない少し多い乗務員。\n木やクッション材などの衝撃が少ない素材が多く用いられ、転んでも痛くない。\n全体的に丸みを帯びていて、尖った所や稼動部の危険を極力排除している。\nなどを有している。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "バリアフリー",
             "description": "社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための方法。\n妊婦や老人でも利用しやすく扱いやすいインフラを、子供たちが怪我をしないように上手に組み入れ過ごしやすい藩国への取り組みに力を入れている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "区画整理による区分け",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "学園都市計画区画",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "学園都市化を目指して",
                 "description": "愛鳴之藩国は子供たちの為の国である、子供たちが雲を掴むように自分の夢に向かって手を伸ばせるようにするのがこの国の大人のライフワークである。\n夢を叶える為に知識は有効な力になるであろう、ならば全ての子供が夢を叶える為の知識をえられるように、愛鳴之藩国は学園都市を目指す。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "行政区",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "政庁",
                 "description": "政を行うための施設、難しい顔をしながら国の未来、子供の未来、かつて子供たちだった者の未来の為に藩王や摂政、主要な国民等が頭を悩ませ…\n差し入れのプリンに顔を綻ばせている。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "居住区",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "概要",
                 "description": "藩国中央付近にある私塾や食料生産区、商業区、工業区等への移動が楽になるよう隣接した位置に設けられている。\n貸家やインフラ、行政サービスなどが豊富に取り揃えられており、貸家の買取等で比較的安価に持ち家を目指せる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "新居住層",
                 "description": "以前、第四層と呼ばれていたベッドタウン\n「生活の大変な母子家庭、父子家庭が有るなら\n 愛鳴之藩国が彼女たちを守るシェルターになればいいじゃないか」 \nと言った藩王の言葉によって育児支援を主眼に置いて設計された。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "国営高層住宅区",
                 "description": "この区画では主に財政的な課題を抱える家庭向けの高層アパートが並び \n特に小さな子供の居る家庭が優先して入れるようになっている。 \n0歳~13歳程度までの子供たちを安全にかつ健康的に育てられるように \nアパート設備から周辺公園にいたるまでさまざまな配慮がされているだけでなく、 \n託児所や保育園なども十分用意されており母子家庭でも素敵な育児生活が出来るのではないか \nと思える環境が整っている。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "商業区",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "近隣商業地域",
                 "description": "近隣住民が日用品等の買い物を行う事が多い地域、育児ストリートも此処に有り\n育児グッツや子供のおもちゃ、絵本から子育てノウハウ本までさまざまな育児の為のお店が並んでいる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "大型商業施設",
                 "description": "観光区に隣接する大型商業施設\n近隣商業地域の商店が支店を出したり完全に住み分けを行っている。\n休日には観光客だけでなく国民が楽しい買い物を、おしゃれな食事を求めてやってきたりもする。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "観光区",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "総合型遊園地:ナガスパ シーサイド遊園地",
                 "description": "いわゆる総合レジャー施設、遊園地である。\n週末ともなるとたくさんの親子連れ、カップルから観光客までが、スリルとサスペンス(?)を楽しみにやってくる。\n園内ではマスコットが練り歩き子供たちに夢を振りまいている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "郊外ファーム型遊園地:ナガスパ グランブルー",
                 "description": "『ロマン』『ファンタジー』『海で思いっきり遊ぶ』ことを目的として建設されたテーマパーク。\nナガスパ シーサイド遊園地の経営者が海水浴をしてほしいという一心で作り上げた。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "旧え~藩国の街並み",
                 "description": "大きな公園を中心にカフェやレストラン、宿泊施設、旧王城等が再現されている。\n公園にある慰霊碑には毎日沢山の花が手向けられ寂しさ、悲しみを秘めながらも深い慈しみと優しさが溢れている。\n多くは無いが居住区も有り好んでこの街並みに身を置く者も居る。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "食料生産区",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "農業生産用地域:愛鳴之農場",
                 "description": "観光区の旧え~藩街並みに隣接し食料の自給の為に作られた区画、大規模な農業用地では \n小麦、サトウキビ、ピートなどが生産され、それぞれの畑へ続く水路沿いに時々屋台があり \nあっちの畑のトマトをとか。こっちの畑のジャガイモをとか 水路を巡ることで食べ歩きをする観光客が見られ\nのんびりとした風景の中を小船で食べ歩き、と言うのが 最近密かなブームになっているらしい。\n",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "畜産用地域:愛鳴之ふれあい牧場連盟",
                 "description": "農業用地に混じるように存在する畜産関係の拠点\n福翠地鶏や愛鳴之馬等の特産品の牧場や養鶏場もここに加盟しており\n食育の観点から広く見学ツアー等の開催を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "工業区",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "資源採掘地",
                 "description": "居住区からかなり離れた位置に存在する鉱山等の資源採掘地はこの区画に存在する\nまた、パイプラインの一時集積、配給を行っている愛鳴之瓦斯公社基地局等もある。\n",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "工場地帯",
                 "description": "工業地帯内でセキュリティーレベルによって区分けされながらも\nレトロライフ製造所等の兵器を扱う国営工場や、木製楽器等の特産品を製造する民間工場が共存している。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "周辺環境について",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "森林",
             "description": "広範囲にわたって樹木が密集している場所のこと。\n林業関係者によって管理が行われており、野生動物などなんらかの危険がある場合は国への届出を行い危険排除のための部隊出動などを行う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "草原",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "草原とは",
                 "description": "草に覆われ、木がまったくない、または、ほとんど存在しない大地のこと。ひたすらにだだっぴろく、地平線が見えるほどの面積がある。愛鳴之藩国では馬の放牧などが行われている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "水条件",
                 "description": "本来、環境条件の良いところは樹木が生育して森林となる。草原は降水量が少なく、樹木が生活できないために草原となるのである。\n愛鳴之藩国の草原の降水は夏と秋に集中し、年平均降水量は400mmほどである。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "小動物の生息環境",
                 "description": "動物にとって、草原は森林とはまた異なった独特の場である。森林に見られる層構造や複雑な基盤がない場では、多くの動物は水平面に等しく並んで生活することが必要になる。空中を移動できる鳥から見れば、すべてが見渡せてしまう。猛禽にとっては狩りのしやすい場となろう。狩られる側からは、身を隠すのが難しい。有効な方法としては、穴を掘って身を隠すことが挙げられる。多くの小動物が巣穴を作る。中には多くの巣穴がつながった大規模なものを作るものもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "大型動物の生息環境",
                 "description": "より大きな動物では、穴を掘ることもかなわない。ただし、猛禽の攻撃対象ではないから、むしろ大型肉食獣との関係が問題になる。草食獣は、隠れるのは難しいので、むしろ、より早く敵の接近を感知し、より速く逃げる方向に進化する。つまり背が高くなり、高い位置から見渡せるようになるとか、高速で駆け回れるとか、跳躍力を身につけるといった方向である。また、群れを作るものが多い。集団でいた方が、警戒も交替で行えるし、攻撃を受けづらくなる。肉食獣は、草の間に身を伏せて接近するとか、集団で追い回すなどの戦術が必要になる。\nまた、見通しの聞かない森林においては、声による情報伝達が用いられることが多いのに対して、見通しのよく効く草原の動物では、視覚による情報伝達が利用されやすい。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "山",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "山とは",
                 "description": "山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵や台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "高さ",
                 "description": "山の高さ(標高)は、海面の延長であるジオイドからの距離とすることが一般的であり、これを海抜(かいばつ)と言う。\n愛鳴之藩国で最大の山は標高にして1000mほどの高さで、山頂にはうっすらと雪がつもっている時もある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "人にとっての山",
                 "description": "ヒトにとって山は必ずしも生活しやすい場所ではない。気象変動は激しく、食物も得難い。地面が傾斜しているため、居住や農耕には余り適さない。気圧が低いため、高山病などに陥ることもある。しかし、それでも村のような小規模で人が居住することはある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "気候",
                 "description": "山の気候は平地と大きく異なる。山では気象が変化しやすく、風も強く、降水量も多い。それは地上に近いほど気温が高くなり、遠いほど寒くなる。山は起伏が激しいためその暖かい空気と寒い空気が混じりあい、雲が発生しやすいためである。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]