部品構造


  • 大部品: 魔力花 RD:10 評価値:5
    • 部品: 概要
    • 部品: 特徴
    • 部品: 魔力花の発見
    • 部品: 品種改良
    • 部品: 食用には適さない、欠点と利点
    • 部品: 栽培方法
    • 部品: 携行方法の確立
    • 大部品: 代表品種 RD:3 評価値:2
      • 部品: カトレア
      • 部品: マンサク
      • 部品: ヴェルヴェーヌ



部品定義


部品: 概要

愛鳴之藩国特産の一つ、魔力を補充する事効果をもつ花のこと。エディブルフラワーとは違い観賞用として品種改良を行い開発された花である。

部品: 特徴

魔力花は夜にその効果を最大限に発現させる、うっすらと幻想的に光りながら呼吸をするように自らの周りに魔力を放出するのだ。
優しいその光はレースのシェード等で覆う事でナイトライトとして使用でき、思い思いのレースを作成し被せている者、それを販売する者が出てきている。

部品: 魔力花の発見

エディブルフラワーの研究を行っていた際、何名かの研究者が新しい品種の候補を持ち帰り睡眠をとった所
起きた時に非常に疲れが取れているという事象が確認された。
特別チームにて研究を重ねた結果、食用にはならないが睡眠時に切り花を挿す事で消費した魔力を補充する効果が有る事を発見。
これが我が国での魔力花の発見とされている。

部品: 品種改良

発見時は本当に微々たる効果しか得られなかった魔力花だが、特に効果の強い個体とのかけ合わせにて効果を高める
所謂、品種改良という手段を講じる事になる。
世代を重ねる事により一輪挿しにて十分な補充を見込めるようになる。

部品: 食用には適さない、欠点と利点

魔力花はエディブルフラワー候補ではあるものの、食用に適さないと判断された花である。
理由は様々あるが毒性の無いとされたその一部は品種改良により非常に味が悪くなっており、雑草以下と称される。
非常に味が悪いが毒は無く、その味さえ我慢すれば経口摂取にて眠らずに魔力補充を行えるという利点がある。
しかし、その利点の行使を躊躇わせるほどの強力な味により行う者は少ない。

部品: 栽培方法

魔力花はその特殊性により警備された魔力生成施設にて栽培を担当する事になった。
当初は食用では無いという理由から農薬や栄養剤を使用し生産されていたが
口に含む可能性があるという点から近年ではエディブルフラワーに近い環境で育てられる事になる。
完全に偶然による結果ではあるが、これにより補充媒体としての品質が上がった。

部品: 携行方法の確立

魔力花はその特性上軍事利用を視野に入れて生産されており、遠征や戦地での使用も行われる。
野営地等での運用方法としてはそのまま従来の使用方法で運用をされているが
小規模単位での行軍ではモイストポプリにて携行をする。
部隊のメード達によって作られるそれは生花の状態より劣るものの十分な補充効果をもつ。
また、無事に帰る為の御守りとして兵士たちに非常に評判が良い。

部品: カトレア

ラン科の多年草、様々な色や大きさがあり香りも良い為鉢植えなどでも飾られる人気の品種である。
元々がブーケなどでも使われる花の為、女性へのプレゼントとして使用される。

部品: マンサク

満作科の低木、若いうちに部屋の中で育て開花の時期に効果を得る、大きく成長すると庭などに植え直す。
世話をすれば毎年花をつけ紅葉も美しい為、短い開花時期にしては人気が高い。

部品: ヴェルヴェーヌ

クマツヅラ科の一年草、種から飼育され春から晩秋までの長い期間花をつけるため広く愛用される品種。
さし木で長く栽培される事もある。魔力花の中では数少ない経口摂取が可能な品種。



提出書式


 大部品: 魔力花 RD:10 評価値:5
 -部品: 概要
 -部品: 特徴
 -部品: 魔力花の発見
 -部品: 品種改良
 -部品: 食用には適さない、欠点と利点
 -部品: 栽培方法
 -部品: 携行方法の確立
 -大部品: 代表品種 RD:3 評価値:2
 --部品: カトレア
 --部品: マンサク
 --部品: ヴェルヴェーヌ
 
 
 部品: 概要
 愛鳴之藩国特産の一つ、魔力を補充する事効果をもつ花のこと。エディブルフラワーとは違い観賞用として品種改良を行い開発された花である。
 
 部品: 特徴
 魔力花は夜にその効果を最大限に発現させる、うっすらと幻想的に光りながら呼吸をするように自らの周りに魔力を放出するのだ。
 優しいその光はレースのシェード等で覆う事でナイトライトとして使用でき、思い思いのレースを作成し被せている者、それを販売する者が出てきている。
 
 部品: 魔力花の発見
 エディブルフラワーの研究を行っていた際、何名かの研究者が新しい品種の候補を持ち帰り睡眠をとった所
 起きた時に非常に疲れが取れているという事象が確認された。
 特別チームにて研究を重ねた結果、食用にはならないが睡眠時に切り花を挿す事で消費した魔力を補充する効果が有る事を発見。
 これが我が国での魔力花の発見とされている。
 
 部品: 品種改良
 発見時は本当に微々たる効果しか得られなかった魔力花だが、特に効果の強い個体とのかけ合わせにて効果を高める
 所謂、品種改良という手段を講じる事になる。
 世代を重ねる事により一輪挿しにて十分な補充を見込めるようになる。
 
 部品: 食用には適さない、欠点と利点
 魔力花はエディブルフラワー候補ではあるものの、食用に適さないと判断された花である。
 理由は様々あるが毒性の無いとされたその一部は品種改良により非常に味が悪くなっており、雑草以下と称される。
 非常に味が悪いが毒は無く、その味さえ我慢すれば経口摂取にて眠らずに魔力補充を行えるという利点がある。
 しかし、その利点の行使を躊躇わせるほどの強力な味により行う者は少ない。
 
 部品: 栽培方法
 魔力花はその特殊性により警備された魔力生成施設にて栽培を担当する事になった。
 当初は食用では無いという理由から農薬や栄養剤を使用し生産されていたが
 口に含む可能性があるという点から近年ではエディブルフラワーに近い環境で育てられる事になる。
 完全に偶然による結果ではあるが、これにより補充媒体としての品質が上がった。
 
 部品: 携行方法の確立
 魔力花はその特性上軍事利用を視野に入れて生産されており、遠征や戦地での使用も行われる。
 野営地等での運用方法としてはそのまま従来の使用方法で運用をされているが
 小規模単位での行軍ではモイストポプリにて携行をする。
 部隊のメード達によって作られるそれは生花の状態より劣るものの十分な補充効果をもつ。
 また、無事に帰る為の御守りとして兵士たちに非常に評判が良い。
 
 部品: カトレア
 ラン科の多年草、様々な色や大きさがあり香りも良い為鉢植えなどでも飾られる人気の品種である。
 元々がブーケなどでも使われる花の為、女性へのプレゼントとして使用される。
 
 部品: マンサク
 満作科の低木、若いうちに部屋の中で育て開花の時期に効果を得る、大きく成長すると庭などに植え直す。
 世話をすれば毎年花をつけ紅葉も美しい為、短い開花時期にしては人気が高い。
 
 部品: ヴェルヴェーヌ
 クマツヅラ科の一年草、種から飼育され春から晩秋までの長い期間花をつけるため広く愛用される品種。
 さし木で長く栽培される事もある。魔力花の中では数少ない経口摂取が可能な品種。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "魔力花",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "愛鳴之藩国特産の一つ、魔力を補充する事効果をもつ花のこと。エディブルフラワーとは違い観賞用として品種改良を行い開発された花である。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "特徴",
         "description": "魔力花は夜にその効果を最大限に発現させる、うっすらと幻想的に光りながら呼吸をするように自らの周りに魔力を放出するのだ。\n優しいその光はレースのシェード等で覆う事でナイトライトとして使用でき、思い思いのレースを作成し被せている者、それを販売する者が出てきている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "魔力花の発見",
         "description": "エディブルフラワーの研究を行っていた際、何名かの研究者が新しい品種の候補を持ち帰り睡眠をとった所\n起きた時に非常に疲れが取れているという事象が確認された。\n特別チームにて研究を重ねた結果、食用にはならないが睡眠時に切り花を挿す事で消費した魔力を補充する効果が有る事を発見。\nこれが我が国での魔力花の発見とされている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "品種改良",
         "description": "発見時は本当に微々たる効果しか得られなかった魔力花だが、特に効果の強い個体とのかけ合わせにて効果を高める\n所謂、品種改良という手段を講じる事になる。\n世代を重ねる事により一輪挿しにて十分な補充を見込めるようになる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "食用には適さない、欠点と利点",
         "description": "魔力花はエディブルフラワー候補ではあるものの、食用に適さないと判断された花である。\n理由は様々あるが毒性の無いとされたその一部は品種改良により非常に味が悪くなっており、雑草以下と称される。\n非常に味が悪いが毒は無く、その味さえ我慢すれば経口摂取にて眠らずに魔力補充を行えるという利点がある。\nしかし、その利点の行使を躊躇わせるほどの強力な味により行う者は少ない。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "栽培方法",
         "description": "魔力花はその特殊性により警備された魔力生成施設にて栽培を担当する事になった。\n当初は食用では無いという理由から農薬や栄養剤を使用し生産されていたが\n口に含む可能性があるという点から近年ではエディブルフラワーに近い環境で育てられる事になる。\n完全に偶然による結果ではあるが、これにより補充媒体としての品質が上がった。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "携行方法の確立",
         "description": "魔力花はその特性上軍事利用を視野に入れて生産されており、遠征や戦地での使用も行われる。\n野営地等での運用方法としてはそのまま従来の使用方法で運用をされているが\n小規模単位での行軍ではモイストポプリにて携行をする。\n部隊のメード達によって作られるそれは生花の状態より劣るものの十分な補充効果をもつ。\nまた、無事に帰る為の御守りとして兵士たちに非常に評判が良い。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "代表品種",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "カトレア",
             "description": "ラン科の多年草、様々な色や大きさがあり香りも良い為鉢植えなどでも飾られる人気の品種である。\n元々がブーケなどでも使われる花の為、女性へのプレゼントとして使用される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "マンサク",
             "description": "満作科の低木、若いうちに部屋の中で育て開花の時期に効果を得る、大きく成長すると庭などに植え直す。\n世話をすれば毎年花をつけ紅葉も美しい為、短い開花時期にしては人気が高い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ヴェルヴェーヌ",
             "description": "クマツヅラ科の一年草、種から飼育され春から晩秋までの長い期間花をつけるため広く愛用される品種。\nさし木で長く栽培される事もある。魔力花の中では数少ない経口摂取が可能な品種。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]


作成:九鬼保