広セキC100編成

塗装 末期色 国鉄色 福知山色

宮原(岡山・京都貸し出し車)からの借り入れ(2005年~2006年)、正式転属(2007年)

2005年の福知山線脱線事故の影響で福知山線の117系は京都や岡山に貸し出されていた。同年、その貸し出し車を又貸しする形で広セキに5編成が回送された。2007年には正式に広セキに転属している。
※京都T6編成は4両編成+4両編成の8両編成で1つの編成番号を名乗っていた。
←下り
編成 クハ116 モハ116 モハ117 クハ117 運用開始 正式転属 備考
C101 101 101 101 101 2005年10月 2007年11月 元岡山E11(宮原C101)
C102 102 103 103 102 2006年3月 2007年11月 元岡山E12(宮原C102)
C103 103 105 105 103 2005年10月 2007年11月 元岡山E13(宮原C103)
C104 302 311 311 302 2006年3月 2007年11月 ※元京都T6(宮原C2)
C105 303 312 312 303 2006年3月 2007年11月 ※元京都T6(宮原C3)

末期色化(2010~2015年)と岡山への転属(2015年)・和歌山への転属(2016年)

2010年から塗装の濃黄色(末期色)化が行われる。C101編成とC105編成は前面の窓枠を黒く塗った下関仕様の末期色だが、後述の岡山転属を前提に末期色化されたC102編成・C103編成は前面の窓枠も黄色い岡山仕様の末期色となっている。
広島地区への227系の投入に伴い、下関エリアに113系(広ヒロP編成)が貸し出され、117系の運用に入った。これにより100番台車3編成が置き換えられ、岡山へ転属することになった。
一方、最後の福知山色となっていたC104編成は、2015年11月に吹田に回送された後、近ヒネ(新在家派出)所属のSG002編成の0番台モハ置き換えに利用された。この組み換えをもって117系福知山色は正式に消滅した。
最後まで残ったC105編成も2016年1月に吹田へ回送された(1月現在は処遇不明)。
←下り
編成 クハ116 モハ116 モハ117 クハ117 末期色化 転属・組替 備考
C101 101 101 101 101 2014年9月 2015年8月 岡山へ転出(E-07編成化)
C102 102 103 103 102 2015年8月 2015年8月 岡山へ転出(E-08編成化)
C103 103 105 105 103 2015年9月 2015年10月 岡山へ転出(E-09編成化)
C104 302 311 311 302 - 2016年1月 モハは近ヒネSG002改編成へ、クハは処遇不明
C105 303 312 312 303 2010年8月 2016年1月 16/01/24吹田回送