※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆概要

精神分析とは、20世紀初めにウィーンで、ジークムント・フロイト?により創始されたヒトの心理と精神への治療技法の体系?を差す。
フロイト以降の理論体系も広義の精神分析と言うことができる。
フロイトはヒトの意識?無意識?に焦点を当て、催眠?自由連想法?夢分析?、など、無意識的なヒトの心理に本質を見出そうとした。
精神分析の大きな流れではこのフロイトの理論が一般的に用いられるが、フロイトの流れを汲んだ新しい理論体系も多数ある。
古典的フロイト派?自我心理学?新フロイト派?対象関係論?自己心理学?などがその例として挙げられる。
フロイトからの離反者に、アルフレート・アドラー?カール・グスタフ・ユング?フェレンツィ・シャーンドル?ヴィルヘルム・ライヒ?オットー・ランク?が挙げられ、アドラーの個人心理学?、ユングの分析心理学?はフロイトの理論との相違が大きく、一般的に精神分析には含まれないが、無意識の存在は継承しているため、深層心理学?に分類されている。
今日の科学的な理念に従えば精神分析に医学的な根拠が認められるのは産後うつ病?のみだが、精神分析は様々な精神疾患?精神障害?)の理解に用いられようとされている。
精神分析は無意識の理解から見られる性的虐待から法的にも、物理的な脳の働きを探求する脳科学の面からも批判を受けている。
このように、精神分析は臨床療法?として医学的な支持を大きく受けてはいないが、「思想?」として、世相?文化?芸術?犯罪?などの理解に用いられている。
ミシェル・フーコー?はこのことから、精神分析を学問とせず、リベラル・アート(一般教養)として捉えていた。
※なお、Wikipediaでは「精神分析学」という項目に精神分析について詳しく載せられているが、「学問」とは言い難い面もあるため、「精神分析」とした。

◆関連項目



◆リンク

日本精神分析学会
日本精神分析協会
※どちらもフロイト理論に基づいている。詳細なリンクは各項目に掲載する。