全研本社運営サイト「サイトバンク」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■全研本社運営のサイトバンクについて

  • Webサイトの譲渡サイト

<背景>
情報・通信革命によって変化のスピードは高速化し、それに比例して事業のライフサイクルも短命化している。 新しい事業を育成する時間的余裕が限られる環境下、投資及び育成期間を短縮し、低いリスクでビジネスチャンスを捉える方法として、ネットビジネスやWEBサイトの売買(売却や買収)が有効な手法の1つとして検討されるようになった。
『サイトバンク』は、会社がキャッシューフロー経営をより強化したいとき、より速やかにWEBサイトの売買を行えるようにすることを目的として設立された。 高収益なWEBビジネスをM&Aによって入手することによって、企業のフリーキャッシュフローが短期間に改善され、財務基盤が改善するとともに資金調達力の増加を目指している。

<Webサイト譲渡に関して>
webサイト 譲渡 サイトの売買には大きく2つの立場が存在している。
1つは「webサイト買収」という立場である。これはサイト購入を行う側のことで、「サイト 買いたい」、「サイトma」などというキーワードで売却に出されるサイトを探し、売りサイトの情報を得ることになる。
もう1つは、サイトの譲渡を行う立場である。ホームページを売却したいオーナーは、「サイトを売る」とか「サイト 売ります」、「サイト売りたい 高額」などというキーワードでサービサーを探し、多くの場合、webサイト売買を仲介しているサイト売買のオークションサイトなどに登録を行うことになる。
サイトバンクと同様のサイトとして、フルスピード社の「サイトキャッチャー」やGMO社が運営している「SiteM&A」などが存在している。
また、一般のm&aサイトにも携帯サイトの売買やホームページ売却についての情報が掲載されている場合もある。
それらのホームページでは、ウェブサイトの売却方法やサイトmaに関するリスク情報などが詳しく解説されることが多い。 広義のsitem&aとして、サイトを売るばかりではなく、ドメイン売買なども対象に含めるケースもある。
具体的には、コンテンツが非常に少ないWEBサイトが、ページランクやドメインの古さなどを入手する目的で販売されるケースがある。 また公式サイトやポータルサイトの売買では、携帯キャリア側から新オーナーに対して審査が入るケースもあると言われている。 ネットの売却はサイト売買ビジネスの拡大と共に間口が広がっている反面、譲渡手続の経験を持たないサイト売買の代行を行う業者も出てきている。
大事なことは、いくら規模が小さくても、立派な事業譲渡にあたるという点である。交渉にあたっては機密保持契約書でしっかりとリスクを抑え、引き渡す際には譲渡契約書でしっかりと条件を確定し合うことが大切である。