赤外線リモコンでキーボード操作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 経緯

Raspberry PI2 でメディアサーバーを構築した。→自宅サーバーにある動画をアクセスしていい感じに動いた。

赤外線リモコンが使えそうなのでircdで操作してみた。

しかしH264等の重い形式のファイルを再生するとほぼ100%赤外線リモコンが使えない。おそらく重いから赤外線受信処理がうまくいかない。

しかし、キーボード操作ならOKだったりするので製作してみることにした。

使用デバイス

PIC16F1455 USBデバイス(HID-KEYBOARD)として認識させる。シリアルポートからキーコードを入力しRaspberryPIへキーボードのキーを送信

PIC16F1705 赤外線受信モジュールをとりつける。受信ボタンに応じたキーコードをシリアルポートへ出力する。

この2つをくっつけてみたところ、取りこぼしなしのリモコンができた。

まずHID-KEYBOARD部分
ここはmicrochip製のMLA(USB用のひな形を流用)