※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【クラス】
 シールダー

【真名】
 我愛羅@NARUTO

【パラメーター】
 筋力:C 耐久:A+ 敏捷:D 魔力:B 幸運:D 宝具B

【属性】
 秩序・善

【クラススキル】
 対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。 事実上、現代の魔術師では砂の盾に傷をつけられない。

 騎乗:C
 乗り物を乗りこなす能力。Cランクでは野獣ランク以外を乗りこなすことが出来る。

【保有スキル】
 真眼:C
 修行・鍛錬によって培った洞察力。 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
 逆転の可能性が数%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

 魔力放出:B
 己の魔力(チャクラ)を放出することで自身の能力や忍術を強化する。

 気配遮断:C
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。完全に気配を断てば発見する事は難しい。

 忍術(砂):A
 母なる愛を受けたシールダーは砂を扱う忍術を得意とする。
 自前のチャクラ(魔力)である程度ならばマスターからの供給無しで戦える。

 カリスマ:B
 軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
 カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。

【宝具】

『我が背負うは風なる影』
 ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:―― 最大補足:――
 シールダーが常に背負っている瓢箪。その中には大量の砂が仕込まれている。
 彼は砂を自由自在に操ることが可能で、砂を使う忍術を得意とし戦闘を行う。
 この宝具の真なる証は母の自愛による完全自動防御にある。
 瓢箪に宿る母のシールダーを愛する思いが彼を自動で守る砂の盾として機能する。

『呼び示すは一なる尾、砂塵の獣』
 ランク:C 種別:対界宝具 レンジ:―― 最大補足:――
 嘗てシールダーに宿っていた尾獣・守鶴を口寄せし戦闘に参加させる。
 その姿は馬鹿デカい砂の狸であり、巨体故に大きな戦闘能力を保有している。
 砂と風を操るが、その巨体故に目立ち、使用される機会は少ないだろう。

『最硬絶対攻撃・守鶴の矛』
 ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:―― 最大補足:――
 地中に含まれる硬度の高い鉱物を集めて砂と混ぜ合わせ、チャクラで圧力をかけて作った先が守鶴の手の形をした矛。
 シールダーが誇る最大突破力を秘めた宝具である(破壊力ではない)。
 絶対的な硬度を持った槍を己の手に握り振るったり、宙に浮かせ飛ばしたりすることも可能である。

『最硬絶対防御・守鶴の盾』
 ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:―― 最大補足:――
 地中に含まれる硬度の高い鉱物を集めて砂と混ぜ合わせ、チャクラで圧力をかけて巨体狸の形状の盾を作り出す忍術。
 シールダーがシールダーと呼ばれる証であり、彼が誇る最強の盾を召喚しあらゆる攻撃を防ぐ。
 この忍術は嘗て絶対的に死んでいた運命から生き残った逸話があり、因果律へ干渉し、運命的な宝具や能力にも抗い防ぐことが可能である。

【weapon】
 上記宝具である瓢箪や手裏剣・クナイを始めとする忍具。

【サーヴァントとしての願い】
 マスターに捧げる。

【基本戦術、方針、運用法】
 忍者らしく隠密に忍び、砂で相手の生命を永遠の底へ沈める。
 無駄な戦闘をするつもりはなく、戦う相手も選ぶつもりでいる。
 狙いは基本的にサーヴァントであり、マスターは悪人以外狙わない。


添付ファイル