※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【クラス】アサシン
【真名】ヘルマン・ルイス
【出典】牙狼-GARO- 炎の刻印
【性別】男性
【属性】中立・善

【パラメーター】
筋力:D+ 耐久:E 敏捷:D 魔力:D 幸運:C 宝具:B

【クラススキル】
気配遮断:D
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
 ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断は解ける。

【保有スキル】
虫の知らせ:B
 ただならぬ気配に対する、天性の探知能力。
 生前は魔物の気配を匂いで嗅ぎ取る、陰我のオブジェに触れただけでその存在を察知するなど、魔戒騎士として優れた感覚を見せつけていた。

心眼(真):C
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
 逆転の可能性が数%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせる。

プレイボーイ:E
 夜の蝶を追い続ける狩人。女遊びを好む英霊である。
 才能による魅了スキルではなく、当人の努力によって培った技術。
 しかしその性質が災いし、女性の敵と対峙した際には、初撃の攻撃力がダウンしてしまう。

【宝具】
『絶影騎士・ZORO(ゾロのよろい)』
ランク:B 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:-
筋力:C+ 耐久:C 敏捷:A 魔力:B 幸運:B
 陰我あるところホラー現れ、人を喰らう。だが、古よりホラーを狩る者達がいた。
 鎧を纏うその男達を、魔戒騎士という。
 ――古より人を襲ってきた、魔界の怪物・ホラー。それと戦う力を身につけた、魔戒騎士の鎧である。
 ヘルマンの纏う「ゾロの鎧」は、白銀の光を放つ鎧であり、俊敏な身のこなしを得意とする。
 更に青色の魔導火を纏うことにより、攻撃力を底上げする「烈火炎装」を発動することが可能。
 魔戒剣には鎖が括りつけられており、これを利用したトリッキーな戦法を取ることもできる。

 なお、ヘルマンのこの宝具を利用しなければ、自身の宝具を発動することができない英霊も存在する。
 その場合、ヘルマンが自らの意志で宝具を貸し与えるか、あるいはヘルマンが死亡するかした場合、
 その英霊の宝具発動がようやく可能となる。

【weapon】
魔戒剣
 ソウルメタルによって鍛え上げられた、魔戒騎士のための剣。ヘルマンのものは二振りの短刀である。
 修行を経た者はこれを自在に操ることができるが、そうでない者には持ち上げることすらできない。
 『絶影騎士・ZORO(ゾロのよろい)』を纏った際には、白銀の双剣へと変化する。

魔導馬
 優れた騎士が保有する、銀色の馬の姿をした魔戒獣。
 鎧を装着しているか否かにかかわらず、ヘルマンの一声で駆けつけ、その足として活躍する。

【人物背景】
古より最強の騎士として語り継がれてきた、黄金騎士・ガロの鎧を受け継ぐ、レオン・ルイスの父親。
自身も絶影騎士・ゾロの称号を得ている、百戦錬磨の騎士である。

飄々としており、非常に気前がいい。
普段の態度はおちゃらけているが、守りし者としての自覚は強く、いざという時には男を見せる。
意外と洞察力や推理力も高く、「食えない狸」と評されたことも。
人間的には強い人物だが、父親としては微妙に頼りなく、放任主義がレオンの暴走を招いたこともあった。

騎士としては一級品であるものの、無類の女好きでもあり、女癖の悪さが最大の欠点となっている。
本人はレオンにかわる、「ゾロの鎧」の継承者を産んでもらうためと弁明しているが、どこまで本気なのかは定かではない。
余談だが、ゾロの継承者ロベルト・ルイスは、ヘルマン本人の死後に無事生を受けている。

【サーヴァントとしての願い】
特にはないが、キリトを放ってはおけないため、彼を守るために戦う。

【基本戦術、方針、運用法】
はっきり言ってアサシンとしては、非常に中途半端な性能である。
敏捷や戦闘技術を活かして、ランサーのように正面きって戦わせるのがベターだが、やや決定力に欠ける部分も。
相手のペースに付き合わず、攪乱戦法によって優位に立つべし。


添付ファイル