【マスター】忌夢(いむ)
【出典】閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-
【性別】女性
【令呪の位置】胸の谷間

【マスターとしての願い】
聖杯を雅緋に捧げ、過去の罪を贖う

【weapon】
如意棒
 長さ・太さを自在に変化させられる棒。

秘伝忍法書
 必殺技・秘伝忍法の力を引き出すための巻物。

【能力・技能】

 日本に古来から存在する、諜報や暗殺を主任務とした工作員。
 蛇女子学園の元選抜メンバーとして、ひと通りの忍術をマスターしている。
 忌夢は得意技として、電撃を操ることができる。

忍転身
 現代の忍の戦闘形態。上述した秘伝忍法書の力を引き出すための姿。
 この術を発動した忌夢は、ドイツ軍服風の装束を纏う。

忍結界
 忍同士の決闘時に発動される結界術。自身と対戦相手を一定空間内に閉じ込めることができる。
 本聖杯戦争では弱体化しており、バスケットコート程度の範囲にしか展開できない。

命駆
 命懸けの覚悟で臨む、決死の戦闘形態。
 防御力が半分以下になるが、追い詰められたことで潜在能力が解放され、攻撃力が大幅に向上する。
 なおこの状態になった瞬間、忌夢の衣服は全て弾け飛び、下着姿になる。

禍根の力
 忌夢の一族に伝わる、特殊体質由来の力。
 怒りや憎しみといった感情によって引き起こされる「拒絶の力」であり、身体能力を数十倍に高めることができる。
 最大限に発揮した際には、漆黒のオーラとして具現化するほどになるが、
 上述したような激情によって引き出される力であるため、それほどの力を発揮した際には、必然正常な思考力が損なわれてしまう。
 忌夢はこの力を扱う才能に乏しく、未だ発動させたことがない。

深淵の血
 禁術・深淵血塊によって暴走した雅緋の血を、同じく禁術である血塊反転によって取り込んだもの。
 通常は効果を発揮することはないが、前述した禍根の力に目覚めた場合、
 芋づる式に引き出され、忌夢を雅緋同様の暴走状態へと導いてしまう。
 仮にこの状態で『暗黒騎士・呀(キバのよろい)』 を纏った場合、 呀の幸運以外のステータスが、全て1ランク上昇する。

【人物背景】
非合法な任務であろうと遂行する忍・悪忍を養成する機関である、秘立蛇女子学園の生徒。
21歳の3年生で、スリーサイズはB88・W60・H82。悪人の名家の出身であり、現筆頭・雅緋の幼馴染でもある。
かつて雅緋が妖魔と戦い、暴走・廃人化したことを受けて蛇女を休学。
雅緋の療養に付き添い尽くしていたが、彼女が復活したことにより、自身も蛇女へと舞い戻る。
雅緋が母親を喪ったこと、妹の紫が引きこもってしまったことの原因を作っており、強い負い目を感じている。

一人称が「ボク」で、口調も男性的なもの。
委員長気質な性格であり、問題児揃いの蛇女選抜メンバー候補の中では、ツッコミ役として苦労が耐えない。
もとより雅緋を強く慕っており、彼女に付き従い支えることを自らの存在意義としていたが、
療養中にややこじらせてしまったようであり、半ば同性愛じみた感情へとハッテンしている。

忍法の性質を表す秘伝動物は狐。
忍装束こそドイツ風だが、戦闘スタイルは中華風の棒術であり、俊敏な身のこなしで敵を翻弄する。
必殺の秘伝忍法は、超高速で駆け抜け敵を圧倒する「デッドフォックス」、
電撃を纏った如意棒を、回転させながら投擲する「ローリングサンダー」。
更なる威力を持った絶・秘伝忍法として、如意棒から無数の管狐を召喚し攻撃させる「サンダーフォックス」を持つ。

【方針】
優勝狙い。何としても聖杯を手に入れる。