【クラス】キャスター
【真名】パスダー
【出典】勇者王ガオガイガー
【性別】なし
【属性】混沌・中庸

【パラメーター】
筋力:- 耐久:- 敏捷:- 魔力:- 幸運:C 宝具:A++

【クラススキル】
陣地作成:-
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 ただしパスダーは、肉体そのものが巨大な陣地であり、このスキルが意味をなさない。

道具作成:A
 魔術的な道具を作成する技能。
 宝具『機界結晶(ゾンダーメタル)』を生成することができるため、このランクとなっている。

【保有スキル】
自己改造:A
 自身の肉体に、まったく別の肉体を付属・融合させる適性。
 このランクが上がればあがる程、正純の英雄から遠ざかっていく。
 パスダーはこのスキルによって、周囲の物質と融合し、そのエネルギーや機能を掌握する。
 生前は主に科学技術の産物との融合を果たしていたが、
 サーヴァントとなったパスダーは魔術を認識し、それらの技術の産物との融合も可能となっている。

精神汚染:A
 精神干渉系魔術を高確率でシャットアウトする。
 ただし同ランクの精神汚染がない人物とは意思疎通が成立しない。

【宝具】
『機界結晶(ゾンダーメタル)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:1人
 遠い三重連太陽系において、人間のストレスを除去するために開発された道具。
 しかしその機能は歪められ、人間を機界生命体・ゾンダーへと変貌させる魔具へと成り果てている。
 この宝具にてゾンダー化した人間は、パスダーの忠実なしもべとなり、他のマスター・サーヴァントを攻撃する。
 ゾンダー化した人間はサーヴァントへの攻撃をも可能とするが、その能力はEランク相当であるため、数を揃えて戦うのが基本。
 本来ならば周辺の機械を取り込み、巨大なゾンダーロボとなることもできるのだが、
 今回の聖杯戦争においては、そこまで強大な力を与えることはできない。
 また、マスターに対しては令呪が抵抗力となるため、ゾンダー化は行えず、その人間のストレスを解消する方向へと誘導することしかできない。
 このため正規での使用対象は、NPCか、あるいは令呪・魔力を持たないマスターに限られる。

『Extra-Intelligence-01(パスダー)』
ランク:A++ 種別:対界宝具 レンジ:1~99 最大補足:10,000,000人
 フィールドそのものと一体化したパスダー自身が、戦闘形態を取った姿。
 単体での戦闘能力を持たないパスダーだが、ひと度この宝具を発動すれば、その姿は魔王の如き巨体へと変貌する。
 腕から発する衝撃波と、無数の反射板によって空中で乱反射するレーザー光が武器。
 また、圧倒的なエネルギー量を、そのままバリアとして展開し、敵を阻むことを可能とする。
 その魔力消費量はもはやマスターや令呪がどうこうという問題ではなく、発動・維持にはフィールドそのもののエネルギーを味方につける必要がある。

【weapon】
なし

【人物背景】
三重連太陽系にて生み出された、人間のストレスを除去するための機械プログラム。
それが人間の機界化という選択肢を取り暴走した姿がゾンダーであり、その中枢プログラム・Zマスターの情報端末がパスダーである。
西暦2003年に、Zマスターが自らを分割した機界生命体集団・機界31原種の尖兵として地球に降り立ち、2年後に活動を開始した。
その目的は全人類のゾンダー化=機界昇華であり、ゾンダーに対抗するため結成された防衛組織・GGGと、幾度にも渡る激戦を繰り広げている。

情報端末という性質上、人間性と呼べるものをほとんど持ちあわせていない。
人類をストレスに苛まれゾンダーメタルを求める「心弱き者」と呼び、機界昇華を行うことを第一と考えている。

巨大な肉体は聖杯戦争のフィールドと一体化しており、自身は動くことも戦うこともできない。
一応侵入者に対しては、機械的な触手を伸ばすなどといった迎撃手段を取ることができる。
こうした特性上、宝具『Extra-Intelligence-01(パスダー)』を発動可能とするだけのエネルギーを充填するまでは、
『機界結晶(ゾンダーメタル)』によってゾンダー化した人間に戦わせるのが基本戦術となる。

【サーヴァントとしての願い】
Zマスターの復活。機界昇華を再開する。

【基本戦術、方針、運用法】
最大宝具を発動するまで、一切の戦闘行動を行えない、珍しいサーヴァント。
一度覚醒すれば、絶大という表現ですら生ぬるい力を発揮するが、そのためにはかなりの時間がかかる。
マスターとゾンダー人間で、どれだけ耐え抜けるかどうかが命運を分かつ、超上級者向けサーヴァントである。



添付ファイル