※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【マスター】
葛葉紘汰@仮面ライダー鎧武(参戦時期はヨモツヘグリ戦で昏倒中から)
【マスターとしての願い】
希望の対価に犠牲を要求する世界のルールをぶち壊し、世界を変える

【weapon】
戦極ドライバー:
ユグドラシルコーポレーションによって作られたアーマードライダーへの変身ベルト。認証式のため紘汰専用。
本来の用途はヘルヘイム下での生存ツールであり、ロックシードから装着者にエネルギーを補充できる。
ロックシードをはめ込むことで、それに応じたアーマードライダーへと変身することが出来る。
ロックシードは極まで獲得しているが、聖杯戦争の予選の間に破壊や紛失したもの、そもそも持ち込めなかったものもあると思われる。
フィールド発生機能やアンティールールなども魔術都市ユグドラシルでは機能しない模様。

【能力・技能】
戦いを経て生身でもそれなりに戦える身体能力はある。
オーバーロードの権能も幾つか使えるが、ヘルへイムの植物やインベスの有無次第である。

【人物背景】
滅び逝く世界があった。変わりたいと願う青年がいた。
無力だった青年は、力を手にして尚変われず、それでも変わろうとし続けた。
いつしか青年は、自ら変わることだけでなく、世界を、ルールを変えることを願うようになっていた。
守りたい人を守るために。自分が信じた希望のために。
新たなる未来の始まりに至るまで彼は戦う。そこに犠牲も後悔も、ない。

【方針】
希望の対価に犠牲を要求するユグドラシル(聖杯戦争)を許さない。