※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【クラス】ルーラー
【真名】アンドレアス・リーセ
【出典】聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-
【性別】男性
【属性】秩序・悪

【パラメーター】
筋力:C 耐久:C 敏捷:A 魔力:A+ 幸運:C 宝具:EX

【クラススキル】
真名看破:A
 ルーラーとして召喚されることで、直接遭遇した全てのサーヴァントの真名及びステータス情報が自動的に明かされる。

【保有スキル】
気配遮断:EX
 サーヴァントとしての気配を断つ。EXランクは「規格外の」ではなく、「特別な」の意味である。
 アンドレアスは正体を明かさない限り、サーヴァントではなく普通の人間としてしか認識されない。
 ただし、気配そのものを消すことはできず、近づけば普通に感付かれる。

世界樹の秘法:A
 神器グングニルを生み出す世界樹・ユグドラシルを創り出す術。
 この術によって、本聖杯戦争の舞台である世界樹は、「アスガルドのユグドラシル」の特性を得ている。
 本来は異教の戦士の魔力を吸い上げ、無力化する特性を有していたのだが、
 本聖杯戦争では公平性を保ち、その性質を周囲に悟らせないようにするため、オミットされている。

カリスマ:C-
 軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
 カリスマは稀有な才能で、小国の王としてはCランクで十分と言える。
 ただしこのスキルは、彼の生み出したユグドラシルの影響によるところも大きい。

聖人:C
 聖人として認定された者であることを表す。
 聖人の能力はサーヴァントとして召喚されたときに"秘蹟の効果上昇"、"HP自動回復"、 "カリスマを1ランクアップ"、"聖骸布の作成が可能"から、一つ選択される。
 アンドレアスはHP自動回復を選択した。

医術:D
 宮廷医師アンドレアスが、もともと持っていたスキル。
 平均的な医師の技術を有している。

【宝具】
『反魂の葬送騎士団(エインヘリヤル)』
ランク:D 種別:対軍宝具 レンジ:測定不能 最大補足:1000人
 アスガルドに伝わる禁術を行使し、亡霊の兵士達を生み出す。
 世界樹から流れ込む魔力によって、その効果範囲はフィールド全域に及んでおり、どこにでも死者を召喚することができる。
 ただし、マスターおよびサーヴァントを蘇生させることはできない。
 そのため、必然召喚される死者の力も、それなり程度のものになっている。

『終焉の神闘衣(ロキゴッドローブ)』
ランク:EX 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:1人
 アスガルドの邪神・ロキが纏う神闘衣(ゴッドローブ)。
 神の力を宿しているどころではなく、神自身が纏う鎧・神衣(カムイ)であるため、規格外の神秘性を有している。
 この神闘衣を然るべき者が装着すれば、装着者の全ステータスが2ランクアップするのだが……

【weapon】
なし

【人物背景】
北欧の大地・アスガルドに君臨する、主神オーディーンの地上代行者。
しかしその正体は、邪神ロキの魂の一部を宿した依代であり、アスガルド転覆を目論んだ野心家である。
本来はいち宮廷医師に過ぎなかったのだが、のちに神闘士(ゴッドウォーリアー)となるバルドルが、
ロキの封印を解いたことによって、その力に毒されることになった。
邪魔者であるオーディーンを倒すため、アスガルドの究極の神器・グングニルを我が物にしようとしている。

もともとの物腰は穏やかで、医師らしい優しさを持った人物であったとされている。
世界樹ユグドラシルを創り出し、地上代行者となって以降は、そうした態度も相まって、理想的な指導者として迎え入れられていた。
しかし、ロキによって歪められた心は、それまでとは似つかぬ冷酷非情なものとなっており、敵対者を笑って踏みにじる残忍な人物へと変貌している。

冥王ハーデスが蜂起しているうちに、自身の野望を果さんとしたロキは、
ユグドラシルの成長を加速させるため、冥界で散った黄金聖闘士(ゴールドセイント)の聖衣(クロス)を利用することを画策。
アンドレアスを操り、黄金聖闘士達を復活させ、黄金聖衣(ゴールドクロス)をユグドラシルに集めさせた。
しかし、乗り込んできた黄金聖闘士達との戦いで、劣勢になったアンドレアスを見ると、
ロキは自らその意識を乗っ取り、彼の心を塗りつぶしてしまう。
更にアテナエクスクラメーションの直撃を受けたことで、肉体も破壊され、アンドレアス自身は完全に消滅してしまった。

【サーヴァントとしての願い】
聖杯の力を我が物とし、再び地上支配に乗り出す


添付ファイル