※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忌夢&バーサーカー組 ◆nig7QPL25k


 夢を見た。
 ボクではない誰かの夢を。
 ボクと違う時間を生きた、違う場所での誰かの夢を。

 その夢の中で渦巻いていたのは、おぞましいまでの感情だった。
 無力への怒りと、敵への憎しみ。
 燃え盛るような殺意だけが、ボクの心を焼き尽さんほどに、唸りを上げて煮えたぎっていた。

「俺はもはやバラゴでも、龍崎駈音でもない……!」

 それは本当に人だったのか。
 はたまた人の心が形となった、怨念と呼ぶべきものではないのか。
 少なくともボクは、その殺意の中から、それ以外の一切を、感じ取ることはできなかった。
 ただ目の前にある者を倒す。
 眼前で刃を構える敵を、邪魔立てする者を叩き潰す。
 純粋に、誇張なく、ただそれだけを考えるそいつは、もはや人間だとは思えなかった。

「我が名は呀(キバ)――暗黒騎士!」

 破壊。
 野望。
 邪悪。
 渦巻くのは純然たる闇の感情。
 それを纏うお前は――何だ?


 ユグドラシルは魔術の都市である。
 豊潤な魔力を蓄えた世界樹は、魔術師が実験や研究を行うためには、もってこいの場所だった。
 故にこの街には多くの魔術師が集い、魔道の究明に明け暮れていた。
 泉の北西に位置する学術区画は、そのために用意された場所だ。

「………」

 彼女が今いる図書館も、学術区画に存在する、魔術の資料庫の1つだった。
 魔術師の家系に生まれた子、忌夢。
 現在魔術大学に籍を置き、術者の身体能力を高める・禍根の力について、研究を続けている若き魔術師。
 彼女はそういう設定の女性だった。

(くだらない)

 ため息をつきながら、本を閉じる。
 自分の血族に代々継がれている力を、今更第三者として研究して、一体何になるというのだ。
 いくら間に合わせの記憶とはいえ、少々雑すぎではないのか。
 聖杯戦争の一次予選を通過し、己が記憶を取り戻した忌夢は、内心でそう悪態をついた。

(そもそも、ボクのサーヴァントはまだ来ないのか)

 不満があるのはそれだけではない。
 記憶を取り戻してから一晩経つが、それでもなお忌夢のもとには、サーヴァントが姿を現していないのだ。
 最終予選は既に始まっていると聞くが、これではろくに戦えないではないか。
 あるいはこの身一つで戦えというのか。むしろ戦ってやろうか。

「……?」

 そんなことを考えた時。
 ふと、不意に違和感に気付く。

(やけに静かだ)

 先ほどからこの図書館の中で、物音一つ聞いていないのだ。
 本は静かに読むのがルールだが、かといって棚から本を取り出す音や、足音すら聞こえてこないのはおかしい。
 気付いてみれは人の気配も、周囲のどこにも感じられない。

「……何者だ?」

 いいや、一つだけ感じている。
 忌夢の背後に何者かが、たった一人だけ立っている。
 席から立ち上がり、振り返ると、彼女はその存在に向かって尋ねた。
 薄気味の悪い漆黒のローブを、頭からすっぽりと被ったその存在に、鋭い語調で問いかけた。

「これは失敬。貴方が気分を害する前に、終わらせようと思ったのですが」
「質問に答えろ。お前は何者で、ここで何をしている」
「私は……そうですね、キャスターと名乗っておきましょうか」

 くつくつと笑うのは、男の声だ。
 得体の知れないローブ男に、忌夢は広い額の眉をしかめた。
 気色悪い口調も気に食わないが、それ以上に、あの気配だ。
 あの禍々しくもどす黒い雰囲気は、おおよそ人間のものとは思えない。
 むしろ以前に相対した、人外魔境の住人・妖魔――あれに近いおぞましさを感じる。
 その上、使い魔の7つのクラスの一つ・魔術師(キャスター)の自分の名として口にした。
 恐らくは、こいつがサーヴァントだ。
 敵マスターのサーヴァントと、ここで鉢合わせてしまったのだ。

「この辺りの魔術学生の持つ、芳醇な魔力を宿した魂……それを頂戴しようと思いまして」
「なるほど……それが魂喰いというやつかっ!」

 間違いない。敵は殺る気だ。
 こうなればもう、サーヴァントの有無を論じている暇はない。
 やらねばやらねる。
 やるならやらねば。
 忌夢は迷わず飛び上がると、服の胸元へと手を突っ込み、そこからある物を取り出した。

「忍――転身ッ!」

 光を放つのは紙だ。
 ほどかれ宙を舞い踊り、忌夢の体を包み込むのは、古来より日本に伝わる巻物だ。
 光が晴れたその瞬間、忌夢の姿は一変していた。
 深緑の軍服風の装束に、手には赤々と煌めく如意棒。
 虚空より飛びかかるその女は、魔術師ではなく、忍だった。

「ほぁちゃあッ!」

 気合一閃。
 苛烈な一撃。
 振り下ろされた如意棒が、手前にあった机ごと、キャスターを叩き潰さんとする。
 両断されたデスクの向こうには、しかしひび割れた床があるだけだ。
 かわされた。今の一撃をか。
 秘立蛇女子学園の頂点・選抜チームの元メンバー――その忌夢の瞬速をもってなお、捉えられなかったということか。

「ほっほっ、貴方もマスターでしたか! これは好都合というもの」

 背後から気色の悪い声が聞こえる。
 飛び退ったキャスターが、笑いながら語りかける。

「威勢に満ちたその魂……なれば踊り食いといきましょう」

 抜かせ。
 そう簡単に食われてたまるか。
 まだ何も始まっていないというのに、こんなところで倒れるものか。

「秘伝忍法――デッドフォックス!!」

 必殺の言霊を口にする。
 瞬間、忌夢の体は閃光と化す。
 疾走。
 跳躍。
 瞬転。
 神速。
 雷光を纏ったくのいちは、文字通り光の速さで加速し、縦横無尽に駆け巡る。
 床を、本棚を、次々と蹴り、光のラインを無数に描く。
 俊敏さが売りである忌夢の速度を、極限まで高めた必殺技だ。
 いかな神話の英霊と言えど、この忍法からは逃れられまい。
 この一撃で全て終わりだ。そう確信し、己が如意棒を、標的に叩き込んだ次の瞬間。

「――なるほど。人の身にしてはなかなか」

 眼鏡の奥の忌夢の瞳は、驚愕に大きく見開かれていた。

「なっ……!?」

 そんな馬鹿な。
 その手は何だ。
 見切ったというのか、今の速さを。
 今の攻撃を完全に見極め、あまつさえ右腕一本で、攻撃を受け止めたというのか。

「これほど活きのいい魂であれば、さぞ美味なことでしょう……ね!」
「うぁあああっ!」

 刹那、世界が爆裂した。
 忌夢の視界は光に飲まれ、爆音がその身を弾き飛ばした。
 閃光は暴力となって襲いかかり、忌夢の体を容赦なく苛む。
 欧州の軍服を思わせる、質実剛健な忍装束が、為す術もなく切り裂かれる。
 吹き飛ばされ、本棚に背をぶつけた忌夢は、そのまま重力に引きずられ落下し、床に無様にへたり込んだ。
 破れた衣服から谷間を覗かせる、肌色のバストは、豊満であった。

「では、いただくとしましょう」

 余裕綽々な声が聞こえる。
 下衆な笑みを浮かべたキャスターが、ゆっくりと歩み寄ってくる。
 生殺与奪を握っていることを、これ見よがしにアピールする速度だ。そんなことすらも嫌味ったらしい。

「くっ……!」

 そんな最低な奴相手に、何一つできない自分が恨めしかった。
 痛みで体を動かすことができず、反撃も逃走すらも叶わない弱さが、忌夢には何より許せなかった。
 死ぬのか、自分は。
 こんなところで終わってしまうのか。
 蛇女子学園復権の、目前にまで迫ったこのタイミングで、自分だけ情けなく倒されてしまうのか。
 まだまだ蛇女はこれからなのに。
 再び選抜メンバーに返り咲く自分達が、この先を引っ張っていかなければならないのに。
 最愛の友を――雅緋を、彼女が進む栄光の道を、この手で支えていかなければならないというのに。

《――力が欲しいか》

 心に、幻聴が聞こえた気がした。
 耳ではなく頭の奥底から、自然と声が湧き上がってきた気がした。

《力があれば戦えるか。奴と戦える力があれば、お前は立ち上がることを選べるか》

 何であっても構わない。
 自分が頭を打ちつけて、おかしくなっていたとしても構わない。
 何故なら聞こえてくる声の言うことは、間違ってなどいないのだから。

「ボクは、負けない……」

 そうだ。
 こんなことで諦められるか。
 何としても立ち上がって、戦わなければならないのだ。

「ボクを待っている雅緋のために……!」

 なさねばならないことがある。
 それは雅緋達の待つ、蛇女子学園へ生きて帰ること。

「聖杯をこの手で掴むためにっ!」

 そしてその最愛の雅緋のために、聖杯を手に入れることだ。
 雅緋。
 何よりも愛おしい友よ。ボクの全てと呼ぶべき者よ。
 忌夢はかつて自分のせいで、彼女の人生を狂わせてしまった。
 自分が余計なことをしたせいで、彼女の母は命を落とし、雅緋自身も狂ってしまった。
 母を殺した妖魔を憎み、それを殲滅するために、雅緋はひたすらに力を求めた。
 それは自らを滅ぼしかねない、危うさを孕んだ性急さだった。
 そして現に雅緋は自滅し、再び立ち直るまでの間に、3年もの時を失ってしまった。
 その償いは果たさねばならない。
 罪悪を感じているのなら、強くあってくれと言った彼女に、自分は報いなければならない。
 母の復活を願うならそれでいい。前に進む力を欲するならそれでもいい。
 雅緋のために、聖杯の力を、何としても手に入れなければならないのだ。

《その願い、確かに聞き届けた》

 声が聞こえた。
 瞬間、どくん――と衝撃が奔った。
 胸の奥底で、何かが、疼くような感覚を覚えた。

「がっ……ぁあああああああああああああ!?」

 だが、それを認識したのも一瞬のことだ。
 次の刹那に襲いかかったのは、それ以上の奔流だった。
 とてつもない力が湧き上がる。内側から燃え上がるような何かが、忌夢の体を焼き尽くす。
 暴力的なエネルギーの波濤が、忌夢の瞳を見開かせ、みっともなく悲鳴を上げさせる。

「これは……!?」

 胸の谷間に光が浮かんだ。
 赤い三画のエンブレムが、彼女に刻み込まれる姿を、相対するキャスターは確かに見た。
 そして同時に、そこに渦巻く、得体の知れないどす黒い気配も。
 闇の奥底より現れ、闇そのものを纏ったかのような、漆黒の狼の姿も。


「はぁ……はぁっ……!」

 ざあざあと雨音が聞こえる。
 ぱちぱちと弾ける音が聞こえる。
 後者はスプリンクラーの音で、前者は火種の散る音か。
 忌夢が目覚めた時、図書館は、赤い火の海と化していた。
 既にキャスターの姿はなく、忌夢だけが業火の只中で、滝のような汗を流し座り込んでいた。

「契約は果たされた」

 否。違う。
 忌夢以外の何者かが、もう一人ここには立っている。
 彼女の目前に立っていたのは、巨大な漆黒の鎧だ。

「我が名は呀。バーサーカーのサーヴァント――暗黒騎士」

 禍々しくも刺々しい、全てを拒絶するような意匠を纏った、暗黒の獣騎士の姿だった。
 黒光りする鋼鉄の鎧の中で、唯一顔面を覆うマスクだけが、獰猛な狼の貌を象っていた。

「お前が、奴を……いや……」

 違う。
 そうではない。
 キャスターのサーヴァントはこいつの手で、勝手に倒されたわけではない。
 このサーヴァントは人間ではない。鎧の中身は空っぽだ。
 英霊を象徴する神話の武具――宝具。
 こいつはサーヴァントであると同時に、その宝具だ。宝具に相当する鎧のみが、意志を持って動いているリビングアーマーだ。
 鎧を纏った者は別にいる。
 こいつを自らに纏わせて、戦い敵を倒した者が他にいる。

「奴を倒したのは……ボクだった……ッ!」

 破壊。
 野望。
 邪悪。
 渦巻く狂気と暗黒の奔流。
 その只中にいた者は、他ならぬ忌夢自身だった。
 暗黒の剣を振りかざし、魔術師を切り捨て焼き殺したのは――鎧を纏った忌夢だったのだ。



【クラス】バーサーカー
【真名】呀(キバ)
【出典】牙狼-GARO-
【性別】男性
【属性】混沌・狂

【パラメーター】
筋力:B 耐久:A 敏捷:B 魔力:B 幸運:C 宝具:A

【クラススキル】
狂化:E
 クラス特性による後付けのスキルではなく、呀自身が保有していたスキル。
 理性を持たない存在であるため、複雑な思考を行うことができない。

【保有スキル】
精神汚染:A+
 精神干渉系魔術を完全にシャットアウトする。
 そもそも怨念のみが凝り固まった存在であるため、干渉すべき精神が存在しない。

対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師では呀に傷をつけられない。

単独行動:C
 マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクCならば、マスターを失ってから一日間現界可能。

【宝具】
『暗黒騎士・呀(キバのよろい)』
ランク:A 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:1人
 黒き闇に堕ちた心。
 その心に輝きはなかったのか。その心に希望はなかったのか。
 それを知りたい者は行くがよい。黒く深い闇の中へと……
 ――古より人を襲ってきた、魔界の怪物・ホラー。
 それと戦う力を身につけた、魔戒騎士の鎧であり、呀という英霊そのものである。
 暗黒魔戒騎士である呀の鎧は、心滅獣身という暴走状態を超えた先に発現する、闇に堕ちた姿である。
 ソウルメタルはデスメタルと呼ばれる、漆黒の金属へと変質しており、装着の制限時間も消失している。
 本来は所有権を認められた魔戒騎士にしか装着できないが、
 元所有者・バラゴの遺志が宿った呀は、自ら所有者を選び、自身を装着させることができる。
 これにより装着者の理性と技術を得た呀は、その力をより効果的に発揮できるようになるが、
 呀自身の持つ狂化のスキルが伝染し、装着者の思考力を蝕んでいくようになる。
 何よりも恐ろしいのは、前述した単独行動のスキルがあることにより、マスターの死後も新たな贄を求めることである。

【weapon】
黒炎剣
 ソウルメタルの剣・魔戒剣が、呀の力によって変化したもの。漆黒の長剣である。
 魔戒騎士としての修行を経た者は、これを自在に操ることができるが、そうでない者には持ち上げることすらできない。
 より強い魔力を込めることによって、身の丈を凌ぐ大剣・閻魔斬光剣へと変化させることもできる。

暗黒斬
 長柄の斧。ホラーを喰うために用いていた武装であり、倒した相手の魂を、呀の鎧に取り込むことができる。

【人物背景】
最強の力をひたすらに欲し、暗黒魔戒騎士へと堕ちた男・バラゴ。
その力への執念が、死後鎧へと宿され、意志を持った姿である。
バラゴの超人的な戦闘技術を失ったため、バラゴが纏っていた時よりも弱体化しているが、
それでも鎧自体の力と、宿された凄まじい妄執によって、高い戦闘能力を発揮している。
前述する武器の他、イバラを纏って盾とする防御技「薔陣薇幹」を使うことができる。

なお、バラゴ本人の魂は、死後に師の魂と再会し、己の罪を悔い改めている。

【サーヴァントとしての願い】
完全な復活を果たし、再び力を求める。

【基本戦術、方針、運用法】
生物でない鎧のサーヴァント。
怨念のみで構成されたバーサーカーは、我武者羅に攻撃することしか知らないため、
その力を最大限に発揮するには、マスターが纏って戦う必要がある。
しかしマスター自身が狂化するというリスクは、決して無視できるものではない。
自律行動させて共に戦うか、その身に纏って戦うか、状況に応じた判断が必要となる。



【マスター】忌夢(いむ)
【出典】閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-
【性別】女性
【令呪の位置】胸の谷間

【マスターとしての願い】
聖杯を雅緋に捧げ、過去の罪を贖う

【weapon】
如意棒
 長さ・太さを自在に変化させられる棒。

秘伝忍法書
 必殺技・秘伝忍法の力を引き出すための巻物。

【能力・技能】

 日本に古来から存在する、諜報や暗殺を主任務とした工作員。
 蛇女子学園の元選抜メンバーとして、ひと通りの忍術をマスターしている。
 忌夢は得意技として、電撃を操ることができる。

忍転身
 現代の忍の戦闘形態。上述した秘伝忍法書の力を引き出すための姿。
 この術を発動した忌夢は、ドイツ軍服風の装束を纏う。

忍結界
 忍同士の決闘時に発動される結界術。自身と対戦相手を一定空間内に閉じ込めることができる。
 本聖杯戦争では弱体化しており、バスケットコート程度の範囲にしか展開できない。

命駆
 命懸けの覚悟で臨む、決死の戦闘形態。
 防御力が半分以下になるが、追い詰められたことで潜在能力が解放され、攻撃力が大幅に向上する。
 なおこの状態になった瞬間、忌夢の衣服は全て弾け飛び、下着姿になる。

禍根の力
 忌夢の一族に伝わる、特殊体質由来の力。
 怒りや憎しみといった感情によって引き起こされる「拒絶の力」であり、身体能力を数十倍に高めることができる。
 最大限に発揮した際には、漆黒のオーラとして具現化するほどになるが、
 上述したような激情によって引き出される力であるため、それほどの力を発揮した際には、必然正常な思考力が損なわれてしまう。
 忌夢はこの力を扱う才能に乏しく、未だ発動させたことがない。

深淵の血
 禁術・深淵血塊によって暴走した雅緋の血を、同じく禁術である血塊反転によって取り込んだもの。
 通常は効果を発揮することはないが、前述した禍根の力に目覚めた場合、
 芋づる式に引き出され、忌夢を雅緋同様の暴走状態へと導いてしまう。
 仮にこの状態で『暗黒騎士・呀(キバのよろい)』 を纏った場合、 呀の幸運以外のステータスが、全て1ランク上昇する。

【人物背景】
非合法な任務であろうと遂行する忍・悪忍を養成する機関である、秘立蛇女子学園の生徒。
21歳の3年生で、スリーサイズはB88・W60・H82。悪人の名家の出身であり、現筆頭・雅緋の幼馴染でもある。
かつて雅緋が妖魔と戦い、暴走・廃人化したことを受けて蛇女を休学。
雅緋の療養に付き添い尽くしていたが、彼女が復活したことにより、自身も蛇女へと舞い戻る。
雅緋が母親を喪ったこと、妹の紫が引きこもってしまったことの原因を作っており、強い負い目を感じている。

一人称が「ボク」で、口調も男性的なもの。
委員長気質な性格であり、問題児揃いの蛇女選抜メンバー候補の中では、ツッコミ役として苦労が耐えない。
もとより雅緋を強く慕っており、彼女に付き従い支えることを自らの存在意義としていたが、
療養中にややこじらせてしまったようであり、半ば同性愛じみた感情へとハッテンしている。

忍法の性質を表す秘伝動物は狐。
忍装束こそドイツ風だが、戦闘スタイルは中華風の棒術であり、俊敏な身のこなしで敵を翻弄する。
必殺の秘伝忍法は、超高速で駆け抜け敵を圧倒する「デッドフォックス」、
電撃を纏った如意棒を、回転させながら投擲する「ローリングサンダー」。
更なる威力を持った絶・秘伝忍法として、如意棒から無数の管狐を召喚し攻撃させる「サンダーフォックス」を持つ。

【方針】
優勝狙い。何としても聖杯を手に入れる。