※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美樹さやか&セイバー組 ◆nig7QPL25k


 夢を見た。
 私ではない誰かの夢を。
 私と違う時間を生きた、違う場所での誰かの夢を。

 その少年が歩んだのは、奪われ続ける人生だった。
 燃える炎の奥底で、生まれ落ちたその少年は、最初から母を奪われていた。
 愛すべき者の顔も知ることができず、愛する前から奪われた生命に、少年は怒り復讐を誓った。
 しかし憎しみは剣を迷わせ、少年が生きる理由としていた力も、奪われる結果を招いてしまった。
 復讐の相手すらも一度は奪われ、何もなくなってしまった少年は、行く道に迷い闇へと沈んだ。

 全てを失った少年は、やがて一人の少女と出会った。
 少女とその家族は、ただ普通に生きていくことの喜びを、身を持って少年に教えた。
 そんなことすらも知らなかった少年は、新たな家族を拠り所とし、初めて笑えるようになった。
 しかしそんな家族ですらも、少年は奪われてしまった。
 少年の闇を照らした少女は、雪の降りしきる夜空の下で、無力に泣く少年の手の中で逝った。

 それでも、愛を知った少年は、闇に引き返すことはなかった。
 守るべき人々の存在に触れ、戦う理由を見つめ直した少年は、再び剣を手に取った。
 後悔を繰り返さないように。
 自分と同じ絶望を、誰にも味わわせないために。
 自らを産み落とした母と、自らを拾い上げた父は、そう在れと願ったのだと知って。
 残された少年は騎士となり、遺された想いを受け継いで、闇を祓うために戦い続けた。

「この想いこそが――永遠だ」

 闇を照らす黄金の騎士は、光り輝く両翼に、想いを背負って戦ったのだ。


「こん――のぉぉっ!」

 振り抜く刃が敵を裂く。
 迫り来る骸骨の軍団を、一刀のもとに斬り伏せる。
 やけくそ気味な叫びと共に、放たれた剣の一閃は、総計4体の怪物を、一撃で両断してみせた。

「はぁ、はぁ……」

 それでも、少女の顔に達成感はない。
 魔法少女・美樹さやかは、それでも息を切らしながら、眉間に皺を寄せている。
 一体今ので何体目だ。ここまでに何体倒したのだ。
 そしてわらわらと湧いてくる敵は、あと何体で打ち止めになるのだ。
 とっぷりと日の暮れた路地裏で、不気味な骸骨に囲まれたさやかは、
 数十体もの敵を屠りながらも、終わらない戦いを強いられていた。

(これでもさ……サーヴァントって奴じゃ、ないんでしょ)

 剣を握る手に力がこもる。
 忌々しげに敵を睨む。
 元の記憶を取り戻した時、聖杯戦争なる戦いの情報は、一緒に頭の中に叩きこまれた。
 戦う力であるサーヴァントも、じきに送られてくるのだと、そう伝えられていた。
 しかし目の前にいる連中は、そのサーヴァントではないらしい。
 敵のサーヴァントは別の場所にいて、そいつが更に使い魔として、この骸骨の兵士を生み出しているらしい。

(そりゃまあ、雑魚なら倒せないでもないけど)

 それにしたって限度があると、内心でさやかは吐き捨てた。
 こうやって倒せてはいるのだが、いかんせん数が多すぎる。
 いくら魔法少女といっても、体力や魔力には限界があるのだ。
 このままではいずれ押し切られ、本戦に進むことすらできずに、脱落してしまうだろう。

(突破するしかない)

 それだけは嫌だ。
 こんな訳の分からない所まで招かれて、何の土産も得られないままに、無様に殺されるのは御免だ。
 であれば、片をつけるしかない。
 この使い魔の包囲網を突破し、敵のサーヴァントを探し当て、直接撃破するしかない。
 未だサーヴァントを持たないまま、勝負を挑むのは不安ではあったが、他に選択肢などないのだ。
 ならばやってみせようじゃないか。
 魔法少女は伊達ではないと、証明してみせようではないか。
 覚悟を決めて剣を構え、敵陣を跳び越えるために、両足に力を込めた瞬間。

《――馬鹿! そうじゃない!》

 不意に頭の中に、声が響いた。

「えっ、ええ!?」

 突然の制止を受けたさやかは、素っ頓狂な声を上げてよろめく。
 何しろ跳ぼうとしていたのだ。それを半端なところで止められ、バランスを崩してしまったのだ。

《死にたいのか! 一人でサーヴァントに挑んだところで、太刀打ちできるわけないだろうが!》
《なっ……何よ!? 急に勝手なこと言ってくれちゃって! だいたい、それ以外にどうしろって言うわけ!?》

 これはテレパシーというやつか。魔法少女であるさやかには、使い慣れた意思疎通の手段だ。
 だからこそ姿勢を正したさやかは、即座に順応し反論した。
 突然思考に割り込んできた、無礼な若い男の声に、キレ気味に食ってかかったのだ。

《……とりあえず一度後退しろ! 下がってすぐの、左の脇道に入れ!》

 一瞬押し黙ったのは、指示内容の思考だろうか。
 声はさやかに前進ではなく、後退することを命じた。

《後退!? 逃げてどうなるのよ!?》
《違う、勝つためだ! 信じろ!》

 俺を信じろ。
 信じるのならば勝たせてやると。
 困惑するさやかの返事に対して、男はそう言い放った。
 生意気な響きを宿しながらも、不思議と、力のある声だった。
 初めて聞いたはずなのに、信じてもいいと思えるような、不思議な気配を宿した声だった。

《……駄目だったら恨むからね!》

 結局、さやかはその声を信じた。
 死んだら化けて出てやるからと、テレパシーで悪態をつきながらも、足は背後へと向かった。
 ビルの間を走り抜け、言われた通りの場所を曲がる。
 そのまま直進していけば、確か表通りに着くはずだ。
 特に追加の指示はない。このまま進めということらしい。
 かちゃかちゃという足音を背にしながら、さやかは尚も宵闇を走った。
 そして遂に路地裏を飛び出し、月光の注ぐ通りへと出た。

「――よく耐えたな」

 そこにいたのは、少年だ。
 さやかより幾つか年上の、仏頂面をした男だった。
 銀月の光を浴びるコートは、闇の中で純白に煌めく。
 右手で光を放つのは、鋭い抜き身の刀剣だ。
 燃える炎のような赤毛と、同じ色の赤い瞳が、真っ直ぐにさやかを見据えていた。

「後は――任せろ!」

 瞬間、少年が飛び立つ。
 石畳を力強く蹴り、空中でさやかとすれ違う。
 その時、さやかの左手に、焼けつくような痛みが走った。
 魔法少女の手袋の下で、赤い光が輝いた。
 炎の光に照らされたのは――はためくマントと、金の鎧だ。
 夜に太陽が昇るように。
 暗闇を照らす暁のように。
 たとえその身に背負うのが、輝く翼でなかったとしても。
 赤い瞳を煌めかす、少年が纏った狼の鎧は、さやかが夢の中で見た、黄金の騎士の姿に他ならなかった。


 セイバーのサーヴァント、レオン・ルイス。
 それが戦場に遅刻してきた、さやかのサーヴァントの名前だった。
 金の鎧を纏ったレオンは、骸骨軍団を一掃し、慌てて現れた敵サーヴァントも、危なげなく撃破してみせたのだった。
 比較対象を1つしか知らない以上、レオンが特別強かったのか、それとも相手が弱すぎたのか、正確なところは分からない。
 それでも、サーヴァントというものが、少なくとも美樹さやか自身よりは、遥かに強いということは理解できた。

「怪我はなかったか?」

 戦いの場から一度離れ、帰路に着いたさやかに対して、元のコート姿に戻ったレオンが尋ねた。

「まぁね。一応魔法少女だし」

 返事をするさやかの姿も、既に魔法少女の装束ではない。
 青を基調とした戦士の服は、左手の指輪へと納められ、普通の私服を身に纏っている。
 服の上から判断するしかないが、見たところ、傷をつけられた様子はない。
 治癒魔法に秀でているさやかは、よほどの重傷でもない限りは、たちどころに回復することができるのだ。

「魔法少女か……妙な力を持ってるよな、お前も」
「いやいや、さすがにあんたには負けるわよ」
「いや、そういうことじゃない」

 言いながら、レオンが前に出る。
 一歩後ろについていた従者が、主君を抜きながら語りかける。

「お前は存在そのものが、他の人間とは違う……魔法が使えるというだけじゃ、説明が付かない気配を感じる」

 白いコートが立ちはだかった。
 つり目の瞳をきつく細め、赤い炎の瞳を燃やし、真正面からさやかを睨んだ。

「お前は――『守護者』じゃないのか?」

 その正体を見定めるように、鋭い視線で射抜きながら、レオン・ルイスはそう尋ねた。

「守護者……?」
「記憶がないのなら、説明しとく。守護者っていうのは、人類が存続の危機に陥った時、それを回避するために呼び出される存在だ」

 それは英霊に近くはあるが、また違うものだとレオンは言った。
 いわく、守護者というものは、霊長の抑止力なる存在に認められ、取り込まれた魂を指すらしい。
 守護者となった魂は、人類の破滅の要因となるものを、排除するために遣わされ、殲滅することを仕事とするのだという。

「どうして、そうだと思ったの?」

 並ぶのは守護者という呼び名の割には、あまりにも物騒な表現だ。
 魔法少女とはあまりにも結びつかない。故にさやかは、真剣な顔付きになって尋ねた。

「俺も似たようなものだからな。英霊としての俺は、俺の宝具――『黄金騎士・GARO(ガロのよろい)』と、一つになって存在している」

 それがガロという称号を得た、己の宿命なのだとレオンは言った。
 ガロというのは、彼の生きていた時代に存在した、悪魔狩りの騎士の名前だ。
 魔物を祓う騎士・魔戒騎士――その最高位の存在に与えられるのが、ガロの名と黄金の鎧なのだという。
 そして歴代の黄金騎士の魂は、ガロの鎧へと宿り、永遠に子孫を守り続けるのだ。
 時代を問わず存在し、人のために戦い続けるという点では、確かに守護者と似ているかもしれない。
 そしてだからこそ、レオン・ルイスは、自らと同種の存在の匂いを、さやかから感じ取ったのだそうだ。

「……あたしも、さ。あんたと同じで、その、似たようなものってやつなのかもしれない。確証は持てないんだけど」

 そういう相手であるのなら、話してもいいかもしれないと思った。
 自分のことを話しても、理解し受け止めてくれると思った。
 故にさやかはそうやって、己の身の上を口にした。

「記憶を失ってるっていうのは、合ってる。あたしは元々、普通の魔法少女じゃなくて……何か大きな力の下で、特別な役目を持ってた存在だった」
「その記憶がまだ、聖杯に封じ込められてて、上手く思い出せないってことか?」
「違う。そのことを忘れちゃったのは、ここに来る前からだった」

 首を横に振りながら、さやかは聖杯の干渉を否定する。

「暁美ほむら……元はあたしの仲間だった子。あいつがその何かに手を出したおかげで、あたしもそのことを、思い出せなくなったんだ」

 魔法少女、暁美ほむら。
 彼女に一体何が起きたか――それを思い出すことはできない。
 しかしこれだけは覚えている。
 今の彼女は悪魔となった。魔法少女の軛を超えて、より恐ろしい存在と成り果てた。
 そしてその暁美ほむらが、大いなる力を貶めて、世界の在り方を変えてしまった。
 罪を犯した元・魔法少女は、そのまま放置してはおけない、危険な悪魔となってしまったのだ。

「ってことは、お前の願いは……」
「うん。私はあいつを止めなくちゃならない……願いを叶えられるなら、私はそれを願いたい」

 悔しいが、まともに戦ったとしても、さやかはほむらには敵わないだろう。
 敵わないからこそ、今のさやかは、ただの魔法少女に成り下がっているのだ。
 だとすれば、更なる力がいる。
 聖杯が万能の願望機であるならば、悪魔を討つための剣としては、十分であると言えるだろう。

「倒すのか? お前の仲間だった奴を」

 暁美ほむらを止めるということは、かつての仲間だった少女を、その手で殺すということかと。
 レオンは少し目を細め、さやかに向かって問いかける。

「………」

 問われたさやかはというと、しばし、答えることができなかった。
 ほむらを殺すのかどうか――さすがにそこまでのことは、今まで考えたこともなかった。
 事実として、ほむらを許せないとは思う。
 何をしでかしたのかは忘れたが、とんでもない悪行を犯したことは、なんとなくだが覚えている。
 だが果たしてその怒りは、殺したいほどのものだろうか。
 ほむらに怒りを覚えている自分は、ほむらを憎んでいるのだろうか。

「……多分、そうじゃない」

 そこまでは考えていないと思うと、さやかは曖昧に返した。

「あいつを殺したいわけじゃない……どうしたかったのかは覚えてないけど、それでも、生きていてほしいとは思う」

 かつての仲間だったほむらを、殺したいほど憎いとは、さやかはどうしても思えなかった。
 どうしたいのかは分からないが、記憶を失う前の自分は、きっと違うことを願っていたはずだ。
 だからこそ、倒したいのではなく。
 ほむらを止めたいと願うのだと、言った。

「そうか」

 ならそれでいい、と言いながら、レオンは元の位置へと戻った。
 呟くレオンのその顔は、生意気な仏頂面には変わりなかったが、それでもほんの少しだけ、ほっとしているようにも見えた。

「……あ、そうだ」

 そうして話すことを終え、お互い口を開かず歩いて。
 そんな状態がしばらく続いて、思い出したようにして、さやかがレオンへと話しかける。

「あたしの願いは、さっき言った通りだけどさ……セイバーには、何か叶えたい願いって、あるの?」

 聖杯を使用する権利を持っているのは、何もマスターだけではない。
 マスターが認めさえすれば、自分ではなくサーヴァントの願いを、聖杯にかけることも可能だ。
 であれば自分だけでなく、このレオン・ルイスという男にも、何か願いがあるのではと、さやかはそう思ったのだった。

「ある」

 即答だった。
 恐らくは二秒と経たなかった。
 さやかの問いかけに対して、レオンは即座にそう答えていた。

「………」
「……何だよ、その顔」
「え、いやその、えらい即答だったから」

 こうくるとは思ってなかったと、さやかは素直に感想を述べる。

「別に珍しくもないだろ。どんな人生を送ってきた奴だって、1つか2つくらい、やり直したいことはあるもんだ」

 それは英霊であっても変わらない。
 だからこそ取り繕う気はないと、レオンはさやかに向かって言った。

「……もっとも、実際に願うかどうかは別問題だけどな」

 誰にだってやり直したいことはある。
 何でもないことのように発した言葉には、どれほどの意味が込められていたのかは分からない。

「過去の後悔に立ち止まって、悲しみに閉じこもることはしない……俺はそう決めたんだ」

 それでも、そう否定するレオンの声は、少しトーンが落ちていた。
 燃える炎のような瞳は、今はその輝きを失い、どこか悲しげに見えた気がした。

「………」

 不意に脳裏に蘇ったのは、黄金騎士の夢の光景だ。
 それがどんなものだったのか、細かい部分に関しては、正確に思い出すことはできない。
 それでも、そう語るレオン・ルイスの姿が、不思議とその夢を思い出させた。
 結局何を思ったのか、何を言いたいと考えたのか、上手く言葉に表せなくて。
 さやかはレオンの横顔に対して、何も言うことができなかった。



【クラス】セイバー
【真名】レオン・ルイス
【出典】牙狼-GARO- 炎の刻印
【性別】男性
【属性】混沌・善

【パラメーター】
筋力:D 耐久:E 敏捷:D 魔力:D 幸運:E 宝具:A+

【クラススキル】
対魔力:E (B→A)
 魔術に対する守り。
 無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する。
 『黄金騎士・GARO(ガロのよろい)』発動時にはBランクに変化し、第三節以下の詠唱による魔術を無効化できるようになる。
 『双烈融身(ひかりのきし)』発動時にはAランクに変化。事実上、現代の魔術で傷をつけられることがなくなる。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせる。

【保有スキル】
継承:A
 英霊ガロとは、レオン・ルイス個人を指す名前ではない。
 宝具『黄金騎士・GARO(ガロのよろい)』に宿された、歴代の黄金騎士の魂の総称である。
 レオンは死亡した際に、マスターに『黄金騎士・GARO(ガロのよろい)』および魔戒剣を遺し、所有権を譲ることができる。
 ただし鎧を動かすのは、あくまで鎧に残されたレオンの魔力であるため、それが尽きれば使用は不可能となる。
 また、このスキルをもってしても、宝具『双烈融身(ひかりのきし)』は遺すことができない。

退魔:-(A)
 闇を切り裂く黄金の光。
 悪魔や魔獣などといった、魔なる存在への与ダメージが倍加する。
 このスキルは、宝具『双烈融身(ひかりのきし)』が開放されている時以外、発動されない。

不死殺し(偽):C
 不死身の魔人を討伐した逸話に基づいたスキル。
 不死の属性を持つ者に対して、与えるダメージが増大する。
 ただし実際には、上述した魔人にとどめを刺したわけではないため、
 あくまでこのスキルでもダメージを増やすことしかできず、対象を殺せるわけではない。

直感:C
 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
 敵の攻撃を初見でもある程度は予見することができる。

【宝具】
『黄金騎士・GARO(ガロのよろい)』
ランク:A 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:-
筋力:B 耐久:B 敏捷:B+ 魔力:A 幸運:C
 陰我あるところホラー現れ、人を喰らう。だが、古よりホラーを狩る者達がいた。
 鎧を纏うその男達を、魔戒騎士という。
 ――古より人を襲ってきた、魔界の怪物・ホラー。それと戦う力を身につけた、魔戒騎士の鎧である。
 レオンの纏う「ガロの鎧」は、最強の魔戒騎士の血族が受け継いできた鎧であり、黄金の輝きを放っている。
 更に緑の魔導火を纏うことにより、攻撃力を底上げする「烈火炎装」を発動することが可能。

『双烈融身(ひかりのきし)』
ランク:A+ 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:-
筋力:A 耐久:B+ 敏捷:A++ 魔力:A+ 幸運:A
 魔戒騎士の力とは、個人によって培われるものではない。
 師から弟子へ、親から子へ、連綿と受け継がれてきた技と精神こそ、魔戒騎士の力である。
 母より受け継いだ「ガロの鎧」と、父より借り受けた「ゾロの鎧」を同時に装着した時、
 レオン・ルイスの誇る最大宝具が発動する。
 レオンがその姿を見せた時、その身は黄金と白銀の2色に輝き、炎の翼で空を舞うと言われている。
 また、この宝具を発動した際には、退魔スキルが発動し、魔なる存在へ与えるダメージが増加する。
 なお、宝具『絶影騎士・ZORO(ゾロのよろい)』を持つサーヴァントが他に召喚されている場合、
 そのサーヴァントから宝具を貸し与えられるか、あるいはそのサーヴァントが死亡するかしなければ、
 『双烈融身(ひかりのきし)』を使用することはできない。

【weapon】
魔戒剣
 ソウルメタルによって鍛え上げられた、魔戒騎士のための剣。
 修行を経た者はこれを自在に操ることができるが、そうでない者には持ち上げることすらできない。
 『黄金騎士・GARO(ガロのよろい)』を纏った際には、黄金の長剣へと変化する。

【人物背景】
古より最強の騎士として語り継がれてきた、黄金騎士・ガロの鎧を纏うの魔戒騎士。
魔戒騎士・魔戒法師を殲滅する「魔女狩り」によって、
母アンナ・ルイスを火刑に処せられ、その炎の中で産まれ落ちた過去を持つ。

目つきの悪い跳ねっ返りで、協調性はあまり高くない。
当初は母の仇である、ヴァリアンテ王国宰相のメンドーサを憎んでおり、復讐のためだけに戦っていた。
しかしそれ故に一度ガロの力を剥奪されており、その後自分を見つめ直したことで、
真に「守りし者」の使命に目覚めた騎士として復活を遂げた。
母を喪い、鎧を奪われ、やっと手にした安住の地と、大切な想い人すらも喪ってなお、
絶望の底から這い上がってきた英霊である。
以降は他人に対しても、より素直に思いやりを見せるようになっている。

今回の聖杯戦争においては、上記のメンドーサとの戦いが終わった直後の年齢・容姿で現界している。

【サーヴァントとしての願い】
やり直したいことは山ほどあるが、それを願うつもりはない。

【基本戦術、方針、運用法】
近距離戦を得意とする正統派のセイバー。欠点は常に宝具を見せびらかしていなければ、まともに戦えないということか。
当然鎧を召喚している最中には、その分の魔力が消費されるので、あまり燃費はよろしくない。
特に『双烈融身(ひかりのきし)』発動時には、消耗は倍以上に跳ね上がるので、ここぞという時の切り札に。



【マスター】美樹さやか
【出典】[新編]魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語
【性別】女性
【令呪の位置】左手の甲

【マスターとしての願い】
同じ魔法少女の仲間として、ほむらを止めたい

【weapon】
ソウルジェム
 魂を物質化した第三魔法の顕現。
 さやかを始めとする魔法少女の本体。肉体から離れれば操作はできなくなるし、砕ければ死ぬ。
 濁りがたまると魔法(魔術)が使えなくなり、濁りきると魔女になる。聖杯戦争内では魔女化するかどうかは不明。

【能力・技能】
魔法少女
 ソウルジェムに込められた魔力を使い、戦う力。
 武器として剣を持っており、直接斬撃や投擲に用いられる。
 簡易的な刀身射出ギミックが搭載されており、近距離なら突きの補助として使用することも可能。
 固有魔法は治癒。自身の傷を癒やす魔法を得意としており、全治数週間の傷であっても、一瞬で完治させることができる。
 素早い身のこなしを活かした近距離戦が得意。また、魔法の力で足場を作り、限定空戦を行うこともできる。

【人物背景】
見滝原中学校に通う2年生の少女。
かつて存在した世界において、想い人の腕を治すために魔法少女となり、恋に敗れて自滅していった。
その後級友・鹿目まどかが概念存在・円環の理となった際、その魂は彼女の元へ召され、共に戦う同志となった。
しかし暁美ほむらが悪魔となり、世界を改変した際の余波によって、さやかは人間界へと取り残されてしまう。
彼女の力によって円環の理との繋がりを断たれ、その力を失ったさやかは、意図せぬ形で人間としての蘇生を果たしたのだった。

明るく人当たりのいい性格。友情に厚く、困っている人を積極的に助けようとするタイプ。
一方冷静さに欠けるのが欠点で、まどかからは「思い込みが激しくて喧嘩もよくしちゃう」と評されている。
かつて契約した世界においては、恋愛と友情の狭間で苦悩し、自暴自棄になって周囲を振り回したこともあった。

契約してからすぐに死亡したため、かつては戦闘経験も浅く、他の魔法少女達相手に遅れを取ることも多かった。
しかし円環の理に召された後は、平行世界の記憶・経験を得たことで、戦闘スキルが大幅に向上。本来の伸びしろを見せる活躍を果たしている。
本来は魔女の力を使役するなど、魔法少女の枠を大きく超えた能力を発揮できるのだが、
ほむらによってその力は失われており、通常の魔法少女なりの能力しか持てないようになっている。
改変後の世界に合わせて、記憶にも改竄が施されており、まどか及び円環の理に関する記憶を喪失している。
現在の彼女が円環の理絡みで覚えているのは、自身が何か大きな力の下で戦っていたことと、ほむらが悪魔となりその存在を害したことの2点である。

【方針】
あまり他人を傷つけたくはないが、聖杯はなんとしても欲しい