『  』&アサシン◆c92qFeyVpE



都市伝説ってご存知ですか?
そう、都市伝説です、俗にフォークロアとかいう言葉で語られる、あれです。
ほとんどが眉唾なものだらけですが、実在してなくもなさそうな身近なお話。

これからお話し致しますのは、そんな都市伝説に巻き込まれた兄妹と。
『都市伝説そのもの』な可愛い女の子のお話です。

おや、興味がありそうな顔をしてますね。
いつもより入りが巻き進行だったので不安があったりもしたのですが。
ああ、ひょっとして可愛い女の子って辺りに反応しましたかね? 男の子ってそういうものですよね。
っとと、分かりました話を始めましょう。

社会不適合な引きこもりの兄妹による、聖杯戦争のお話を―――





とある民家の一室。
そこに一組の男女がいた。
光のない目で周りを見渡しながら、男の方が口を開く。

「なあ、妹よ」
「……ん」
「『人生』なんて、無理ゲーだ、マゾゲーだと、何度となく思ったが」
「……うん……」

兄妹は、声をハモらせて言う。

「「ついに『バグった』……もう、なにこれ、超クソゲェ……」」




こんな噂をきいたことがありますか?

あまりにゲームが上手すぎる者のもとには、ある日、メールが届くという。
本文には、短い文と、URLが貼られているだけ。
そのURLをクリックすると―――この世界から消えるという。

そして、異世界へと誘われるという、そんな『都市伝説』。




―――君ら兄妹は、生まれる世界を間違えたと感じたことはないかい?―――

兄妹―――巷で『都市伝説』となっている『  』へと届いたのはそんなメールであった。
二人は奇妙なメールに首を捻りつつ、出来うる限りのセキュリティソフトを回しながら貼られていたURLをクリックし、

この電脳世界へと飛ばされた。

「あー、やっぱり究極のセキュリティはそもそも触れないことだな……ノー○ン先生もお手上げだ」
「それで、にぃ、どうする……?」
「そーだな……俺らは明らかにイレギュラーっぽいし」

言いながら空は自分の左手を見る。
その甲に刻まれた令呪は『2画』、通常刻まれる画数より一つ欠けている。
残る1画がどこにあるかと言えば―――すぐ隣、白の右手。
通常一人のマスターに渡される令呪が二人に分けて渡されているのだ。

「記憶を取り戻したのも同時だし、俺らはニコイチってことか」
「……好都合?」
「ま、確かにな。あのはた迷惑なメールの送り主も、そこら辺は理解してくれてるらしい」

『  』は一人では『  』足り得ない。
この兄妹は互いが側にいなければマトモに日常生活すら過ごすことができず、
二人で一人という扱いは望むべきところ、というかそうでなくては困る。

「あー……それで、と」
「はい、私が貴方達のサーヴァントです」

空の言葉を先読みし、声を発したのはその部屋にいる三人目の存在。

「クラスはアサシン、名前は一之江 瑞江、普段は一之江とでも呼んでください」
「……? クラス名、じゃなくて……?」
「ええ、それも偽名ですから。真名はステータスを参照下さい」
「なるほどね、それならクラス名で呼ぶよりも能力は推測されにくい、と」

一之江の言葉に満足そうに頷く。

「よし、それでは一之江、これより俺たちの行動を伝える!」
「どうぞ」
「うむ! これより俺たちは―――この部屋に引きこもる! 以上だ!」
「………えっ」

高々と宣言された言葉に、戸惑った表情を返す。
引きこもる、それ自体は決してあり得ない選択肢ではないだろう。
だが、それは一之江にとって望ましい選択肢ではない。

「あの、私のステータスは見ているんですよね? だったら」
「……都市伝説、知られれば知られるほど、能力が上がる……」
「却下だ、アサシンなんてクラスの奴が、周りに存在ひけらかしてどーすんだ?
 リスクに対してリターンが少なすぎるだろうが」

進言をあっさりと否定され、小さく唸る。
正論ではあるが、隠れ潜むというのは『ロア』である彼女の存在の仕方と真逆の方向だ。
『ロア』とはフォークロア、つまりは人々の噂、都市伝説そのものだ。
人々に自分の噂が広まれば広まるほど『ロア』としての力は強くなり、
誰からも忘れ去られてしまえば、その存在を保つことさえできなくなる。
故に『ロア』は誰もが自らの存在を広めようとする、それが聖杯戦争のセオリーとは違うといえ、補えるだけのスキルもある。

「まあ、最低限は噂を広める。他のマスターにまで知られない程度に、慎重にな」
「……ということは、口伝ですか」

自分の存在が消えかけるような事は無さそうだ、と一之江が安心したのも束の間。
「口伝」の一言を聞いた瞬間に空と白は二人揃って頭を抱えて震えだす。

「口伝……他人と、話す……」
「うおおおお! しかもそのためには外に、出る!? 嫌だ、陽の光を浴びると俺は灰になる……!」
「……」

ここに来て、一之江は悟る。

あ、このマスターハズレだ。

と。


【クラス】アサシン
【真名】月隠のメリーズドール
【出典】101番目の百物語
【性別】女性
【属性】中立・中庸

【パラメーター】
 筋力:D 耐久:C 敏捷:B 魔力:D 幸運:C 宝具:A

【クラススキル】
気配遮断:B
 自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
 彼女は常に『主人公』の背中にいたが、それに気づく者はいなかった。

【保有スキル】
都市伝説:A
 噂で成り立つ都市伝説そのもの。
 その地において『メリーズドールの都市伝説』を知る者が多い程にステータスが向上していく。
 彼女は人々の噂によって、人間から都市伝説へと変貌した。

戦闘続行:C
 戦闘を続行する為の能力。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷を負ってなお戦闘可能。 

【宝具】
『想起跳躍(リンガーベル)』 
ランク:C 種別:対人宝具(自身) レンジ:― 最大捕捉:1人
 自分の声を聞いた相手の元に瞬間移動する。
 「もしもし、私よ
  今、貴方の後ろにいるの」

『見返殺害(メリーズピリオド)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:― 最大捕捉:―
 振り向いて彼女を見た相手に死をもたらす。
 ―――メリーさんを見た者は皆死んでしまう。

『月隠の呪言人形(月隠のメリーズドール)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:― 最大捕捉:1人
 捨てられた人形を配置し、それを見てなんらかの心の動きを見せた者へ発動する。
 『ロア』の世界へと相手を閉じ込め、メリーズドールの物語になぞらえて追い詰め、最終的に振り向かせて殺害する。
 『ロア』の世界の中では、物語になぞらえない限り首を刎ねられても死ぬことはない。。
 魔術師でない『  』には『ロア』の世界を維持するだけの魔力がないため、必然的に令呪を三角とも消費する必要がある。

【weapon】
ナイフ
 極普通のナイフである。

【人物背景】
『月隠の呪言人形』(月隠のメリーズドール)の『ハーフロア』。
 ロア化しているときは都市伝説の人形と同じように、ボロボロのドレスで金髪になる。
 ハーフロアとしての経験を積んだため、身体能力は一般人をはるかに超越しており、戦闘能力は高い。
『百物語の主人公』を殺すためにモンジを襲ったが、モンジの説得に根負けして諦め、彼の『物語』となった。
 以降はモンジの戦力となるとともに、戦闘の指導役も担う。彼に最初に取り込まれたせいか、モンジとの精神的なつながりが最も強い。
 傍から見ると基本的に清楚で物静かな風だが、直に話せば淡々と冗談や毒舌を口にし、特にモンジにだけは物言いが辛辣。
 ミステリアスに見せているのは、そうすることで噂されやすくなり、『ロア』としてより強力になるためという意味もある。

【サーヴァントとしての願い】
 『ロア』としての存在を確固たるものに

【基本戦術、方針、運用法】
 『想起跳躍(リンガーベル)』によって背後へ周り『見返殺害(メリーズピリオド)』で殺害する、というのが基本戦法。
 『見返殺害(メリーズピリオド)』が効かない相手に対してもある程度の肉弾戦は可能、だがその場合は撤退したほうがよいだろう。
 最大の問題点はマスターの脆弱さであり、それをいかにカバーするかがポイントとなるだろう。



【マスター】『  』
【出典】ノーゲーム・ノーライフ
【性別】空・男性 白・女性
【令呪の位置】空の左手に2画、白の右手に1画

【マスターとしての願い】
 ゲームをするだけで生きていける世界を作るor行きたい!

【weapon】
 なし

【能力・技能】
駆け引き・読みあい・揺さぶり合い
 空の特技、対人戦における「不確定要素」を見抜く力が、常人の域を越えている。
 その卓越した先読みは、未来予知に近いとすら評される。

イカサマ
 空の特技、相手にバレないイカサマを仕掛けるのが非常に上手い、また、相手のイカサマを見抜く能力にも長けている。

演算能力
 白の特技、あらゆる事象を計算し先読みできる。
 空曰く「本物の天才」、1~3歳までの間に知能検査と称したゲームを全て「計測不能」にした過去を持つ。

【人物背景】
『  』
 「『  』に敗北はない」と「ゲームは始める前に終わっている」が信条であり、あらゆるゲームで不敗を誇り、ツールアシスト、チートを使っても勝てないとされる都市伝説にまでなったゲーマー。
 その正体は空と白の二人組の義兄妹。
 一人ではコミュニケーションを取ることもできないコミュ障なので、いつもお互いが認識できる範囲にいる。
 互いが認識できなくなると極度に怯え、まともに動くことも会話することも不可能となる程に強い共依存症。
 280を超えるゲームで頂点に立ったが、『リアル人生ゲーム』と『リアル恋愛ゲーム』の2つだけはルールも理解できずまともにプレイしたことがない。
 またドラッグオンド○グーンには深甚なトラウマを持っている。


 18歳。無職・童貞・非モテ・コミュニケーション障害・ゲーム廃人・白の義兄(再婚の父親の連れ子)。
 18年間童貞を続けているだけあって、恋愛に関しては非常に鈍感。
 白に出会う以前は他人の顔色を伺い(誰に対してもまったく同じ笑顔を向ける)ながら生きていたため、10歳にして前述の才能を駆使し、『天才』の白と互角の戦いを演じた。
 人類は自分を含めて無能だと思っているが、その中に存在する“天才(ホンモノ)”の可能性は信じている。
 白と離れることができないので全年齢と18禁の境目を模索している。


 11歳。不登校・友達なし・いじめられっ子・対人恐怖症・ゲーム廃人・空の義妹(再婚の母親の連れ子)。
 兄とは違い天才少女だったため、周りに理解されず孤立する。
 チェスなどの二人零和有限確定完全情報ゲームやFPSを得意とし、チェスではグランドマスターを完封したコンピュータープログラムに20連勝した。
 ゲームにおいては数学を主体とした計算式による演算を行い、先読みを行う。
 そのため、自由意志が介入しないゲームにおいて、(チート、ツールアシストを用いても)白に勝てるものは存在しない。
 1歳にして言葉を発し、その言葉を聞いた母親を恐怖させる。
 そんな彼と初めて行ったゲームで人生初めての引き分けをし、生まれて初めてゲームの楽しさを感じる。
 また、空に兄以上の感情を抱いているが、空本人は気付いていない。

【方針】
 メリーズドールの都市伝説を広めつつも、基本は引きこもる。