※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鋼人相打つ


 生きることを諦める気はない。
 ここから生きて帰るためにも、戦う覚悟はできている。

 それでも、きっとそれだけでは駄目だ。
 ただ襲ってきた敵を、戦って倒すだけでは駄目なのだ。
 ルイズ・フランソワーズもそうだった。あの両備もまたそうだった。
 彼女達は皆、何らかの願いを携えて、この戦いの場に集った。
 そうした者達と戦うということは、願いを叶えたいという意志と、戦いねじ伏せるということなのだ。

 だからこそ、このままではいられない。
 何も知ろうともしないまま、黙っているわけにはいかない。
 彼女も願いがあると言った。それは聖杯でなければ、叶えられないとまで言い切った。
 それを知らぬふりをしたまま、無情に踏みにじることなど、自分には到底できるはずもない。

 戦う覚悟はできている。
 次に決めるのは、背負う覚悟だ。

 なればこそ、今取るべき行動は――


 格下が格上の周囲を回る――ある者が語った戦いの常道だ。
 力と力がぶつかり合うなら、力の弱い者の方が、付け入る隙を探そうとするからだ。
 そして今まさにスバル・ナカジマは、その理屈をその身で実践していた。

(夕べの奴もすごかったけど……)

 モーター音を轟かせる。
 不整地をガリガリと削りながら、ローラーブレードを走らせる。
 黄金のサーヴァントは確かに手強かった。
 あれだけ激烈なパワーの持ち主には、そうそう巡り合うことはないだろうと、一瞬前まではそう思っていた。
 しかし違う。あれは違う。
 今まさに周囲を回って、隙を探している相手は、もっと根本的に違う相手だ。

『――グレートタイフーンッ!!』

 拡声器越しの雄叫びが上がった。
 轟――と唸って襲いかかるのは、恐るべき破壊力を宿した竜巻だ。
 読んで字のごとく龍のような、巨大で苛烈な風の叫びが、スバルめがけて襲いかかる。

「っ!」

 跳躍。飛び退って回避。
 されど規模が桁違いだ。一度跳んだだけでは避けられない。
 家屋を伝う。更に伝う。
 襲いかかるテンペストは、たっぷり建物三軒分を経て、ようやく鼻先を掠めるに至った。
 瞬間、猛烈な余波が体を煽り、スバルを勢いよく吹き飛ばす。
 地を離れればウィングロードは出せない。『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』 のエンジンを噴かせ、空中で強引に軌道修正。
 勢いを殺し宙に浮いて、スバルは改めて敵を見た。
 眼下で金色の瞳を光らす、黒鉄の巨人の姿を見据えた。

『どうしたどうした! もう終わりかァ!』

 スーパーロボット、『偉大な勇者(グレートマジンガー)』。
 コックピットで息を巻く、あのライダーのサーヴァントはそう言ったか。
 その口から巨大な竜巻を吹き出し、大地に悠然とそそり立つのは、AIが算出した身長が、25メートルにも及ぶ大巨人だ。
 いくら何でもめちゃくちゃだと、何度目とも知れない感想を、スバルは胸中で繰り返した。
 天を貫くほどの巨体からは、地を砕くほどの技が繰り出され、世界樹を大いに揺さぶっている。
 直接接触を避けている以上、夕べの敵とは比較しようもないが、あれとは明らかに別問題の存在だと、それだけは認識できている。
 レギュレーションギリギリ最上限というよりは、凶器持ち込みで失格だとか、そういう類の反則ではないのか。
 サーヴァント同士の戦いに、ああいうスーパーロボットを持ち込むというのは。

『追いかけっこが望みなら付き合ってやるぜ! アトミックパンチ!!』

 鋼鉄の巨腕が持ち上げられる。
 漆黒の鉄拳が突き出される。
 瞬間、火を噴き発射されたのは、腕そのものを弾頭として、放つ必殺のロケットパンチだ。
 それも10倍上のサイズ差があっては、当たりでもすればひとたまりもない。

「このっ!」

 道路に着地すると同時に、『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』をフルアクセル。
 ジグザグに通りを進みながら、迫り来るアトミックパンチを巻かんとする。
 しかし駄目だ。逃れられない。
 敵も間抜けではないのだ。自在に飛び回る鉄拳は、敵に狙いを定めれば最後、当たるまで追い続けるホーミングミサイルだ。
 建物を次々と薙ぎ倒し、立派なお屋敷を貫通し、なおも拳は勢いを増して、スバルへと襲いかかってくる。

(これ以上被害を拡げるわけには!)

 同時にスバルを襲ったのは、焦りだ。
 ここに生きている人間のほとんどは、命を持たないデータに過ぎない。
 しかし今まで壊された家屋に、記憶を失ったままでいる、生身の人間がいたとしたら。
 そう考えると、これ以上逃げ回り続けて、いたずらに被害を拡げるわけにはいかない。
 非合理的な判断だが、そのお人好しと甘さこそが、スバル・ナカジマという人間なのだ。

「はっ!」

 地を叩く。光を放つ。
 ウィングロードを展開し、上方に向かって駆け上がる。
 速く、早く。敵のロケットパンチが反応し、こちらに方向を転換するより。
 舵を取って空を駆け、唸りを上げるアトミックパンチと、すれ違う軌道へとロードを生成。
 一瞬の直感に身を任せ、鉄拳に飛び降り跨ると、左手を勢いよく振りかざした。

「ソード・ブレイク!」

 やるべきことは先程と同じだ。
 南無三と胸中で唱えながら、パンチに超振動をぶつける。
 先ほどとはサイズも強度も違うが、試すなら同じ要領でいけるはずだ。
 あとはこの宝具の神秘性に、このスキルが通じうるかどうか。

『チッ、やりやがったな!』

 結果は見事成功だ。
 舌打ちと忌々しげな声が聞こえた。
 迸る衝撃は鋼を伝い、光沢を放つ装甲板に、無惨な亀裂を走らせていく。
 たまらずアトミックパンチは、急速に方向転換して本体へ戻った。
 あまりの勢いに乗りかかったスバルが、振り落とされてしまったほどだ。
 宝具を傷つけるともなると、容易ではあるまいとは思っていたが、ともあれ奴のロボットには、通用することは明らかになった。
 ならばこの隙は逃さない。奴が態勢を立て直す前に、一気に決着をつけてやる。

「うぉおおおっ!」

 アトミックパンチが引っ込む前に、エンジンを全開で噴かせて突撃。
 逃げる時とは対照的に、一直線に疾駆する。

『ネーブルミサイル!!』

 それでも、敵も引き下がらない。
 腹部のハッチを開くや否や、襲い来るのはミサイルの雨だ。
 炎の尾を引く弾頭が、次々と腹から発射され、スバル・ナカジマの行く手を阻む。

「リボルバーシュートッ!」

 なるべくなら回避せず済ませたい。されどこれだけのサイズ差だ。シールドで受け止め続けるのはしんどい。
 すぐさまカートリッジをロードし、魔力弾にて撃墜を図る。
 一発、二発、五発、十発。
 青く輝く弾丸が、続々とリボルバーナックルから放たれ、上空に真っ赤な花火を咲かせる。

《キャスターさん、聞こえますかッ!?》

 その時だ。
 不意にスバルの脳内に、マスターの念話が飛び込んできたのは。

《聞こえるよ。どうしたの、響?》

 リボルバーシュートの手は緩めず、意識だけを念話に向けて、スバルは返事の言葉を送る。

《できればでいいんですが、そのままロボットの相手を、お任せしてもいいですか?》
《? どうして?》
《……風ちゃんとの話が、まだついてません。私はもう一度、あの子と話をしてみます》

 一瞬、眉がぴくりと動いた。
 反応が遅れ、取り逃がしたミサイルを、やむなく跳躍して回避した。
 爆風が容赦なく巻き起こり、足元からスバルへ襲いかかる。
 ばたばたとバリアジャケットを煽られながらも、次なるカートリッジをロードし、残る標的に照準を定める。

《あの子の言った願い事を、私はまだ知りません。
 それが私達の戦いの理由に、本当になってしまうものなのか……それを知らなきゃ、知らない顔で、戦うことなんてできません》
《それが本当に、響の道と、交わらないものだったとしても?》

 恐らく響の胸にあるのは、脱落したルイズとなのはのことだ。
 彼女らの願いは、響のそれとは、奇跡的にかち合わなかった。
 だからこそ争いを回避し、同盟を結ぶことができたのだ。
 ひょっとしたら、犬吠埼風相手にも、同じように力になれるかもしれない。

《構いません。戦い以外に道がなくても……それでも私は、きちんと相手と向き合いたい》

 たとえそれが、本当に、響にもスバルにも救えないものでも。
 恐らくは自分達と同じように、戦いをよしとしないであろう彼女が、それだけの覚悟を固めたというなら、それを真正面から受け止めたい。
 それが響の願いであり、スバルへのわがままの理由だった。

《……しょうがないな。でも、長くはもたないかもよ?》

 非合理なのは分かっている。
 それでも、同じ甘ちゃん同士、否定することなどできようか。
 爆発四散するミサイルの炎に、スバルは我が身を突っ込ませる。
 灼熱の煙を引き裂いて、再び地面へと向かう。

《平気ですッ! 最短で最速で真っ直ぐに――》
《――一直線で間に合わせます、だよね?》
《……はいッ!》

 最後に聞こえてきた響の念話は、少し弾んでいるように聞こえた。
 それでいい。天真爛漫とした彼女には、ハの字の眉毛は似合わない。
 彼女が笑顔で戦えるなら、己の決断を誇れるのなら、それこそが自らの存在の意義だ。
 着地しグレートを目指しながら、スバル・ナカジマはそう思った。
 風にマスターを攻撃する意思はない。グレートマジンガーの攻撃も、彼女のいる方向には向けられていない。
 それでも、困難な道なのは確かだ。
 だとしても、進むと彼女は決めたのだ。

「どぉりゃあああッ!」

 なればこそ、その決意に応えずして、何が英霊スバル・ナカジマか。
 再び飛び上がり、左手をかざす。
 遂に猛攻を突破し、目前にまで迫ったスバルが、ソードブレイカーを解き放つ。
 周波数は解析済みだ。叩きこめば容赦なく、あの装甲をぶち割ることができる。
 裂帛の気合を込めた一撃が、遂にグレートマジンガーへと、突き出されたその瞬間。

「……えっ?」

 何も、起こらなかった。
 叩きつけられた左腕は、しかしその黒い装甲を、僅かに揺さぶっただけだった。
 これは何だ。効いていないのか。どうしてこんなことが起こる。
 一度通用した攻撃が、二度目は通じなかったなどということは、生前にも起こらなかったはずだ。

『俺のグレートは特注品でな! 超合金ニューZの装甲は、素粒子レベルで姿を変えて、グレートマジンガーの武器となる!』
「なっ!?」
『つまり性質を変えちまえば、音波や振動波の攻撃にも、対処可能って寸法よ!』

 瞬間、驚愕するスバルを鉄拳が襲った。
 丸太をも凌駕するサイズの腕が、鋼鉄の質量で殴りかかったのだ。
 生身なら嘔吐していただろう。脳髄すら揺さぶる衝撃に、容赦なくスバルは吹き飛ばされる。

(傷が、ない……!?)

 そして意識が薄れる直前、一瞬に視界をよぎったものを、スバルは決して見逃さなかった。
 家屋の壁に叩きつけられ、目を覚ましたスバルが思い出したのは、亀裂の消え去った装甲板だ。
 今の一撃に対策を打たれ、ソードブレイカーの効力を、極限まで殺されたことは認めよう。
 しかしそれ以前に負わせた傷まで、回復しているというのはどういう理屈だ。

『そして空中元素固定装置! こいつが実現した回復機構は、このくらいのダメージなら、本体に戻った瞬間に修復可能!
 グレートマジンガーを倒してぇのなら、一撃で吹っ飛ばすくらいの気概でかかってきな!』

 慢心ではない。これは威圧だ。
 突きつけられたその答えは、絶望的な現実だった。
 要するに、こうか。
 グレートマジンガーは、一度浴びせられた超振動に対し、即座に対策を講じてくる。
 その上その都度チューニングを行い、異なる振動をぶつけたとしても、ダメージはすぐさま回復されてしまう。
 超合金ニューZだけならまだいい。攻撃側と防御側で、位相を書き換え合うチューニング合戦に持ち込むだけだ。
 しかしそこに超再生と、絶大なパワーが加われば、もはやその差は生半可なものでは、埋めがたいものになってくる。

(可能性があるとするなら、マスターにかかる魔力負荷か……)

 もちろん、これほどの絶大な威力を誇る宝具だ。
 犬吠埼風が超人だったとしても、この力を維持するだけでも、相当な負担がかかるだろう。
 だからこそ、ライダーは最初からグレートを出さず、ブレーンコンドルで挑んできたのだ。

(……でも、ちょっとまずいかも)

 かといって、魔力切れを悠長に待てるほど、こちらが持ちこたえられるかどうか。
 町を守り、響を守り、あれだけの鉄巨人の猛威の前に、耐え抜くことができるのか。
 大見得を切ってみたはいいが、請け負ったこの仕事は少しばかり、キャパシティオーバーだったかもしれない。
 空へと聳える黒鉄の勇姿を、土埃を払い見上げながら、スバルは苦々しげに笑った。


 駆ける。走る。前へと進む。
 瓦礫の山を飛び越えながら、風の飛び去った方角を目指す。
 スバルは了承してくれたが、彼我の実力差を読み取れないほど、立花響も間抜けではない。
 わがままを通しているからには、彼女が力尽きる前に、速やかにカタをつけなければ。

「――風ちゃんッ!」

 そして、遂に響は見つけた。
 灰色のコンクリートジャングルの中で、一輪だけ咲いたオキザリスを。
 太陽のごとき彩りを放つ、犬吠埼風の黄装束を。

「っ! 響、さん……」
「よかった、見つかった……」
「……何をしに来たんですか。敵だって、あたし言いましたよね」

 警戒し、大剣を突き出しながら、風は響に尋ねてくる。
 シンフォギアを使うつもりはない。敵意を真っ向から向けながらも、立花響は未だ無手だ。
 使えないという理由もあるが、マスターを殺す気はないという彼女の言葉に、嘘偽りがないのなら、その剣はただのポーズのはずだ。
 そうなのだと、響は信じたかった。

「ちゃんと、聞いてなかったからさ。聖杯がなくちゃ叶わない、風ちゃんの叶えたい願いを」

 だからこそ、立花響はストレートに、用件を犬吠埼風へとぶつけた。

「そのためだけに、こんな……?」
「大事だと思ったんだ。助け合って解決するためにも……それが本当に叶わなくって、戦わなくちゃいけなくなったとしても」

 思い返すのは、夕べの戦いだ。
 憎しみのオッドアイで睨みつけてきた、あの両備という少女の姿だ。
 彼女の復讐という動機に対して、どのようなリアクションを取ればいいのか、響にはどうしても分からなかった。
 それでも、もしもそれを聞くことがなければ、どんな言葉をかければいいかと、考えることすらもできなかっただろう。
 それは恐らく、彼女に対して、とても失礼なことだと思った。
 どれほど両備が――犬吠埼風が、余計なお世話だと拒絶したとしても。
 願いを懸けてぶつかり合うなら、いずれ踏みにじるかもしれない願いを、背負っていかなければならないのだ。

「……これです。聖杯で叶えたい、あたしの願いは」

 一拍の間を置いて、風が言う。
 剣を握っていない方の手が、左目を覆う眼帯をめくった。
 瞳自体は健在だ。しかし、恐らく見えていない。
 視力を伴っているのなら、機能しているはずの目を、わざわざ隠すはずもない。

「あたし達は、神樹の勇者……こことは違う別の世界で、町の人達を守るために、怪物と戦ってきました」

 犬吠埼風は静かに語る。立花響とは似て非なる、護国の戦いの記憶を。
 大規模なバイオハザードの発生により、外界から隔絶された四国――それが風達の故郷だった。
 しかし、脅威はそれだけではなかった。外なる世界からは、バーテックスなる怪物が、神の結界を壊さんと、次々と襲いかかってきたのだ。
 それと戦うために、風と仲間達は、神樹の力を授けられ、勇者となって戦ってきた。
 強大な力の代償として、己が体の機能の一部を、供物と変えて捧げながら。

「あたしだけならまだよかった。片目が見えないくらいなら、どうってことはありません。それなりに苦労はしたとしても、面白おかしく生きてはいけます」

 されど、違う。事の本質はそこにはない。
 問題は自分以外の仲間達に、降りかかった悲劇の方だ。
 ある者は不自由な体から、片耳の聴覚まで奪われた。
 ある者は味覚を喪失し、食べる楽しみを失ってしまった。
 そしてある者に至っては、歌手を夢見ていたというのに、声を出すことが叶わなくなった。

「全部、あたしの責任です……あたしが巻き込んだばっかりに、みんなは自由を、喜びを……夢と生き甲斐までなくしてしまった」
「風、ちゃん……」
「だからあたしは聖杯が欲しい! 神様に持っていかれたものも、同じ神話の力なら、取り戻せるかもしれないから!」

 それが勇者部部長として、皆に居場所と喜びを与え、同時に大切なものを奪った、犬吠埼風の責任だから。
 たとえ皆が許してくれても、取り戻せる可能性があるのなら、手を伸ばさなければならないのだ。
 そうでなければ、胸を張って、皆のもとへと帰れるものか。

「これがあたしの願いです。響さん……貴方にはあたしのこの願いを、受け止める覚悟がありますか?」

 光と湛えた右の瞳と、光を失った左目と。
 決意を込めた風の視線が、真正面から響を射抜く。

「私は……」

 動揺し、響は言葉に窮した。
 両備のそれとも大きく異なる、健全で、かつ切実な願いだ。
 それも自分の体と共に、聖杯に治癒を願ってやるとは、到底言い出せない覚悟の重さだ。
 甘かった。予想外の返答に、声を詰まらせた。
 この中学生の幼い体に、途方もない業を背負った少女に、響は何と答えればいい。
 自らに、改めて問い直した。
 背負う覚悟は胸にあるか。
 この願いを踏みにじってでも、己を貫ける覚悟はあるか。


『ニューZの真髄を食らいな!』

 大気を引き裂く音がする。
 びきびきと音を響かせながら、グレートマジンガーが変質していく。
 人体を模していたはずの右腕は、大きな槍の穂先へと変わった。
 螺旋を描くそのフォルムは、諸共に纏っている空気すらも、切り裂いている錯覚すら覚えた。

『ドリルプレッシャーッ!!』

 巨大な衝角が炎を放つ。
 どんっ――と鼓膜を揺さぶりながら、猛烈な勢いで回転しながら、それはスバルへと襲いかかる。
 あれは槍などではなかった。弓より放たれる鏃だ。
 文字通りの巨大なドリルと化した、グレートマジンガーの右腕が迫る。

「くっ……!」

 あれはさすがにどうしようもない。
 あんなものを向けられては、バリアで受け止めることもできない。
 疲弊した体に鞭を打ち、飛び上がり回避することを選んだ。
 既に限界が近かった。動いて戦うことならできても、攻撃に対処し続けるのが無理だ。
 そして一度でもしくじったなら、まともに直撃を受けたのならば、その瞬間スバルは絶命する。
 即死にまでは至らずとも、致命傷にはなるはずだ。二撃目を回避する余裕を失い、どの道死を迎えることになるのだ。

(もう、ここまでかな……!)

 ここが矛の納めどころか。
 今すぐ響に念話を飛ばし、撤退を指示するべきタイミングか。
 だが、退くことを決めたとしてどうする。背中を向けた自分たちを、やすやすと見逃してくれるだろうか。
 吼えるドリルプレッシャーが、眼下を突き抜け家屋を貫く。
 深々と石畳をえぐりながら、爆音を立てる一撃を尻目に、スバルはひたすらに退路を探った。

『何だ、アイツらはっ!?』

 その時だ。
 瞬間、ライダーの声色が変わった。
 はっとしてスバルが振り返ると、そこに姿を現したのは、見覚えのない2つの影だ。
 片や氷のように透き通る、巨大な装甲を纏った男。
 片やF1カーのような、タイヤとマフラーを身に着けた男。
 それらが倒壊した屋敷の方から、同時に姿を現して、こちらに向かって突っ込んでくる。
 いいや、着地したスバルをスルーし、彼方のグレートマジンガーへと、一直線に突き進んでいく。

(今しかない!)

 何だか知らないが、これは好機だ。
 あれがグレートを引きつけてくれるなら、その隙に離脱するしかない。
 スバルの行動は素早かった。すぐさまウィングロードを展開し、響のいる方向へと走った。

《響! 悪いけどもう時間切れ! 撤収するよ!》
「スバルさんッ!?」

 マスターへ送った念話の返事は、肉声によって届けられた。
 つまりはまさに目鼻の先だ。剣をその手に携えた風と、丸腰のままの響とを、レンジに捉えた状態だ。
 手出しはしない。そこは死守する。
 しかしマスターの安全だけは、確実に確保させてもらう。

「わぷッ!?」

 ヴァリエール邸を脱した時のように、響を強引に小脇に抱えた。
 そのままロードの方向を、反転させて走り去った。

「響さん! くっ……!」

 背後からはうめきが聞こえる。やはりグレートの維持のために、相当な魔力を浪費したらしい。
 追いかける余力がないのなら、ここは互いの安全のためにも、遠慮無くトンズラさせてもらう。

(ここは、感謝した方がいいのかな……)

 そしてグレートマジンガーと対峙する、見知らぬ人影を背後に見ながら、スバルはそう思考した。
 彼女も、そしてライダーも知らない。
 フロストマンとターボマンという、あれらが与えられた名前を。
 あれらが未知のサーヴァントによって、作られ命を与えられた、生きた宝具であることを。
 そして彼らは彼我の事情も、まるきり理解せぬままに、マスターの拠点を守るという命を、ただ実行しているに過ぎないということも。


(少しばかり、飛ばしすぎたな!)

 気付けば感じ取れる風の気配が、かなり弱々しくなっている。
 どうやらキャスターとの戦いで、相当に魔力を搾り取ったらしい。
 情けない。こんなザマがプロの仕事か。
 己をきつく戒めながら、ライダーのサーヴァント――剣鉄也は、迫り来る敵の姿を見やった。

「フン!」
「フガァッ!」

 炎のリングを飛ばしてくる相手と、氷の塊をぶつけてくる相手。
 どちらもグレートマジンガーを、揺るがすには至らない敵だが、このまま放っておくのも鬱陶しい。
 風の余力を考えるなら、下手に時間はかけられない。邪魔者は一撃で消し飛ばすべきだ。

「目障りだ、失せなっ! サンダーフィィィルドッ!!」

 叫びを上げたその瞬間、上空の空模様が一変した。
 グレートマジンガーの力は、時に天候すらも操り、己が最大の武器を呼び寄せる。
 ライダーの宝具の最強武装は、天より注ぐ雷を、自らの力と変えたものだ。
 轟――という音を置き去りにして、光と雷電がグレートを撃つ。
 必殺パワー、サンダーブレーク。本来は直射すべきそれを、自身の機体へと纏わせ、無敵の矛と盾を両立する術だ。

「グォォッ!」
「フンガァアア……ッ!」

 そして至近距離の敵に対してなら、グレートを伝う雷のヴェールは、それだけで範囲攻撃となり得る。
 相応に出力は絞ったが、それでも最強武装の転用だ。
 名も知らない2体のアンドロイド――フロストマンとターボマンは、断末魔の悲鳴だけを残して、あっという間に消滅した。

「チッ!」

 もはやキャスターの姿は見えない。探したところで追うつもりもない。
 ブレーンコンドルを切り離し、グレートを表舞台から引っ込める。
 さながら蜃気楼のように、巨人が影も形もなく、ユグドラシルから姿を消した。
 そしてそれを確かめもせぬまま、鉄也はブレーンコンドルを、猛スピードで風へと向けた。

「マスター、無事か!」

 着陸など待てないと言わんばかりに、鉄也は操縦席から飛び降りる。
 直後に、着陸シーケンスに移ったブレーンコンドルが、背後で道路へと降り立つ。
 そのバーニア音をバックにしながら、鉄也は風へと駆け寄って、その安全を確かめた。

「平気よ、ライダー……ちょっと動くのは、億劫だけど」

 大きな剣を杖にしながら、風が鉄也を迎え入れる。
 そしてグレートマジンガーが、そこにないことを確かめると、変身を解除し装束を戻した。
 家から出る時に着ていた、学生服姿へと戻ると、支えを失った体は、軽くふらつき前のめりになる。
 命には別状はないようだが、これほど疲弊した状態となると、徒歩での撤収は難しいだろう。

「ブレーンコンドルで、適当なところまで飛んでく。乗れるか?」

 戦闘中かなりの数の住民が、逃げていく様を見ているが、兵隊や高位の魔術師が、ここに現れないとも限らない。
 風が無言で頷くのを確かめると、背中を軽く押しながら、足早にブレーンコンドルへと向かった。
 魔力切れに気を配り、速攻で仕留めると決めておきながら、全くなんという有様だ。
 それなりに追い込んだつもりだが、こちらも追い込まれてしまった。これではまるで痛み分けだ。

「ズルいこと、言っちゃった」

 操縦席に乗り込みながら、ぽつりと、風が呟いた。
 意識を向けていなければ、聞き逃していたかもしれない、弱い声音だ。

「あのマスターにか」
「試すような……っていうか、脅すようなこと言っちゃってさ。ヤな奴よね、あたし」

 笑ってはいる。
 つとめて軽い口ぶりでいる。
 それでも疲労の残る顔に、色濃く浮かび上がっているのは、強い自己嫌悪の念だ。
 この顔を、忘れまいと思った。
 剣鉄也はあくまで戦士だ。カウンセラーでない以上、人の心の機微にはどうしても疎い。
 それでも、自分がしっかりとしていれば、こんな顔をさせる間もなく、敵を倒すことができた――それは間違いないことだ。

(二度と)

 二度とこんなヘマは犯さない。
 次はこんな失策は犯さず、確実に仕事を遂行してみせる。
 次の命を仮定する時点で、戦闘者として二流ではあるが、それでも今の剣鉄也は、そう思わずにはいられなかった。



【G-4/特級住宅街・ブラッドレイ邸近く/一日目 午前(放送直前)】

【立花響@戦姫絶唱シンフォギアG】
[状態]魔力残量6割、戸惑い
[令呪]残り二画
[装備]ガングニール(肉体と同化)
[道具]学校カバン
[所持金]やや貧乏(学生のお小遣い程度)
[思考・状況]
基本行動方針:ガングニールの過剰融合を抑える方法を探す
1.スバルと共に自宅へ戻る
2.風に対して……?
3.両備の復讐を止めたい
4.出会ったマスターと戦闘になってしまった時は、まずは理由を聞く。いざとなれば戦う覚悟はある
5.スバルの教えを無駄にしない。自分を粗末には扱わない
[備考]
※E-4にある、高校生用の学生寮で暮らしています
※高町なのはを殺害した犯人(=忌夢および呀)の、外見特徴を把握しました
※シンフォギアを纏わない限り、ガングニール過剰融合の症状は進行しないと思われます。
 なのはとスバルの見立てでは、変身できるのは残り2回(予想)です。
 特に絶唱を使ったため、この回数は減少している可能性もあります。

【キャスター(スバル・ナカジマ)@魔法戦記リリカルなのはForce】
[状態]全身ダメージ(大)
[装備]『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』、包帯
[道具]なし
[所持金]なし
[思考・状況]
基本行動方針:聖杯を手に入れて、響を元の世界へ帰す
1.響を連れて自宅へ戻る
2.金色のサーヴァント(=ハービンジャー)、グレートマジンガー(=剣鉄也)を警戒
3.戦闘時にはマスターは前線に出さず、自分が戦う
[備考]
※4つの塔を覆う、結界の存在を知りました
※予選敗退後に街に取り残された人物が現れ、目の前で戦いに巻き込まれた際、何らかの動きがあるかもしれません
※高町なのはを殺害した犯人(=忌夢および呀)の、外見特徴を把握しました
※グレートマジンガーの持つ武装と、魔神パワー「再生」「変態」の存在を把握しました


【犬吠埼風@結城友奈は勇者である】
[状態]魔力残量2割、衰弱、自己嫌悪
[令呪]残り三画
[装備]ブレーンコンドル(搭乗中)
[道具]スマートフォン、財布
[所持金]やや貧乏(学生の小遣い程度)
[思考・状況]
基本行動方針:優勝し、聖杯を手に入れる
1.鉄也と共に自宅へ戻る
2.響を突き放した自分への自己嫌悪
3.人と戦うことには若干の迷い。なるべくなら、サーヴァントのみを狙いたい
4.魔力消費を抑えるため、『偉大な勇者(グレートマジンガー)』発動時は、戦闘は鉄也に一任する
5.鉄也の切り札を使うためにも、令呪は温存しておく
[備考]
※D-3にある一軒家に暮らしています
※『魔術礼装を持った通り魔(=鯨木かさね)』『姿の見えない戦闘音(=高町なのは)』の噂を聞きました
※『姿の見えない戦闘音』の正体が、特級住宅街に居を構えていると考えています。既に脱落していることには気付いていません

【ライダー(剣鉄也)@真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍】
[状態]健康、屈辱
[装備]ブレーンコンドル(操縦中)
[道具]なし
[所持金]なし
[思考・状況]
基本行動方針:サーヴァントという仕事を果たす
1.風と共に自宅へ戻る
2.風の魔力を必要以上に浪費した、自分の不甲斐なさに苛立ち
3.グレートマジンカイザー顕現のためにも、令呪は温存させる
[備考]
※『魔術礼装を持った通り魔(=鯨木かさね)』『姿の見えない戦闘音(=高町なのは)』の噂を聞きました
※『姿の見えない戦闘音』の正体が、特級住宅街に居を構えていると考えています。既に脱落していることには気付いていません

【『DWN(ドクター・ワイリー・ナンバーズ)』 】
【DWN.056 ターボマン@ロックマン7 大破】
【DWN.062 フロストマン@ロックマン8 大破】


[全体の備考]
※特級住宅街全域に、甚大な被害が発生しました。
 無数の家屋、およびG-4のブラッドレイ邸の一部が破壊されています。
※剣鉄也が宝具『偉大な勇者(グレートマジンガー)』で戦闘を行いました。
 尋常じゃないほどに悪目立ちしたため、「特級住宅街の巨大ロボット」の噂が、急速に広まりつつあります。



BACK NEXT
膠着期間 投下順 第一回定時放送
膠着期間 時系列順 第一回定時放送

BACK 登場キャラ NEXT
出撃! 偉大な勇者 立花響 -
キャスター(スバル・ナカジマ -
犬吠埼風 -
ライダー(剣鉄也 -