※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不屈 ◆nig7QPL25k


「がっ……!」

 無様な声を上げながら、男が一人倒れ伏す。
 包丁を片手に現れた、取るに足らない通り魔だ。確か、ハリウッドと名乗っていたか。

「こいつじゃない」

 不埒な男を見下ろしているのは、如意棒を携えた女――忌夢だ。
 眼鏡の向こうの眼差しは、不機嫌そうにひそめられている。
 当然だ。探していたはずの通り魔は、この男ではなかったからだ。
 サーヴァントを召喚することもなく、魔術礼装も持っていない。
 令呪を確認するまでもなく、これが噂のマスターでないことは、察することができた。

「喰え、バーサーカー」

 背後の暗黒騎士へと命じ、その魂を取り込ませる。
 恐らくこの男は、どこかに潜んだマスターによって、幻術か何かで操られたのだろう。
 あるいは、人を操る礼装によって、切り裂かれた被害者なのかもしれない。
 こんな奴が出歩いているということは、既に本物の通り魔は、雲隠れしているのかもしれない。
 であれば、これ以上の探索は無駄か。今夜はこのまま家に帰って、明日に備えて寝るべきか。

「……?」

 その時だ。
 遠くの方から、爆発の音が、聞こえてきたような気がしたのは。

(あっちは確か、特級住宅街か?)

 そういえばこの街にはもう一つ、噂があったことを思い出す。
 姿を現さぬ戦闘者の、正体不明の爆発音だ。
 あるいはその音の主が、この先で戦っているのかもしれない。
 潰し合うのなら好きにすればいいが、生き残った者を仕留められれば、こちらも優勝に近づける。

(行ってみるか)

 無理はしない。だが見逃すこともしない。
 忌夢は爆発の方に向かって、ゆっくりと歩みを進み始めた。


 時間は少し巻き戻る。
 これは開戦の直前――一撃目をかわした高町なのはが、襲撃者と対峙した時のことだ。
 黄金の鎧を身にまとい、不敵に笑う大男を、視界に捉えたその時のことだった。

「……戦う前に、一つ聞かせて。貴方とそのマスターの目的は何?」

 抱え込んだマスターのルイズを、ゆっくりと道路へ下ろしながら。
 油断なく襲撃者を睨み据え、メンターのサーヴァントは問いかける。
 戦闘は避けたいのが本音だ。聖杯の完成は、できることなら、阻止したいと考えている。
 願いを叶えることよりも、その過程で失われる、命を守ることの方を優先したい。
 それはルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールもまた、理解してくれていることだった。
 理解して、くれているはずだ。

「知らねぇよ。俺のマスターはそんなこと、聞いても話しちゃくれなかったからな」

 それを一笑に付したのが、現れたキーパーのサーヴァントだ。
 粗野な顔立ちはならず者のそれだが、身にまとう金色のオーラには、強者の放つ気迫がある。
 単純な戦闘能力では、あるいは自分すらも上回るかもしれない。
 打算で考えたくはないが、今後の戦況を考えても、敵にしておきたくはない男だった。

「望みも持たずに人を襲うだなんて……」
「英霊の倫理にもとる、ってか。そいつは見当外れだな。
 ここまで生き残ってきた連中は、どいつもこの戦いを受け入れ、勝ち抜いてきた奴ばかりだ。
 殺しも殺されも覚悟して、戦場に立った奴を相手に、そいつを言うのはお門違いだろ?」

 それは違う。ルイズにそんな覚悟はない。
 偶然巻き込まれた上に、自分勝手な戦いはしないと、面と向かって言われているのだ。
 そう言いかけた己の言葉を、しかしなのはは飲み込んだ。
 分かっていたはずだ。それはあくまで少数派。
 あのスバル・ナカジマがそうであるように、多くのマスターとサーヴァントは、聖杯を獲る覚悟を決めている。
 それを考えられなかったのは、予選の全ての戦いを避け、結界に閉じこもっていたが故か。

「……そっちの理屈に巻き込むな、とは、言わせてもらえないんだね」
「あんまり興ざめなことを言うんじゃねえよ。マスターの願いなんざ知らねぇが、俺にはやりたいことってのはあるんだ」

 これ以上の言葉は通じない。
 少なくとも、交渉の前提条件を知らないキーパーには、どんな取引も通用しない。
 であれば、戦いは避けられないか。
 できるのか。未だ身を守る術しか知らない、未熟なマスターを庇いながら、この敵を退けることが。
 張り詰めた空気がその場を満たし、月明に頬の汗が光る。

「っ!」

 瞬間、敵の姿が膨れた。
 先に動いたのはキーパーだ。策もブラフも何もない、真っ向からの突進だ。
 恐らく速度は敵の方が速い。不意を打たれたこの状況では、回避の加速は追いつかない。

「このくそったれた状況で、少しはマシな戦いをする――そいつがこの俺の望みってやつよ!」

 至近距離。次に来るのは拳か。
 低く踏み込んだ姿勢から、恐らくはアッパーが来るだろう。
 杖を繰り出す。呪文を紡ぐ。防御のラウンドシールドを展開。

(え――!?)

 何だ、これは。
 明確に知覚できたのはそこまでだ。
 その疑問の内容が、いかなものであったのかも、認識することはかなわなかった。

「あぅっ!」

 その前に猛烈な鉄拳が、杖ごとなのはを吹き飛ばしたからだ。
 砕け散る桜色の魔力光と共に、白いジャケットが宙を舞う。
 重い。とてつもなく強い。思考が途切れてしまったのは、意識が飛んでいたからかもしれない。
 サーヴァントとして強化されたはずの体が、ぎしぎしと軋み始めている。
 痛む体を強引に動かし、飛行魔法で姿勢制御。杖の先端に魔力を込めて、牽制の準備を整える。

「アクセルシューター!」

 解き放たれたのは流星雨。
 光り輝く奇跡を描く、高速の誘導射撃魔法だ。
 出し惜しみはしない。総計32の魔力弾を、発射タイミングをずらしつつ、次から次へと叩き込む。
 夜空を切り裂く魔弾の数々を、しかしキーパーは捌ききった。
 ほとんど不可視と言っていい、とてつもない速度の手捌きで、次々と弾丸を叩き落としたのだ。

(あれだ……!)

 攻撃を低速のディバインシューターに切り替え、ルイズを庇うように位置取りながら、なのはは敵を見定める。
 先の拳に感じた驚異は、正確には重さに対してではなかった。
 キーパーの放った鉄拳は、あまりにも素早すぎたのだ。
 予測通りの攻撃だった。防御の展開時間もあった。
 にもかかわらず、黄金の右アッパーは、ラウンドシールドの完成前に命中し、不完全な防御を打ち砕いた。

「レイジングハート!」

 己が宝具へと問いかける。
 『不屈の心はこの胸に。そしてこの胸に小さな勇気と奇跡を(レイジングハート・エクセリオン)』へと、拳の正体を問いただす。

『敵の攻撃速度の平均は、29万9千メートル毎秒。光の速度に匹敵します』
「光速!?」

 音速の間違いではないのかと、なのはは相棒へと問い返した。
 そもそも数度見ているとはいえ、そこまで出鱈目な速度を、よくもまあ計測できたものだ。

『マスターが初撃を回避できたのは、サーチャーで襲撃を察知し、攻撃を実行する前から、回避行動を起こしていたからです』
「つまり、それは……」
『まぐれです』

 まともに相手をしていては、とてもかわしきれはしないと。
 インテリジェント・デバイスが導いたのは、絶望的な回答だった。

「知らずにかわしたってのか。そいつはある意味すげぇ話だ」

 せせら笑うキーパーに対して、なのはは緊張した表情を浮かべる。
 それほどの速度があるのなら、もはやマスターの力量が、整っているいないの話ではない。
 一瞬でもマスターの懐に入られれば、ルイズでなくても間違いなく即死だ。
 であれば通すわけにはいかない。距離が開いた状態のまま、一歩も動かさずに制圧する。

「バスター!」

 もはやなのはに躊躇はなかった。
 足を止めるための攻撃ではなく、敵を倒すための攻撃に移った。
 砲撃魔法、ディバインバスター。高火力での遠距離戦を得意とする、高町なのはの必殺技だ。
 膨大な魔力の奔流は、太陽の光輝すらも飲み込み、塵一つ残らず焼滅させる。

「――無理すんなよ!」

 その、はずだった。
 しかし耳に飛び込んできたのは、直撃を受けたはずのキーパーの声だ。
 それもそのはず、なのはが狙った太陽の鎧は、既にその場には見当たらない。
 そこにいたのは太陽ではなく、暗がりに溶けて潜む闇だ。

「シャドーホーンッ!」

 振り返った背後に現れたのは、不定形の黒い影。
 それが形と色をなし、再び現れたのが黄金の鎧だ。
 恐らくは身を歪め姿を変えて、縦横無尽に駆け巡り、ここまで回り込んできたのだろう。

「ぐっ!?」

 それだけの思考ができたのは、背後から殴り飛ばされて、距離を開けられた後だった。

「メンター!」
「別にこのガキが目当てじゃねえんだ。お前を倒すことができれば、それでも勝利条件は整う」

 ルイズの上げた声に対して、キーパーは振り向きもしなかった。
 その存在をまるきり無視し、あくまでも道路に転がるなのはに対して、鎧の男は語りかける。

「雑魚の骨をへし折ったって、大して面白みもありゃしねえんだ。それよかお前と戦った方が、いくらか戦り甲斐もあるってわけよ」
「くっ……!」
「さぁ、来いよ! タイマン張ってやるって言ってんだ! 他のことなんざ全部忘れて、ぶっ殺すことだけ考えて来いや!」

 両手を大きく広げながら、キーパーは高らかに宣言した。
 易い敵を眼中にも置かず、強い敵だけを狙って戦う。それは間違いなく驕りだ。
 しかし彼ほどの大英霊ともあれば、それは相応の自信に変わる。
 やれるのだ。そんな非効率な戦いが。
 そう確信できてしまうことが、何よりもぞっとする話だった。


「勝手言ってんじゃないわよ、キーパーの奴……!」

 そしてそんな状況を、苛立ちと共に見る者がいる。
 恐らく戦いの現場で、最も不機嫌そうな顔をしているのが、キーパーのマスターであるはずの両備だ。
 屋根の上に身を潜めながら、彼女はしもべであるハービンジャーの姿を、じっと見下ろしていたのだった。

(どう考えたって、あの貧乳チビを殺した方が、さっさと片付く話じゃない!)

 自分の体型は棚に上げながら、両備はそんなことを思う。
 警備の連中が騒ぎだそうと、魔術師達が割り込んでこようと、そんなことは問題ではない。
 あの激烈な強さを持ったハービンジャーなら、NPC連中ごときは造作もなく、蹴散らすことが可能だからだ。
 両備が問題視しているのは、NPCではなくPC――他のマスターの介入である。
 あのメンターなるサーヴァント、実力で劣っている割にはよく粘る。
 タイマンでなら勝てるだろうが、他に一人二人と数が増えれば、また結果も変わってくるかもしれない。

(もういい! あいつは両備が殺る!)

 そうなっては危険だ。
 魔力の少ない両備には、長期戦をする余裕などないのだ。
 長大なスナイパーライフルを取り出し、眼下の敵マスターに狙いを定める。
 敵味方が好き勝手に暴れ回り、照準を遮る戦況下においては、狙撃の難易度は跳ね上がる。
 だが、何もしないよりはマシだ。自分はお荷物ではないのだ。
 魔力がなかったとしても、只人を超越した忍であるなら、こうして戦うことはできる。
 それを分からせてやると考え、両備は一人スコープを覗き、トリガーを引くタイミングを待った。


「エクシードモード!」

 高町なのはの装束が変わる。
 ミニスカートの丈が伸び、赤いリボンが姿を消す。
 より戦闘的になったスタイルこそ、高町なのはの本領だ。
 燃費を犠牲にしながらも、長所を伸ばしたこの姿ならば、彼女の戦闘能力を、100%発揮することができる。

「はっ!」

 マスターの魔力を使い切らない程度に、それでいて最大限の火力を展開。
 無数の弾丸を織り交ぜながら、敵の退路を塞ぎつつ、大火力の砲撃を叩き込む。

「ぬぉおおッ!」

 それでも致命傷には至らなかった。
 爆煙をかき分け現れるのは、絢爛豪華な暴れ牛だ。

「嘘でしょ!? 今のも効いてないの!?」

 ルイズが悲鳴にも似た声を上げる。
 正確にはそれは誤りだ。鎧から覗いた強面の顔には、微かに傷がついている。
 問題はそのダメージが、奴にとってはあまりにも、些細なものにしかならなかったことだ。

『Protection!』

 攻撃動作に入られてからでは遅い。どこから攻められても構わないように、全身を覆うタイプの魔法を選択。
 サーヴァント化して強化された感覚を研ぎ澄まし、なおかつ経験則で攻撃の狙いを予測しても、恐らく攻撃の先を打てるのは一発。
 これがかのアーサー・ペンドラゴンのように、超高度の直感スキルの持ち主であれば、四度か五度は凌げるだろう。
 それができないのであれば、無理に捌くことはしない。真っ向から受け止める以外に防御策はない。

「でぇいっ!」

 それでも、その目論見をご破産にするのが、キーパーの豪腕の破壊力だ。
 振りかざす拳が雷を纏った。バリアと接触するストレートが、炸裂し稲妻を撒き散らした。
 ルイズも巻き込まれるのではないか。一瞬そう思えるほどの余波が、スパークを形取って爆散し、石畳を次々と抉り壊す。
 今のでバリアの耐久力の、そのほとんどが削り取られた。恐らく次は耐えられない。
 無駄な壁は壊される前に、壊して有効に使わせてもらう。

「バースト!」

 攻勢防御、バリアバースト。
 展開した防壁を爆発させ、対象を吹き飛ばす荒業だ。
 魔力の調節を行えば、衝撃だけを自分にも伝え、無理やり距離を開けることもできる。
 目眩ましの爆煙から飛び出し、上空で姿勢制御を取った。
 敵がラッシュを仕掛けてくるのではなく、一撃の重みで仕留めにかかるタイプだったのは、ある意味では僥倖だったと言える。
 そういうタイプの人間であったなら、こんなことをできるような、隙を作られることもなかった。

(あれは……!)

 これもまた、だからこそなのかもしれない。
 飛び退ったその先で、銃を構える何者かの姿を、見下ろすことができたのは。

(間違いない! あの子……このサーヴァントのマスター!)

 茶色い髪を二つに結んだ、ティーンエイジャーの女の子だ。横顔から感じられる年齢は、ルイズや響と同じくらいか。
 屋根の上に寝そべりながら、その手に握っているものは、物々しいスナイパーライフル。
 これはキーパーも承知しているのか、あるいはマスターの独断なのか。
 黒光りする銃口は――地上のルイズへと向けられている!

《マスター、危ないっ!》
「えっ!?」

 念話で危険を訴えながら、自身は杖を少女へと向ける。
 アクセルシューターを形成し、手元目掛けて一発発射。
 引き金を引くその直前。なんとか着弾が間に合った。

「きゃっ!?」

 悲鳴と共に、トリガーが引かれる。
 ぱぁんと撃たれた銃弾は、しかし狙いからは大きく外れ、明後日の方向へと消えていった。

「何すんのよ!」
「それはこっちの台詞!」

 こちらを睨みつけキレる少女に、なのはは至極真っ当な反論を返した。

「余計なことすんじゃねえ! 勝負が終わっちまうだろうが!」
「何よ! 終わらせようとしてんじゃな……、ぅあっ!?」

 揉めているところを狙って、マスターにバインド魔法を仕掛けた。
 キーパーには通用しないだろうが、相手は生身の人間だ。すんなりと拘束は成功し、銃は無様に屋根を転がる。

「ごめんね。お話は後で聞かせてもらう。だから今は、そこでじっとしてて」
「……ふん! 両備を懐柔しようったって、無駄よ」

 先の話のことを言っているのだろうか。
 どちらにせよ、今の自分には交渉の余裕はない。
 何しろ敵の実力を考えれば、逃走という選択肢すら取れないのだ。
 すぐさまなのはは戦線に戻り、敵サーヴァントを睨み据えた。

「今までの流れで、だいたい分かった」

 対峙するなのはを見据え、キーパーが言う。

「お前のその戦い方……俺を恐れてるってだけでもなさそうだ。
 どうやら殴り合いを避けて、飛び道具で制圧するスタイルが、元から得意だったってクチみてぇだな」

 小休止のつもりなのだろうか。
 両腕を胸の高さで組んで、黄金のサーヴァントが語りかける。

「そいつは俺の趣味じゃねえが……まぁいい。だったらこっちもお望み通り、そいつに合わせてやろうじゃねえか!」

 否。違った。
 あれは余裕の構えではなく、攻撃の予備動作だったのだ。
 それを悟ることになるのは、異常な魔力の高まりを、なのはが感じた瞬間だった。

(これは、何……!?)

 迸る黄金が空気を歪める。
 轟然と唸る雷が、キーパーの周辺でぱちぱちと弾ける。
 何をしようとしているのか。そこまでは理解が及ばなかった。
 だが確実に、何かがある。恐らく相手が狙っているのは、宝具クラスの必殺技だ。
 これまでとは比較にならない一撃が、来る。

(シールドとバリアを最大出力……!)

 間に合え。そう心に念じ続けた。
 防御魔法を限界まで強化し、迫り来る何かに向けて備える。
 当然突っ立っているつもりもない。光の翼を羽ばたかせ、上空への退避を図ろうとする。
 しかし、そちらは遅かった。
 これより放たれるキーパーの絶技を、完全にかわし切るためには、加速が足りなかったのだ。

「――『偉大なる金牛の驀進(グレートホーン)』 ッ!!!」

 そのことを理解することすら、高町なのはには許されなかった。
 雄叫びが戦場を揺るがした瞬間、メンターのサーヴァントの思考は、爆音と雷光の彼方へと消えた。


「なっ……」

 何よそれは。
 それを言うことすらかなわず、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、へなへなとその場にへたり込んだ。
 目の当たりにした光景は、それほど衝撃的なものだったからだ。
 キーパーが何事かを叫んだ瞬間、世界の光景は一変した。
 荒れる突風と轟く光が、突然キーパーの目の前から噴き出し、メンターの腰から下を飲み込んだのだ。
 そのままちぎれ飛んだりするような、スプラッターな光景は見ていない。
 しかし攻撃を受けた高町なのはは、引きずられるようにして衝撃波に呑まれ、全身を滅多打ちにされながら吹っ飛ばされた。
 さながら竜巻が通り過ぎたような、激烈な破壊痕の向こうには、ぴくぴくと震えるメンターが、無様に倒れ伏している。
 あのなのはが、為す術もなくやられた。
 自在に魔法を使いこなし、それを教えてくれた師匠が、ゴミのように蹴散らされたのだ。
 輝きを失った白のジャケットは、ルイズに残された希望の全てを、残らず摘み取るには十分な光景だった。

「いい音だな。骨の折れる音ってのはよ」

 どこか悦を含んだ声で、黄金のサーヴァントが呟く。
 大地に刻まれた破壊の痕を、のしのしと悠然と歩きながら、キーパーは戦果の余韻に酔う。

「だがな、お前の心はまだ折れちゃいねぇ。まだ立ち上がる気でいやがる」

 遂に金色の具足は、なのはの元へと到達した。
 ゆっくりとしたその歩みを、止めるための力すら、なのはには残っていないのだろうか。
 未だダメージの抜けきらぬ体は、伸ばした指を震わせながら、地を掴もうとするのが精一杯だった。

「その音を聞かせてもらうまでは、終わりってわけにもいかねぇからな」

 無理だ。こんなの勝てっこない。
 もはや戦いを続けるどころか、立ち上がる力すら残ってないはずだ。
 もういい。自分など見捨ててくれていい。いっそ令呪で命じてもいい。
 メンターは十分に頑張った。十分過ぎるほどに戦ったのだ。
 だからもうやめてくれ。せめて逃げることを考えてくれ。
 相手が死人であることも忘れ、ルイズは声ならぬ声で必死に祈る。

「きっちりと、とどめを刺させてもらうぜ……!」

 黄金の右手がなのはに伸びる。
 白服の体を掴み上げんと、キーパーの手が伸ばされる。
 誰か。どこの誰でもいい。奴のその手を止めてくれ。
 悔しいが自分には力が足りない。ゼロでなくなったとはいえど、未だ力のないルイズには、奴を止める手立てがない。
 だからどうか。誰か来てくれ。
 誰か。

(誰か……っ!)

 誰か――メンターを助けてくれ。

「――ぅおおおおおおおおおおっ!!!」

 その、瞬間だ。
 彼方から聞こえる雄叫びと、エンジンの音を耳にしたのは。
 闇を切り裂き駆け抜ける、青き彗星を目にしたのは。

「うん……?」

 黒鉄の拳が胴を捉える。
 白銀のタービンが唸りを上げる。
 爆裂する魔力は衝撃となり、キーパーの懐へ叩き込まれる。

「ここから……離れろぉぉぉッ!」

 瞳を緑に燃やすのは、スバル・ナカジマの横顔だった。
 先ほど同盟を結んだばかりの、キャスターのサーヴァントの拳があった。
 大恩ある師匠の窮地に駆けつけ、怒りを燃やす姉弟子は、暴虐のサーヴァントの体躯を、その場から猛然と押し出したのだった。


 手応えは大したものではない。恐らくはダメージもないのだろう。
 金の甲冑を身に纏う、黄金の英霊を退かせたのを見ると、スバルは素早く飛び退り、己が師匠のもとへと降り立つ。

「スバ、ル……」
「揺れます。一瞬だけ我慢して!」

 それだけを短くなのはに告げると、スバルはその場から飛び退いた。
 ルイズのいる辺りへと降り立ち、ゆっくりとその体を下ろすと、自身は再び敵を睨む。

「メンターさんのこと、お願い」
「あ……え、ええ」

 かけた声はなのはではなく、すぐ傍のマスターに対してのものだ。
 頷いたのを確認すると、すぐさま鋼の両手を構え、臨戦状態へと移行する。
 衝撃と破壊を司る、右手のリボルバーナックル。
 反撃と粉砕を司る、左手のソードブレイカー。
 攻防一体のシューティングアーツが、正体不明のサーヴァントに対して、油断なく構えを取り相対する。

《響、屋根の上にマスターがいる》
《分かりましたッ! こっちは任せてくださいッ!》

 戦うことのできない響は、敵マスターの見張りに向かわせた。
 どれほどの戦闘能力があろうと、強固なバインドで縛られた身だ。危害を加えられることはないだろう。

「どこのどいつかは知らねぇが、せっかく機嫌のよかったところに、横槍かましてくれたんだ」

 興ざめさせたら許さねぇぜと、金の鎧が不敵に笑う。
 相手の手の内は分からないが、全盛期の肉体を持つ高町なのはを、ここまでズタボロにした男だ。
 勝てる勝てないはさておいて、恐らくは、ただでは済まないだろう。

「要らない心配だよ」

 だとしても、一つだけ、確信していることがある。

「これ以上は他の誰にも、手を出させるつもりはないから!」

 たとえこの身が砕け散っても、なのはとルイズは守ってみせる。
 よしんば響に手を出そうとしても、絶対に守り通してみせる。
 否――砕けるわけにはいかないか。
 立花響という少女を救い、聖杯を渡してやるためにも、生きて切り抜けなければならないのだ。

「おおおぉっ!」

 足の車輪を走らせる。
 『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』を、トップスピードで猛進させる。
 跳躍し、回し蹴りを見舞った。左手で防がれたもののそのまま落下し、着地と同時に足を払った。
 ぐらついた体躯にストレートを打ち込み、リボルバーキャノンを発動。
 シュートの時には放つ魔力を、そのままゼロ距離で炸裂させて、金色の巨体を吹っ飛ばす。

「なるほど! お前はそっち側のタイプか!」

 そうだろう。そんなことだろうと思った。
 あれほどなのはを痛めつけた相手が、この程度のコンボをいいように食らって、宙を舞ってくれるわけがない。
 こちらの力量を見極めるため、敢えて攻撃を食らっていたのだ。
 そうだと分かっていながらも、スバルは突っ込まずにはいられなかった。
 攻撃し続けることでしか、止められない相手なのだろうと、本能的に察知していたのだ。

「面白ぇ……面白ぇぞ!」

 その姿勢を、黄金は讃える。
 対等に戦うライバルとして、という意味の言葉だとは思えない。
 力差を自覚しながらも、それでもなお立ち向かってくる、その健気さを可愛がっているのだ。
 屈辱だ。だが受けたままでは終わらない。
 この悔しさはその悪人面を、地に叩きつけることで返す――!

「ふんッ!」

 その、はずだった。
 振りかざされたハンマーパンチを、頭部に叩き込まれるまでは。

「ぁっ……」

 何だ。
 一体何が起こった。
 揺らされたのか。戦闘機人の肉体が、脳震盪を起こしたというのか。
 いいやそもそも、自分はいつ、今の攻撃を食らったというのだ。
 速い遅いの問題ではなく、両手が視界から消えた次の瞬間、既に殴られていたような感じがした。

「気をつけて! そいつ、光の速さがどうとかって言ってた! よく分からないけど、凄く速い!」

 朦朧とする意識の片隅に、そんな声が聞こえた気がした。
 なるほど、光速の拳ときたか。それは確かに速いわけだ。師匠が嬲られるのもうなずける。
 恐らく自分の世界では、そんな速度に至れた者など、誰一人としていなかっただろう。
 次元世界とは実に広い。こんな怪物じみた男を生み出し、英霊の座へと送り出し、この場に招いたというのだから。

「ぬぅぅりゃあっ!」

 次の一撃が迫り来る。
 知覚した瞬間にはもう手遅れだ。
 がら空きの脇腹を目掛けて、必殺の光速拳が叩き込まれる。

「………!」

 一瞬、足元がぐらついた。
 だがそれだけだ。倒れてはいない。どころか黄金の拳には、黒鉄の右手が伸ばされている。

「あん?」
「いくら、すごいと言ったって……!」

 その身を光で覆う姿が、金色のサーヴァントには見えただろう。
 なのはと同じ防御魔法の、プロテクションを使っていたのだ。
 意識を揺さぶられた瞬間に、それを発動できたのは、ひとえに己が相棒のおかげだ。
 『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』には、いくつかの魔法の発動を、自己の判断で発動するよう、生前から示し合わせている。

「たかだか――音速の、90万倍ッ!」

 ならば平気だ。戦える。
 たとえ迫り来る拳が、どれほど素早く重かろうとも。
 急所を打たれた体が軋み、口から血反吐を吐き散らそうとも。
 それでも死んでいないのならば、まだ十分に戦える。
 たとえ何十発叩きこまれようと、即死に至らないのであれば、全て受け止め耐え切ってやる。

「ディバイィーンッ……!」

 そうして打ち合い続ければ、待っているのは、自分の勝利だ。

「バスタァァァーッ!!」

 スバル・ナカジマは確信していた。
 本気でそう信じ込んでいた。
 でなければ勝てる戦いも、決して勝てはしないのだと、己にそう言い聞かせていた。
 奇跡が起きなければ勝てないとしても、その奇跡を掴み取るためには、自身が諦めずに戦う姿勢が、絶対に必要不可欠なのだと。
 故に彼女はその手を伸ばした。直伝の砲撃魔法の魔力を、再びゼロ距離から叩き込んだ。
 砲撃魔法の適性のないスバルに、長距離攻撃を放つことはできない。
 それでも、これだけの距離で放てば、魔力減衰などは関係ない。持てるポテンシャルの全てを、ダイレクトに叩き込むことができる。

「うぉぉぉりゃぁあああああっ!」

 今度は本当の直撃だった。
 軽く驚いた様子の金ピカ男を、本当に宙へと浮かせてみせた。
 その隙を決して逃しはしない。飛び蹴りを見舞ってダメージを打ち込む。
 着地したところにも手心を加えず、次々と拳打を叩き込んだ。

「やるじゃねえか! 代打としちゃあ、不足はねぇぜ!」

 にぃと不敵な笑みを浮かべて、敵が拳を振り下ろす。
 回避は当に捨てていた。振り上げた腕から攻撃を予測し、急所をそれから庇っただけだ。
 左肩が鉄拳を受け、バリア越しに揺さぶられる。
 問題ない。『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』の判断で、すぐさまバリアの強度を補強。
 それだけの余裕のある魔力は、己がマスターである響から、十分すぎるほどにもらっている。

「まだ、まだぁっ!」

 この程度ではやられはしない。
 ここに来る直前に耳にした、恐らくは宝具によるものであろう爆音を、スバルはまだ聞いていないのだ。
 なのはが受けた切り札を、受けないままに倒れたのでは、弟子として彼女に顔向けできない。
 故にどれほどの拳打であっても、スバルは必死に耐え抜いた。
 迫り来る攻撃の全てを受け止め、持てる力のその全てを、徹底して攻撃に注ぎ込んだ。

《スバル、聞こえる……!?》

 だからこそだろう。その念話を聞けたのは。
 ダメージからようやく復帰し、デバイスを杖とするなのはを、視界に収めることができたのは。

《この場を打開できるかもしれない……そういう方法が、一つだけある。だからそれまで、時間を稼いで!》

 だからこそ、突破口は開けた。
 逆転のための選択肢を、彼女から受け取ることができたのだ。
 合点承知だ。異論などない。
 弟子を頼ってくれるという、最高の栄誉を前にして、断る理由などどこにもない。

《了解っ!》

 必ず時間を稼ぎきり、勝利の策へと導いてみせる。
 それが彼女を奮い立たせ、前へと進む力と勇気を、全身へと巡らせたぎらせていた。


 眼下で起きるその戦いを、響には見下ろすことしかできない。
 いやむしろ、現在の自分を思えば、マスターの監視という仕事があるだけ、役に立てている方なのだ。
 であれば、役目を果たすべきだろう。自分にそう言い聞かせながら、響は足元のマスターへと向かった。

「ねぇ……どうして戦うの? 聖杯を手に入れて、何をするつもり?」

 屋根に寝転がり倒れる、茶髪の少女へと、問いかけた。
 恐らくは同い年であろう、オッドアイの娘へと尋ねた。
 敵と相対した時には、まずは話し合いから始める。戦いを避けることができないかどうか、まず最大限の努力をする。
 それは聖杯の獲得以上に、優先しなければならないことだ。
 聖杯を手に入れたいとは確かに思うが、避けられる戦いがあるなら避けたいという思いは、きっとそれ以上に強い。
 それで聖杯をどうするのかなど、後から考えればいいだけのことだ。

「フン……何よ、あんたもあの女と同じクチ?」

 返ってきたのは、憎まれ口だ。
 青と緑の視線を背け、不機嫌そうに少女は言う。

「まぁ、同盟関係だからね……だけど多分、メンターさんがいなくても、私はそう聞いてたと思う」

 そういう性分なんだ、と響は言った。
 誰かが悲しむ争いがあるなら、この手で止めたいと思う。
 誰かが悩んでいるのなら、それを聞いてあげたいと思う。

「この手を伸ばし続けることが、立花響の戦いだから」

 だからこそ、自分はここまで来たのだと、少女へ立花響は言った。

「……どうせ理解できないわよ。そういう奴には」
「何も決めつけなくったって――」
「復讐よ! それが両備の戦う理由。聖杯にかけるべき望みなの」

 復讐。
 恨みを晴らすということ。
 両備と名乗った少女の放つ、鋭く暗い五文字の言葉が、響を遮り突き立てられる。

「復讐ッ!? って、そんな……そんなことしたって、何も……ッ!」
「何もならないでしょうね。喜んでくれる人がいるかなんて、死んじゃった今では分からない。
 だけど、両備達はずっとそうしてきたの。この憎しみを晴らさない限り……何にもなれやしないのよ……!」

 仇討ちが何かを生むことはない。
 より多くの悲しみを生みこそすれど、喜ぶべき人間がいない以上、報酬を得ることはないのだろう。
 それでも、それを果たさない限り、自分たちは恨みと憎悪に、一生囚われ続けることになる。
 そうやって両備は生きてきたのだ。今更それまでの道筋を、なかったことにはできないのだ。
 たとえその仇討ちが、見当外れの勘違いだと、咎められたものだとしても。

「でも……でもそれって、どうしても聖杯に願わなくっちゃいけないものじゃ……ッ!」
「どうかしらね……でも、ないよりはマシなのは確かよ。
 悔しいけど、まともに殺り合おうとしたら、とてもかなわないような……そういう奴が相手だから」

 同じことを問われ続け、うんざりして吐き出したのだろう。
 分かったらこれ以上踏み込んでこないでと、両備は顔を背けながら言った。
 響には、何も言葉を返せない。
 それは間違っていると言うのは簡単だ。だが、彼女を理解し説得するには、それでは足りないような気もする。
 その足りない言葉というものが、今の響には見つからなかった。
 考えなしに踏み込めるような、単純な問題ではないのだ。

「!?」

 その時だ。
 不意に爆音が轟き、光が眼下に炸裂したのは。
 敵サーヴァントによるものではない。光の主はメンターだ。
 高町なのはを中心に、莫大な魔力が渦を巻き、何らかの攻撃態勢を整えている。
 恐らくは、切り札を切るつもりだ。
 この戦況を打開するための、最後の一手を打つつもりなのだ。

「……両備ちゃん。私には今、両備ちゃんに対して、かける言葉が見つからない」

 勝負を決めようとしている。
 この一撃で、恐らくは、何かしらが決することになる。
 だとすれば、マスターである立花響も、知らぬふりではいられなかった。
 何ができるか分からなくても、覚悟は決めなければならなかった。

「っ……何よ、馴れ馴れしく名前で……!」
「だけど、生きることだけは諦めないよ」

 この場を戦い生き抜けば、いつか両備ちゃんにかける言葉が、見つかる時が来るかもしれないから。
 決然と口にした響の顔には、既に迷いも戸惑いもなかった。


 何よ! 一体何考えてるのよ!
 キャスターが食い止めてるうちに、最大宝具の準備をして、真っ向から迎え撃つですって!?
 あいつ、今の自分の状況を、分かってそんなこと言ってるの!?
 そんなボロボロの体で、そんな無茶なことしたら……どうなるか分かったものじゃないのよ!?
 信じられない! そんな相打ち覚悟の攻撃……下手したら自爆も当然じゃない!
 メンターが死んだら、私だって、強制的に脱落になるのに……!

 ………

 ……分かってる。分かってるわよ。
 そうしなければこの状況を、切り抜けることはできないってことは。
 キャスターは凄く強いけど、それでもメンターと同じくらい。
 キーパーの宝具を一発でも受けたら、きっと同じようにボロボロになっちゃう。
 そうなったら賭けるまでもなく、確実に敗北することになる。
 そうすれば、確率を問うまでもなく……私もここで命を落とす。

 そうよ。分かってたわよ。
 みんな私を生かすために、必死に戦ってたってことくらい。
 私を死なせないようにするために、強い敵に立ち向かい、決死の賭けにも臨んでる。
 それくらい言われなくったって、分かりきってたことだったのよ。

 情けないわ。
 そうまでして戦ってくれているのに、何もできない私自身が。
 そうまでして想ってくれていたのに、真っ先に諦めようとしていた自分自身が。
 何が貴族よ。笑わせるわ。
 力ある者は、力なき者を、その力をもって守らねばならない。
 大きな力に伴う責務――それがノブレス・オブリージュ。
 使い魔達が私のために、必死に戦っているというのに、ご主人様であるはずの私は、何一つその責任を果たしていない。

 ……そんなの嫌よ。御免だわ。

 何ができるかなんて知らない。
 できることがあったところで、通用するかどうかも分からない。
 だけど、それは何もしないってことを、肯定する言い訳にはならない。

 分かったわよ。やってやるわよ。
 それが貴族の務めだから。
 そうあってこそのメイジだから。
 ゼロのルイズでなくなった、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの、果たさなければならない責任だから。
 あんたはその背中をもって、それを伝えたかったんでしょ。

 そうなんでしょ――高町なのは!


「っははははは!」

 渦巻く極大の魔力を前に、黄金のサーヴァントが高らかに笑う。
 自分たちの逆転の一手、『胸に宿る熱き彗星の光(スターライトブレイカー)』。
 その気配を察した敵が、その気概を前に大笑している。

「本当に面白い奴らだぜ! これだけやられておきながら、まだそういう手を選んできやがる!」

 ここに来てもなお、この男は、迎え撃つ側でいるつもりなのだ。
 格下からの挑戦を、面白がって受け止める。そういう心構えでいるのだ。
 他人の優越感に対して、これほど不快感を覚えたのは、スバル・ナカジマの人生の中で、一度もなかったことかもしれなかった。

「いいぜ! 相手をしてやるよ! その心、俺のこの小宇宙をもって、真正面からぶち折ってやる!」

 黄金のサーヴァントが魔力を練った。
 稲妻が駆け抜け大気が歪み、揺らめく力場が具現化した。
 その背後に幻視したものは、太陽の光を身にまとう、雄々しくも荒々しき猛牛の姿か。

《スバル! 防いで!》

 恐らくは敵の宝具が来る。
 エースオブエース・高町なのはを、満身創痍にまで追い込んだ、奴のフェイバリットアーツが来る。
 それをこのタイミングで放たれれば、この作戦はご破産だ。
 ならば、守り切ってみせよう。どれほど圧倒的な力であろうと、必ず凌ぎ切ってみせよう。
 そうする他に、この状況を、打開する手などないのだから。

「――『偉大なる金牛の驀進(グレートホーン)』ッ!!!」

 雄叫びと共に、衝撃が駆けた。
 最大出力の防御魔法が、びりびりと震え悲鳴を上げた。

「ぐぁっ、ぁああ……!」

 魔力の補填が追いつかない。シールドを張ってそれでもなお、壁越しに肉体が痛めつけられる。
 これまで受けてきた拳とは、根本的に異なる威力だ。
 これが宝具というものか。これが神話の英霊の、必殺の一撃というものか。
 耐えろ。耐え抜けスバル・ナカジマ。
 あれほど膨れ上がった魔力だ。恐らくなのはの切り札も、あと数秒で完成する。
 完全に凌ぎきれなくてもいい。それまでの時間を稼げればいい。
 たとえシールドが砕けても、その時星の煌めきが、大地を照らしさえすれば――

「――わぁあああああああああーっ!!!」

 その時だ。
 もう一つの声と魔力の光が、すぐ傍らで弾けたのは。

「るっ……ルイズ!? どうして……!?」
「全く! 何なのよアンタ達は! ご主人様の許しもなしに、勝手に話ばかり進めて! 勝手に無茶ばかりやらかして!」

 割り込んできたのはマスターのルイズだ。
 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが、なのはから教わったシールドを張り、スバルの隣に並び立ったのだ。
 あまりにも危険すぎる行動だ。
 そもそもそうやって身を張ったどころで、所詮は人間の力でしかない。サーヴァントの宝具を前にしては、気休め程度にしかならない。

「やるじゃねえか! 雑魚とばかり思っちゃいたが、見直してやるぜ!」
「うっさいわよ、この筋肉ダルマ!」

 それでもルイズは、必死に叫ぶ。
 黄金のサーヴァントすら一蹴し、懸命に魔力を張り続ける。

「困るのよ、ご主人様のこと無視して、勝手に死にに行かれたら……!」
「マスター……!」
「まだ私は、メンターに、何も大切なことを教わってない……それを教えてもらうまでは……絶対に死なせないんだからっ!」

 守られっぱなしではいられない。
 守られて死なれてしまったところで、何も嬉しくは思わない。
 それはプライドが許さないから。それでは目的を果たせないから。
 何よりそういう生き方を、貴族(メイジ)たるルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、決して許すことはできないから。
 小さく幼い貴族の娘の、精一杯のプライドの叫びだ。

「……ありがとう、マスター!」

 そしてその小さな叫びは、高町なのはに確かに届いた。
 たとえ気休めの力であっても、それが切り拓いた一瞬こそが、逆転への道を確かに繋いだ。

「『胸に宿る(スターライト)』――」

 魔力が集う。光を成す。
 戦場にばらまかれた己の魔力。味方の魔力に、敵の魔力も。
 それら全てを一点に束ね、己が力へ転換し、一挙に放つ集束魔法。
 絶望的な戦場であろうと、小さな希望を拾い重ね、勝利の確信へと変えてきた、エースオブエースの必殺魔法。
 それこそが闇夜を照らす光――スターライトブレイカーだ。

「――『熱き彗星の光(ブレイカー)』ァァァァ――ッ!!!」

 遂に彗星は放たれた。
 持てる力の全てを込めた、文字通り全力全開の光が、荒れ狂う金牛と激突した。
 宝具対宝具。
 最強対最強。
 神話にその名を刻まれた、古今無双の一撃同士が、世界樹の頂でぶつかり合った。

「うぉおおおおおおおおっ!!」

 スバルもまた、その攻勢に加わる。
 左手でルイズを後方へ押し下げ、右手はディバインバスターを放ち、『胸に宿る熱き彗星の光(スターライトブレイカー)』へと束ねる。
 更なる魔力を得た集束魔法は、桜と空色の螺旋を描き、金色の衝撃を迎え撃つ。

「大したもんだ……」

 一瞬、敵サーヴァントのトーンが落ちた。
 面白がるばかりの男の声が、シリアスな響きを宿して聞こえた。
 認めたのだ。この瞬間に。
 戯れるばかりの相手ではなく、本気で挑むべき相手なのだと。
 この一撃の担い手を、遊び相手としてではなく、ライバルと見なすべきなのだと。

「なら! 俺の方も遠慮はしねぇ! 牡牛座の黄金聖闘士の全力――食らいやがれぇぇぇッ!!」

 瞬間、咆哮は爆裂する。
 黄金のサーヴァントの渾身の叫びは、全霊の破壊力となって戦場に満ちる。
 ぶつかり合う力の中心点から、ばちばちとスパークが迸った。
 さながら地上に降りた雷雲。荒れ狂い全てを飲み込むハリケーンだ。
 稲妻は石畳をひっくり返し、遂には家屋を薙ぎ払って、住宅街を炎で染める。
 神話の力がもたらすものは、神話に刻まれた黙示録。遠き伝承の時代に起きた、カタストロフの再現だ。

「駄目! 相手の力の方が、少し強い!」
「せめて……せめてあと、もうひと押しッ……!」

 ここまできて、まだ足りないのか。
 これほどの力を束ねてもなお、奴に打ち勝つことはできないのか。
 いいや、そんなことは認めない。
 なのはが、己が、そしてルイズが。皆が必死に戦い抜いて、掴み取ったこの拮抗を、決して破らせるつもりはない。
 探り続けろ。次の一手を。
 奴の力を打ち砕く、最後の最後のひと押しは――

「――ぉおおおおおおおお――ッ!!!」

 見つけ出すべき最後のピースは、四人目の仲間の歌だった。

「響っ!? その姿……それに、その力は……!」

 現れたのは立花響だ。
 あれほど禁じたシンフォギアを、その身に纏って現れた、スバル・ナカジマのマスターだ。
 おまけに突き出して右拳から、渦を巻き放たれるエネルギーは、今までに見たことのない力だ。
 可能性は一つしかない。
 FG式回天特機装束・シンフォギア、その最終決戦機能――絶唱。
 身の安全を度外視し、聖遺物の力を限界以上に引き出す、自滅覚悟の滅びの歌だ。
 それこそ今の響にとっては、ガングニールの侵蝕を加速させかねない、禁じ手中の禁じ手のはずだ。

「死にませんッ!」

 されど、それを否定する。
 スバルの脳裏によぎった思考を、立花響は切り捨てる。

「生きることを諦めない……そのために伸ばしたのがこの手だからッ! だから何があったって、死んでも生きて帰りますッ!」

 なんとも滅茶苦茶な理屈だ。死んだら生きて帰れないだろうが。
 そう言ってため息をつく気になれないのは、自分も同じ穴の狢だからか。
 いいだろう。ならば頼らせてもらおう。
 力強く笑みを浮かべ、スバルは意識を集中する。
 途切れた戦意を繋ぎ直し、再び攻勢へと転じる。

「胸に宿ったこの歌が、神話の調べであるのなら……ッ!」

 渦を巻く力が星へと宿る。
 七色に輝くフォニックゲインが、彗星の煌めきと重なって、虹色の道を切り拓く。

「――伝説を貫けッ! ガングニィィィィ―――ルッ!!!」

 響き渡る少女の叫びが、戦場を揺るがす力と変わった。
 未来へと伸ばすその右腕が、奇跡をもぎ取り握り締めた。
 二人分のサーヴァントの、宝具クラスの必殺魔法。
 そして世界樹の影響を受け、それに匹敵する出力を得た、暴走状態の絶唱。
 一つに束ねられた三つの奇跡は、その力を乗算式に束ね、太陽を目指す翼となる。
 黄金の暴威に真っ向から挑み、日輪すらも突破して、どこまでも羽ばたける力となる。

《脱出っ!》

 なのはの念話を耳にしたのは、ちょうどその時のことだった。
 撤退を指示する号令と、抑えきれない力の破綻は、ほとんど同時に起きていた。
 一歩も退かない二つの力が、最後に行き着く終着点は、双方共倒れの対消滅。
 破綻を来たした均衡は、想像を絶する大爆発となり、戦場を音と光で染めた。


 『胸に宿る熱き彗星の光(スターライトブレイカー)』をもって、敵の宝具を迎撃する。
 最悪突破できなかった場合は、その混乱に乗じて戦線を離脱。各自の判断で撤退する。
 それが高町なのはの考案した、状況を打開するための作戦だった。
 荒れ狂う雷鳴と爆煙の中、スバルはなんとか響を抱き上げ、それを実行してのけた。
 極限状態での行動力は、半生以上を費やした、レスキュー現場での経験則か。
 死してなお、役に立つとは思わなかった。人生とは一度終わってからも、何が起こるか分からないものらしい。

「………」

 立花響は、眠っている。
 限界を超えた力を使い、シンフォギアの変身も解かれ、気を失い瞳を閉じている。

「お疲れ様」

 その無茶を、責める気にはなれなかった。
 死にに逝くための戦いではなく、生きるために挑んだ姿を、今は叱るつもりにはなれなかった。
 もちろん、二度とあんなことはするなと、目を覚ましたら言うつもりではいる。
 それでも今は、起こしたりせず、このまま寝かせてやることにしよう。
 己がマスターを抱きかかえながら、スバルは柔らかな笑顔を浮かべて、素直に労いの言葉をかけた。

(なのはさんには悪いけど……)

 現状を振り返りながら、思考する。
 こちらのマスターは、この状況だ。これ以上戦場にはとどまれない。
 自己の判断で動けという、彼女の命令に従い、この場は撤収を選ばせてもらおう。
 じきに騒ぎを聞きつけて、人が集まってくるはずだ。見つからないようにしなければなるまい。
 なるべく人目につかない道を選び、スバルは響の学生寮へと、帰還する選択肢を取った。



【E-3/学術地区・路地裏/一日目 深夜】

【立花響@戦姫絶唱シンフォギアG】
[状態]気絶、魔力残量2割、ダメージ(中)、疲労(大)
[令呪]残り三画
[装備]ガングニール(肉体と同化)
[道具]学校カバン
[所持金]やや貧乏(学生のお小遣い程度)
[思考・状況]
基本行動方針:ガングニールの過剰融合を抑えるため、メンターから回復魔法を教わる
1.………
2.学校の時間以外は、ルイズと一緒にメンターの指導を受ける
3.ルイズと共に回復魔法を無事に習得できたら、聖杯戦争からの脱出方法を探る
4.両備の復讐を止めたい
5.出会ったマスターと戦闘になってしまった時は、まずは理由を聞く。いざとなれば戦う覚悟はある
[備考]
※シンフォギアを纏わない限り、ガングニール過剰融合の症状は進行しないと思われます。
 なのはとスバルの見立てでは、変身できるのは残り2回(予想)です。
 特に絶唱を使ったため、この回数は減少している可能性もあります。

【キャスター(スバル・ナカジマ)@魔法戦記リリカルなのはForce】
[状態]全身ダメージ(大)、脇腹ダメージ(大)
[装備]『進化せし鋼鉄の走者(マッハキャリバーAX)』、リボルバーナックル、ソードブレイカー
[道具]なし
[所持金]なし
[思考・状況]
基本行動方針:ルイズ・なのは組と協力し、マスターの願いを叶えて元の世界に帰す
1.一度帰宅する。夜が明けたら、なのは達と合流するため、ルイズの家を目指す
2.金色のサーヴァント(=ハービンジャー)を警戒
3.ルイズと響に回復魔法を習得させる
4.戦闘時にはマスターは前線に出さず、自分が戦う
5.ルイズと響が回復魔法を習得できたら、聖杯戦争からの脱出方法を探る
6.万が一、回復魔法による解決が成らなかった場合、たとえなのはと戦ってでも、聖杯を手に入れるために行動する
[備考]
※4つの塔を覆う、結界の存在を知りました
※ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール&高町なのは組と情報を交換し、同盟を結びました。
 同盟内容は『ルイズと響に回復魔法を習得させ、共に聖杯戦争から脱出する』になります
※予選敗退後に街に取り残された人物が現れ、目の前で戦いに巻き込まれた際、何らかの動きがあるかもしれません。




「………」

 小宇宙を込めた右腕で、強引に拘束を引きちぎる。
 乱暴な助け方をしても、両備は文句一つ言わなかった。
 急激な魔力の消耗により、意識を失ってしまったからだ。
 恐らくこのまま戦えば、彼女は枯死してしまうだろう。腹立たしいが、それはハービンジャーにとっても本意ではない。

「潮時か」

 面白くなさそうに呟きながら、牡牛座の黄金聖闘士は、身に纏う聖衣を解除した。
 教皇の大仰なローブではない、Tシャツとジーンズというラフな姿に戻り、両備を乱暴に肩に抱える。
 ついでに近くに転がっていた、長いスナイパーライフルも、左手で回収してやった。

「俺が最初に一抜けとはよ。カッコ悪いったらありゃしねえ」

 一番有利なはずの人間が、真っ先に戦闘を放棄する。こんな情けない話はなかった。
 同時に、魔力に乏しいマスターというのが、これほどに大きなハンデになるのかと、改めて思い知らされた。
 たった二発の『偉大なる金牛の驀進(グレートホーン)』で、戦闘不能に陥ってしまう。
 こんなことは生前には、一度も経験していなかったことだ。
 どうやら戦いを楽しむためには、相応の工夫というものが必要らしい。

「あん……?」

 その時、ハービンジャーはそれを見た。
 見覚えのある人間が、遠くの方からこちらに向かって、歩み寄ってくる姿を。
 否、目的はこちらではない。確かあっちは、メンターのサーヴァントが、小娘を連れて飛び去った方向だ。

「この俺の上前を撥ねようとは、いい度胸じゃねえか」

 今はこちらにも手立てがない。だから見逃してやることにしよう。
 だが、せっかくのライバルを奪った報いは、いつか必ず受けさせてやる。
 額の開いたヘアスタイルをした、眼鏡の女性を遠目に見据え、ハービンジャーはそう呟いていた。



【F-3/特級住宅街/一日目 深夜】

【両備@閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-】
[状態]気絶、魔力残量1割
[令呪]残り三画
[装備]なし
[道具]秘伝忍法書、財布
[所持金]やや貧乏(学生の小遣い程度)
[思考・状況]
基本行動方針:優勝し、聖杯を手に入れる
1.………
2.復讐を果たすこと、忌夢と戦うことに迷い
[備考]
※『魔術礼装を持った通り魔(=鯨木かさね)』の噂を聞きました
※忌夢が本物であるかどうか、図りかねています。また、忌夢の家が特級住宅街にはないことを調べています

【キーパー(ハービンジャー)@聖闘士星矢Ω】
[状態]ダメージ(中)
[装備]『牡牛座の黄金聖衣(タウラスクロス)』
[道具]なし
[所持金]スナイパーライフル
[思考・状況]
基本行動方針:両備について行き、共に戦う
1.一度帰宅する
2.獲物を横取りする忌夢を許さない。次に会ったら倒す
3.両備の迷いに対して懸念
[備考]
※『魔術礼装を持った通り魔(=鯨木かさね)』の噂を聞きました
※忌夢がマスターであると考えています




「ここまで来れば、もう大丈夫かな」

 抱えたルイズの体を下ろし、高町なのははそう呟く。
 最善の成果は得られなかったが、何とか敵を振り切って、戦線を離脱することはできた。
 拘束したままの敵マスターや、はぐれてしまった響達など、懸念すべき要素はある。
 それでも最低限、ルイズ達の安全だけは、こうして確保することはできた。

「………」

 であれば、やらねばならないことがある。
 左手の甲を突き出して、真紅のルーンを光らせる。

「令呪を持って命ずる。今後私の許可なしに、独断専行をしないこと」

 輝く令呪の一画が消えた。
 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの言葉は、絶対の拘束力となって、メンターのサーヴァントに課せられた。

「マスター……?」
「ごめんなさい。でも、これはやらなきゃいけないことなの。けじめはつけないと駄目なのよ」

 そもそもの発端となったのは、なのはの勝手な行動だ。
 彼女が夜中にルイズを連れ出し、目立つ行動を取ったからこそ、敵に捕捉されてしまった。
 同じことを繰り返さないよう、身勝手な振る舞いを取った使い魔には、罰を与えなければならない。
 それが主人たる貴族の、つけるべきけじめというものだ。
 響達との同盟は、失点を帳消しにするための言い訳にはならない。
 聖杯戦争の打倒は、ルイズにとってはついでであって、絶対条件ではないのだから。

「……そうだね。ごめん、マスター」

 言わずとも、聡明なメンターは、その考えに気付いたのだろう。
 どこか寂しげではあるものの、納得したという表情で、謝罪の言葉を口にする。

(嫌な気分だわ)

 そしてルイズはなのは以上に、強く胸を痛めていた。
 何がけじめだ。笑わせる。
 あの場で一番役に立たなかったのは、他でもなくこのルイズ自身だ。
 一番のお荷物であった自分が、他人の行動を咎めて、罰まで与えようなどと、図々しくて反吐が出る。
 恩を仇で返すような、そんな真似しかできない自分が、情けなくて仕方がなかった。

「……まぁ、でも。助けてくれたことは、嬉しかったわ。ありがとう」

 それでも、礼だけは言っておかねばなるまい。
 どの口がほざくと言われようが、本心であることに違いはないのだ。
 ばつの悪そうな顔をして、言葉を選ぶように区切らせながら、ルイズはなのはに向かって言った。

「ふふ……ありがとう」
「っ! なっ、何よ! 気持ち悪いわね!」

 何を察したのかは知らないが、静かに笑みを浮かべるなのは。
 それが何だか照れくさくて、顔を真っ赤に染めながら、ルイズはムキになって言い返す。

「ごめんごめん。じゃあ、一度帰ろうか。ちょうど家も近くだし」
「まぁ、そうね……今から響達を探す余裕もなさそうだし。ここは素直に撤収しましょ」

 とりあえず、これ以上会話を続けると、色々とボロが出そうなので、なのはの提案に応じる。
 幸いにして、周囲に敵の気配はない。自宅へ帰るまでの道のりを、気取られる心配はなさそうだ。
 仮に何かがあったとしても、メンターの仕掛けたサーチャーが、敵の気配を察知してくれる。
 そう考え、ルイズは共に、家路へとつくことにした。

「とりあえず、帰ったら――」

 風呂にでも入って汗を流したい。
 そんな他愛のないことを、言いたかったつもりでいた。

「……え?」

 その、はずだった。
 呆然としたなのはの顔を、視界に収めるその時までは。
 装束の色が変わったなのはの姿を、目にしてしまうその時までは。
 腹部を突き破り現れる――漆黒の光を放つ剣を、目の当たりにしてしまうまでは。

「メンターッ!?」
「ぁ……」

 悲鳴のようなルイズの声。気の抜けたようななのはの声。
 それらからワンテンポ遅れて、ずるりと剣が姿を消す。
 ただでさえボロボロになったなのはの体は、最後の糸を切られたように、無様に路傍に転がった。

「討ち取ったぞ」

 おどろおどろしいその声は、これまでに聞いたことがない。
 なのはの背後から現れたのは、全くの未知の存在だ。
 見上げるような大鎧――その特徴は、キーパーのそれとも一致している。
 しかし、その色が違った。太陽のような黄金ではなく、宵闇そのものの暗黒の鎧だ。
 全ての希望を喰らい尽くし、絶望の闇で塗り固める。そんな印象を受ける黒だ。
 そのクラスは、バーサーカー。
 神話のケルベロスのような、おぞましい狼のヘルムを被った、未知のサーヴァントの姿がそこにあった。

「マス、ター……逃げ――」

 それが最期の言葉となった。
 力を使い果たした英霊は、白い光の粒となって、呆気無く闇夜に融けて消える。
 ルイズに刻まれた残りの令呪も、僅かな痣を残して消えた。
 自分を教え導いてくれた、あのメンターのサーヴァントが。
 強敵にも屈することなく立ち向かった、エースオブエースの高町なのはが。
 たった一刀を受けただけで、あっさりと命の糸を断ち切られ、再び死の闇へと沈んでいったのだ。

「だそうだ。お前はどうする?」

 新たな声は、鎧の背後から聞こえる。
 恐らくはバーサーカーのマスターだろう。
 額を広く露出した、ツリ目の女性がそこにいた。
 眼鏡の奥の厳しい視線は、自身の姉であるエレオノールを、いくらか若くしたようなものだ。
 もっとも、衣服の下から主張する、その豊満に過ぎるバストサイズは、姉とも自分とも異なっていたが。

「ッ……!」

 サーヴァントを失ったマスターがどうなるか。
 それはつい先程に、考えたばかりの結論だ。
 このまま数時間以内に、新しいサーヴァントを見つけられなければ、この場から強制排除される。
 その後どうなるかまでは知らないが、もうこの世界樹にいられるのは、その数時間の間だけだ。
 選ばなければならない。
 残されたその時間を駆使して、自分が一体何をすべきか。

「……こんのぉぉぉっ!」

 覚えてなさい、とまでは言わなかった。
 それが意味を持つことは、決してないのだと理解していた。
 ルイズが取った行動は、逃走。
 なのはの最期の願い通り、勝てない戦いに挑むことなく、自宅へとまっすぐに逃げ去ったのだ。

「捨て置け。サーヴァントを失ったマスターなど、もはや何の価値もない」
「分かってるよ、そんなことくらいは」

 そんなバーサーカー達の会話は、ルイズの耳には届くことなく、夜の闇へと静かに消えた。



【G-3/特級住宅街・ラ・ヴァリエール邸近く/一日目 深夜】

【忌夢@閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-】
[状態]健康
[令呪]残り三画
[装備]如意棒
[道具]秘伝忍法書、外出鞄、財布
[所持金]普通
[思考・状況]
基本行動方針:優勝し、聖杯を雅緋に捧げる
1.帰宅する
2.明晩になったら、また街を出歩き、『魔術礼装を持った通り魔』を誘き出す
3.呀には極力そのままで戦わせる。いざという時には、装着して戦う
4.そこらのNPCでは、呀を使いこなせないらしい。無理に代わりの体を探すことはしない
5.呀を再び纏うことに、強い恐れ
[備考]
※特級住宅街以外のどこかで暮らしています。詳細な家の位置は、後続の書き手さんにお任せします
※『魔術礼装を持った通り魔(=鯨木かさね)』『姿の見えない戦闘音(=高町なのは)』の噂を聞きました。
 後者の主がなのはであることには気付いていません。
※両備が本物であることに気付いていません
※殺人鬼ハリウッドの一人を倒しました。罪歌を受けなかったため、その特性には気付いていません

【バーサーカー(呀)@牙狼-GARO-】
[状態]健康、魔力増(一般人の魂二つ分)
[装備]魔戒剣、暗黒斬
[道具]なし
[所持金]なし
[思考・状況]
基本行動方針:聖杯を手に入れる
1.戦う
[備考]
※殺人鬼ハリウッドの一人を倒しました。罪歌を受けなかったため、その特性には気付いていません




「ちびルイズ! 一体どこに行っていたの! こんな時間までうろついて!」
「ごめんなさい姉様! 急いでいるの! 話は後からにさせてちょうだい!」

 偽物とはいえ、姉エレオノールに、そんな強い言葉で話したのは、これが初めてかもしれない。
 怒る家族には目もくれず、汗を風呂で流すこともせず、ルイズは自宅の階段を登り、自分の部屋へとまっすぐに駆け込む。
 時間がない。こうして移動する時間はおろか、考えている時間すら遅いのだ。
 自分が消えるその前に、できることをしなければ。
 あの場で戦ったなのはは、決して無駄死にをするために、戦っていたわけではなかった。
 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールという、命を残すためという、意味ある戦いをしていたのだ。
 彼女の宝具にも名付けられた、「不屈の心」というものだ。

「絶対にこのままじゃ終われない……!」

 であれば、それにならわねばならない。
 それがなのはが教えてくれた、最期の教導であるのなら、それに応えなければならない。
 自分はゼロのルイズではないのだ。役立たずから卒業したのだ。
 であるなら、どんな形であっても、たとえ魔法が絡まなくても、何かを遺さなければならないのだ。
 それがメイジである以前の、貴族としての務めなのだから。
 お荷物のくせして偉そうに、恩人に罰を与えたままで――嫌な気分のままでは終われないのだ。

「見てなさいよ!」

 適当なノートのページを破る。
 ペンを取り出し走らせる。
 彼女が遺すのは文書だ。同盟を組んだ響達への、最期のメッセージを託した手紙だ。
 もう自分には何もできない。けれど響達が生きていたなら、まだ何かをすることはできる。
 自分の無事を確認するため、明日にでもここに来るであろう響には、何かを遺すことができる。
 とにかく文字を書き続けた。その時間すらもどかしかった。
 回りくどい言い回しなどしていられず、乱暴に殴り書きしたような、無様な手紙が出来上がる。
 全然貴族らしくなどない。それでも今はこれがいい。
 一刻一秒を争う状況で、優先すべきは体裁でなく、成果だ。

「エレオノール姉様! お願いがあるの!」

 出来上がった手紙に封をし、どたばたと自室を飛び出し叫ぶ。
 明日立花響という、日本人風の少女が来たら、この手紙を渡してやってほしい。
 それがルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが、最後に遺した成果だった。


立花響へ

 あんたがこの手紙を読んでいる時には、もう私はここにいないと思う。
 悔しいけど、あの戦いの後、メンターがやられてしまったの。

 相手のクラスはバーサーカー。見たことのないサーヴァントだったわ。
 全身真っ黒の鎧を着て、犬みたいなマスクを被ってる、変な奴。
 それを連れてるマスターは、眼鏡をかけた女だったわ。
 広く開いたデコが印象的で、うちのエレオノール姉様みたいに、つんけんとした顔してた。
 その上邪魔くさいことこの上なさそうな、でっかいチチまでぶら下げてた!

 一方的に呼びつけといて、先に一抜けしちゃうのは、本当に申し訳ないと思ってる。
 もう私には何もできない。でも、敵の存在だけは、こうしてあんたに伝えとくから。
 鎧のサーヴァントを連れた眼鏡の女よ! そいつには絶対に気をつけて!

                          ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール





【ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール@ゼロの使い魔 & 高町なのは@魔法少女リリカルなのはシリーズ 脱落】
【残り主従 22組】





[全体の備考]
※エレオノール・アルベルティーヌ・ル・ブラン・ド・ラ・ブロワ・ド・ラ・ヴァリエールに、
 上記の文章を記した、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの手紙が預けられました。
 立花響がラ・ヴァリエール邸を訪れた時には、エレオノールの手で渡されることになっています。
※F-3・特級住宅街にて、火災が発生しました。間もなく消防隊が駆けつけ、消火活動が行われます
※『姿の見えない戦闘音』の噂に、若干の変化が生じる可能性があります。
 変化の内容は、後続の書き手さんにお任せします



BACK NEXT
冷たい伏魔 投下順 百機夜行
背負う覚悟は胸にあるか 時系列順 百機夜行

BACK 登場キャラ NEXT
背負う覚悟は胸にあるか ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール GAME OVER
メンター(高町なのは
立花響 祈りと呪い
キャスター(スバル・ナカジマ
両備 刻まれるカウント
キーパー(ハービンジャー
闇に吠える氷の呀 忌夢
バーサーカー(