※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

振り返るもの、向き合うべきもの ◆nig7QPL25k


 路地裏に看板を立てている、歓楽街のとある雑貨屋。
 街の明かりから隠れるように、ひっそりと建つ店を見つけるのには、随分と時間がかかってしまった。
 扉をくぐった店内もまた、照明が弱く薄暗い。
 棚には異国の怪しげな物品や、何のためにあるのか分からない謎めいた物体まで、様々な物が雑多に置かれている。
 おおよそまともな場所ではない。それがひと目で理解できた。

「伊達男からのもらいモンだ」

 ごとり、と鈍い音を立てたのは、黒光りする拳銃だ。
 イタリア軍から横流しされた、ベレッタM92。
 それが口元を包帯のような布で覆った、目つきの悪い店主によって、カウンターに置かれた物だった。
 それこそが、わざわざこんな所まで来て、羽佐間カノンが手に入れようとした物だ。

「ありがとう」

 懐から代金を取り出し、受け取る。
 決して楽に稼げた金ではなかった。高校生を演じるカノンにとっては、普通ではとても手の出せないものだ。

「護身用にしちゃ、物騒な買い物だな」
「これでも元少年兵でな」
「人手の足りない国もあったもんだ」

 普通女子は徴用されんだろう、と店主は言う。
 フェストゥムに蹂躙され尽くした人類軍を考えれば、人手が足りないというのは、あながち間違った評ではない。
 かつてカノン・メンフィスだった彼女は、そういう環境にいたのだ。

「それで、どうする。本当に戦争でも始めるつもりか?」
「そうかもしれん」

 苦笑しながら、カノンが言った。
 何しろこの身は本当に、聖杯戦争の参加者だ。
 もちろん、店主の思い浮かべる戦争とは、随分と様子が異なるものだろうが。

「まぁ、それで何をしようと勝手だが、せいぜい喧嘩を売る相手は選ぶことだな」
「相手?」
「世の中には楯突いちゃならねぇ相手もいるってことだ。たとえば、この街の女王様とかな」

 店主は言った。
 この歓楽街には闇がある。自分のようなはみ出し者が、あちらこちらでうろついている。
 そしてそれらを瞬く間に束ね、闇の支配者に成り上がった、一人の女がいるのだと。

「ミヤビって女には手を出さんことだ。ユグドラシルの闇を仕切る、影の女王様にはな」

 ミヤビ。
 その名前が、カノンの耳には、いやに印象深く響いていた。


 怪しい雑貨屋で買い物をしたのが、つい一時間前のことだ。
 目的を達成したカノンは、ひとまず家に帰るため、歓楽街を後にしていた。

《親が知れば嘆くだろうな》

 霊体化した我愛羅が言う。
 夜歩きして拳銃を買ってきたと知れば、あの家で待つ両親は、どんな顔をするだろうなと。

《そうか……いや、そうなのかもな》
《分からないのか?》
《あれは本当の両親じゃない。いや……間違いなく、本当の両親ではあったんだがな》

 純粋なアイルランド人が、日本の姓を名乗っているのは、不自然であると考えられたのか。
 この街におけるカノンの姓は、羽佐間ではなくメンフィスだ。
 故に彼女の家にいたのは、育ての親である羽佐間ではなく、産みの親の方だった。

《あの人達は、私が8歳の頃に死んだ。愛していたのは確かだが、ときどき、分からなくなることがある。
 私の本当の両親は、本当にこんな人達だったか……と》
《親の振る舞いを忘れたのか》
《かもしれない。我ながら薄情な女だ》

 天羽の言うことを否定できんなと、カノンは寂しげに笑う。
 両親をフェストゥムに殺された時、彼女は心を捨て去った。
 己の存在を否定し、敵と戦う機械となるべく、人の心を投げ捨てたのだ。
 あるいはその時、両親のことを、いくらか忘れてしまったのかもしれない。
 大事な名前をもらったことは、今も確かに覚えている。それでもところどころで記憶が抜け落ち、おぼろげになってしまっている。
 愛しているのは本当なのに。その気持ちに偽りはないのに。
 自分を否定していた頃に、失ってしまったものは多いのだと、改めて再確認させられた。

《俺には母親がいない。俺が産まれた時に命を落とした》
《そう……だったのか》
《母は俺を愛していた。それは分かるし感じてもいる。
 だが、顔を合わせたことのない俺には、お前の感じているものを、理解することはできないのだろう》

 お前の悩みは、親の顔というものを、知っているからこその特権だと。
 シールダーのサーヴァントは、自らのマスターに向かって言う。

《……すまない。無神経だったな》
《気にしてはいない。そういう親子もいるのかと、そう思っただけだ》
《色々あるんだ。人と人の繋がりは》

 人は一言では語れない。それぞれに違った背景があり、それ故に違った中身がある。
 そうした者同士の関係性は、更に細かく分化される。故に親子の形とは、七十億人七十億色。
 それは竜宮島に住み、様々な親子を見てきたからこそ、理解できたことだった。
 羽佐間容子の娘となった、他ならぬ自分自身も含めて。

「……?」

 そこまで考えたところで、ふと、カノンは気がついた。
 こんな時間だというのに、少しばかり、人が多い。
 それも何かが起きたのか、皆真剣な顔をして、何事かを話しているように見える。
 この魔術都市ユグドラシルが、電子によって構成された、仮想の物語であるのなら。
 日常から外れた事態には、何らかの意味が持たされているはずだ。

「すまない、何かあったのか?」

 故にカノンは市民に近づき、迷わずそう問いかけた。

「ああ、橋の向こうのスーパーで、強盗事件が起きたんだとよ。
 変な仮面を着けた奴が、金をごっそり持ってって、歓楽街の方に逃げたんだそうだ」
「俺は変なベルトを巻いてたとか聞いたぜ。どう変なのかは知らねぇけど」

 変な仮面と変なベルト。
 奇妙な装飾を身に着けた、深夜のスーパー襲撃犯。
 取り立てて事件のなかった街で、異様極まりない犯罪が起きた。
 それも聖杯戦争が始まった、この夜になってすぐのことだ。

《匂うな》

 であれば、マスターが絡んでいる。
 自我を持った何者かが、ユグドラシルで何かを起こし、それが噂になっている。
 我愛羅にそう言われずとも、カノンには理解できていた。

《……戻るぞ、シールダー。今なら恐らくまだ間に合う》

 市民に短く礼を言うと、カノンは来た道を引き返し、再び歓楽街へと向かう。
 予想外のタイミングで、敵マスターの手がかりを見つけた。
 不意打ち同然であったからこそ、準備は十全であるとは言いがたい。

(本当に、これを使うんだな)

 懐に隠した拳銃が、いつになく重たいものに思えた。
 エゴのために人と戦い、命を奪い合うことになる。
 そのことについて、心の準備が、きちんとできていたとは言えない。

(それでも)

 だとしても、立ち止まってはいられないのだ。
 でなければ、天羽奏との会話で、固め直したあの覚悟が、全て嘘になってしまう。
 いつかは戦わなければならない。であれば、飛び込むべきは今だ。
 カノンは己が顔つきを引き締め、戦の火が待つ歓楽街へと、その両足を走らせた。



【B-5/一般住宅街・橋付近/一日目 深夜】

【羽佐間カノン@蒼穹のファフナーEXODUS】
[状態]健康
[令呪]残り三画
[装備]ベレッタM92(15/15)
[道具]外出用鞄、財布
[所持金]やや貧乏(学生の小遣い程度)
[思考・状況]
基本行動方針:優勝する
1.基本的にサーヴァントを狙う。マスターはあまり殺したくない
2.歓楽街に戻り、強盗を探す
[備考]
※雅緋が歓楽街の無法者を支配しているという話を聞きました
※『仮面とベルトをつけた強盗(=仮面ライダーベルデ)』の噂を聞きました

【シールダー(我愛羅)@NARUTO】
[状態]健康
[装備]『我が背負うは風なる影』
[道具]忍具一式
[所持金]なし
[思考・状況]
基本行動方針:マスターを補佐し、優勝へ導く
1.基本的にサーヴァント狙い。マスターは悪人のみ狙う
2.歓楽街に戻り、強盗を探す
[備考]
※雅緋が歓楽街の無法者を支配しているという話を聞きました
※『仮面とベルトをつけた強盗(=仮面ライダーベルデ)』の噂を聞きました



BACK NEXT
強盗と仮面とベルト 投下順 虎の穴を前にして
強盗と仮面とベルト 時系列順 虎の穴を前にして

BACK 登場キャラ NEXT
カーテン・コール 羽佐間カノン -
シールダー(我愛羅 -