※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この手の刃は光れども ◆nig7QPL25k


 行政地区と一言に言っても、用意されたスペースを、役所だけが埋め尽くしているわけではない。
 勤務する人々に向けた集合住宅や、彼らが食事をするための飲食店など、多種多様な施設が点在している。
 マリア・カデンツァヴナ・イヴの暮らすアパートもまた、そうした施設の一つだった。

『ロールス・ロイス社は19日に、これまでにない新たな発想の……』
「………」

 風呂あがりのしっとりとした肌に、薄い部屋着を身に着けて。
 ベッドの上に腰掛けながら、ぼんやりとした顔でテレビを見る。
 魔術都市の娯楽としては、このテレビが最も文明的なものだ。
 といっても、当然ユグドラシルの街には、ローカルのテレビ局など存在しない。
 故にどことも知れない周辺国から受信した、この街には何ら関わりあいのないニュースを、こうやって見せられている。
 ワイドショーで紹介されるスポットも、当然樹の下にあるものばかりだ。
 これではそれこそバラエティしか、見る番組がないではないか。

(どうでもいいことか)

 だが、突き詰めて言ってしまえば、そんなことは重要ではない。
 リモコンをベッドに放り出すと、自身もごろりと横になる。
 部屋の明かりはつきっぱなしだ。寝ようとしていたわけではなかった。

《間もなく本戦の始まる時間だが》

 頭に念話が響いてくる。部屋の外で見張りをしている、キーパーのエデンが問いかけてくる。
 現在の時刻は23時半。これがテレビ番組について、呑気に考えられない原因だった。

《とりあえず、私も1時までは起きてるわ。何もなかったらそのまま寝る。そしたらキーパーも休んでちょうだい》
《それは駄目だ。マスターが眠っている間に、襲撃があったらどうする》
《でも、貴方だって寝ないと体に毒よ?》
《サーヴァントに睡眠は必要ない。一晩寝なかった程度で、不調になることはないんだ》

 何しろ幽霊だからなと、エデンは言った。
 言われてみれば、既に死んでいる人間に対して、健康を説くのも野暮な話だ。
 人間扱いしていないようで、少々心が痛んだが、そういうことならと了承すると、マリアはエデンとの念話を終える。

(いよいよか……)

 とうとう本戦が始まるのだ。
 最後の一人になるまで戦う、血塗られたバトルロイヤルが幕を開けるのだ。
 ルールを鵜呑みにするならば、サーヴァントのみを対象にすれば、マスターが死ぬことはない。
 しかし戦力差を考えれば、マスターを狙う方が正道だ。命懸けの戦いの中で、相手の生死を気にかける者など、恐らく誰もいないだろう。

(本当に、これでいいのかしら)

 犠牲の数は確かに減る。
 しかし人の命とは、足し引きで計算できるものではない。
 地球を救うという理想を、この戦いに願うのは、本当に正しいことなのだろうか。
 何度となく繰り返した自問を、再び胸中で問いかける。

「………」

 少し、気分を入れ替えよう。
 そう思って立ち上がり、部屋の窓を軽く開ける。
 そしてミネラルウォーターを取り出すために、冷蔵庫のある調理場へと向かった。
 考えてみれば、水道水を直飲みしないのも、随分と久しぶりなことのように思えた。
 まだ日本で行動を起こしてから、それほど経っているわけでもないのに。


「………」

 夜風が服の裾を揺らす。
 不可視の英霊・サーヴァントが、暗い街並みを見下ろしている。
 オリオン星座の聖闘士――エデン。
 彼はアパートの屋上に立ち、敵の襲撃に備えて、周囲を見渡し目を光らせていた。

(このユグドラシルの地に降り立ってから、妙な気配を感じている)

 左手の手袋を見やり、思った。
 紫の宝石があしらわれたそれは、本来不要になったはずのものだ。
 その石の名は聖衣石(クロストーン)。
 かつて暗黒神アプスの発した、闇の小宇宙に反発し、聖衣が変異した姿である。
 しかしエデンの『巨人星座の青銅聖衣(オリオンクロス)』 は、このくらいの年の頃には、既に聖衣石化から解き放たれていたはずだ。

(障害となるものがある)

 であれば、再び聖衣の力を、抑えつけている何かがある。
 それがユグドラシルの地に流れる、魔力に感じた違和感だ。
 戦闘自体には支障はないが、全く無視していいものではない。
 いずれマスターにも相談し、探りを入れなければならないか。

「……?」

 そこまで考えた、その時。
 視界の中に、影が見えた。
 建物と建物の間を飛び交う、赤い人影を視界に捉えた。

(只人の動きではない、か)

 俊敏華麗な身のこなしは、明らかにNPCのものではない。
 その上どうにもこちらへと、真っ直ぐ向かっているように見える。

《マスター、敵襲だ。すぐに応戦する》

 時刻は0時を回ってすぐ。開幕に合わせてきたというのは、律儀と言うべきか何と言うか。
 エデンは自らの霊体化を解くと、迫り来る影を迎えに出た。

「止まれ」

 制止の声をかけながら、向かい合う相手を見定める。
 金属の光沢を放つ、赤を基調とした装束の男だ。
 額の真ん中に取り付けられた、丸鋸のような物体が、妙な存在感を醸し出している。
 サーヴァントの気配は、感じられない。であれば、キャスターか何かの使い魔か。

「この先に何の用がある。答え次第では、引き返してもらうことになるぞ」
「………」

 エデンの声にも答えない。赤い使い魔は全くの無言だ。
 友好的な相手であるなら、ここで押し黙る理由はない。
 であれば、やはり敵対者か。眉間に皺が刻まれる。空気がぴりぴりと張り詰める。

「!」

 その時だ。
 赤い男が懐から、煌めく銀色を取り出したのは。
 あれは武器だ。鋭利な刃物だ。
 額についているものと同じ、ぎざぎざとした丸鋸だ。

「――ッ!」

 びゅんっ、と風を切る音が鳴る。
 文字通り夜風を切り裂いて、二枚の刃が投擲される。
 狙いはエデンだ。殺意の刃だ。
 光は盛大な爆音を上げ、街の石畳を打ち砕き、周囲を粉塵の闇で満たす。
 これが直撃したのであれば、いかな英霊サーヴァントとて、無傷というわけにはいかないだろう。

「――『巨人星座の青銅聖衣(オリオンクロス)』!」

 もっとも、当たっていればの話だが。
 闇を暴くのは雷光だ。眩い光が煙を引き裂き、夜の空へと跳び上がる。
 星空の下に舞い踊るのは、パールのような光を放つ、白い戦闘甲冑だ。
 聖闘士の鎧、青銅聖衣(ブロンズクロス)。それを解き放ち纏ったエデンが、眼下の敵を睨み据える。

「ヒーラ・マスティーア!」

 雷撃が赤い男を襲った。
 エデンの左手から放たれたのは、眩い稲妻の光だ。
 牽制の放電攻撃を放ち、自らは自由落下で敵に迫る。
 10m、5m、そしてゼロ距離。音速の拳の射程内。

「ふんっ!」

 繰り出す拳が、敵を捉えた。
 神話のオリオンの棍棒の如く、肥大化した左腕のアーマーが、ターゲットに叩きこまれたのだ。
 よろめく敵に追撃を放つ。素早く右の拳を繰り出す。
 命中。そして再び追撃。
 しかし次なる左手は、さすがに防御に阻まれてしまった。

「フォルゴーレ……ルネッサンス!」

 それでもそのままでは終わらない。
 小宇宙を左手に集中し、雷光と変えて爆裂させる。
 防御の上から放たれた光は、防御ごと赤い男を吹き飛ばす。
 石畳を蹴り、前へ進んだ。崩れた姿勢の隙を突かんと、迷わず懐へ飛び込んだ。


「!!」

 吹き飛びながらも赤い男は、鋸をこちらへ投げつけてくる。
 このままでは正面衝突だ。加速のついた状態では回避できない。

「トニトルイ・サルターレッ!」

 ならば取るべき手は迎撃だ。
 電撃の弾丸を両手に生じ、同じく標的へ投げ放つ。
 鋼と雷は軌跡を描き、闇の只中で激突を果たした。
 爆音。スパーク。奪われる五感。

「でぇぇやッ!」

 光の晴れた虚空の中で、拳と拳が打ち合っていた。
 建物の壁を蹴った使い魔が、真っ向から飛び込んできていたのだ。
 お互いの拳を、振り払う。スピードに従い交錯し、地に降りて再び標的へ向かう。
 イーブンになった条件下で、脚と拳がぶつかり合った。幾合も繰り返させる衝突が、火花で暗い夜道を照らした。

(強い……)

 ただの使い魔にしては強敵だ。
 応酬を途切れさせることなく、オリオン座の聖闘士は思考する。
 恐らく敵の実力は、サーヴァントと同等と言えるだろう。
 違うのは宝具がないことくらいか。使い魔にしては、破格と言っていい性能だった。

(ならば機を見て、大技で――、ッ!?)

 しかし、その時轟音が迫る。
 背後から迫り来る爆音に、咄嗟に振り返った瞬間。

「ぐぁあっ!?」

 ぶぉん――と轟くエンジン音に、正面から迫られ吹き飛ばされた。
 痛む体に鞭を打ち、なんとか地面に踏みとどまる。
 現れたのは青い影だ。赤い使い魔の攻撃ではない。新たな敵影が現れたのだ。
 がちゃがちゃと身を変形させるのは、タイヤやマフラーの意匠を有した、車のようなロボットだった。
 やはり、サーヴァントの気配はない。赤い奴と同様に、何者かの使い魔であるらしい。

(厄介だな)

 実力まで同等であるとするなら、サーヴァント二騎を相手取ると同義か。
 赤と青を視界に収めながら、エデンは身を起こし思考する。
 こうなると宝具による一掃が、いよいよ現実味を帯びてきたか。
 しかしあれは魔力消費が激しい。マスターの承認なしに、容易く放っていいものではあるまい。

「ムン――ッ!」

 エデンの判断より早く、敵の使い魔が行動を起こした。
 それぞれに攻撃態勢を取り、こちらに向かって飛びかかってきた。
 やむを得ない。ここは迷わず使うべきだ。
 己が奥義を放つべく、小宇宙を練り上げ始めた瞬間。

「Granzizel bilfen gungnir zizzl――」

 戦場に、響き渡る歌があった。


 奇跡は鎧の形をなす。
 調べは呪文の言葉となって、神話の神秘を呼び覚ます。
 振りかざす手に掲げるものは、遠き神代の時代の槍。
 己が正義をなさんがためにと、悪を貫くと誓った意志。

「はぁああああッ!」

 裂帛の気合を穂先に込めて、轟音と共に振り下ろした。
 金と黒に輝く槍は、赤い鋸男の体を、真っ二つに叩き割った。
 ばちばちとスパークの音が鳴る。断面から覗く金属が、危険な光を放ち始める。

「なっ……!?」

 驚愕にエデンが瞠目した瞬間、赤い人影は爆裂した。
 真紅の爆炎を炸裂させて、瞬きの間に四散した。
 炎と風を受けはためくものは、闇に溶け込むような漆黒のマント。
 桃色の髪をなびかせるのは、マリア・カデンツァヴナ・イヴだ。

「マスター! 何故出てきた!?」
「言ったでしょうッ! 任せっきりは性分でないとッ!」

 エデンの元に駆け寄ると、庇うように槍を構える。
 背後でたなびき蠢くマント――中・近距離用の防護兵装が、大きく広がり道を塞ぐ。

「フンッ!」

 残された青い影が生じたものは、真っ赤に燃える炎のリングだ。
 それを赤い影がしたように、こちら目掛けて投げつけてくる。
 上等だ。敵はサーヴァントではない。ただの使い魔であるのなら、どうにか凌ぎ切ってみせる。

「このッ、胸に宿った、信念の火は――ッ!」

 呪文の歌を歌い奏でた。
 音楽に合わせて言葉を紡いだ。
 シンフォギアとは音の鎧だ。装束が奏でる戦の調べに、祝詞の歌を乗せることで、初めて真価を発揮するのだ。
 マントを前面に誘導し、迫る火の玉を受け止める。

「誰もぉッ、消すことは、できやしないッ!」

 痛烈な衝撃に歌声が揺らいだ。
 押し飛ばされそうになるのを、槍を地に刺して踏みとどまった。

「永劫のブレイズッ!」

 力任せにマントを開き、焼けつくリングを左右に引き裂く。
 予想以上の威力だったが、何とか防ぎきることはできた。
 石畳から槍を引き抜くと、マリアは再び構え直し、油断なく敵の姿を睨む。

「フガァアアアアアッ!」

 その時、横合いから雄叫びが響いた。
 咄嗟にそちらの方を向き、そして驚愕に目を見開いた。
 あれは何だ。あの巨人は。これまでに出てきた連中の、軽く倍はある巨体ではないか。
 透き通るような全身は、まるで氷の細工のようだ。であればあの使い魔は、山奥から降りてきた雪男か。

「ふんっ!」

 背後から声と雷鳴が響く。
 エデンの投げ放った雷球が、新たに姿を現した、3体目の使い魔に直撃する。

「奴は僕が相手をする!」
「キーパーッ!」
「無理だと思ったら、すぐに後方に下がるんだ。いいな!」

 そう言うと、エデンはマントを飛び越え、雪男へと殺到した。
 両肩から伸びる装飾の布が、闇夜にばたばたとはためいて、見る見るうちに遠ざかった。
 無理だと思ったらということは、今は構わないということか。
 ならば青いのは任せてもらう。受け入れられたというのなら、その役割を果たしてみせる。

「闇に惑う夜にはッ! 歌を灯そうかッ!」

 襲い来る敵へと槍を放った。
 アームドギアを投擲し、空中で姿勢を崩させた。
 マントを纏って自ら飛び込む。転がり落ちた槍を拾い、すぐさま追撃態勢に移る。

「力よ宿れ――ッ!」

 槍と腕とがぶつかり合った。鋼と鋼の激突が、火花となって目の前を散らした。
 大槍を強引に引き戻し、次の攻撃に備える。
 敵の攻撃に槍をぶつけて、反発と同時に構え直す。
 突き出した一撃をかわされた。がら空きの胴に鉄拳が迫った。
 反射的にマントを回す。なんとか直撃は避けられたものの、勢いは殺しきれずに地を滑る。

(ギアがいつもよりも重い……ッ!)

 踏みとどまったその場所で、ぜいぜいと肩で息をした。
 もとよりマリア・カデンツァヴナ・イヴは、シンフォギアを纏える人間ではない。
 低すぎる適合率を薬で補い、どうにか戦えている状態だ。
 だがそれにしても、普段であれば、もっと自由に戦えたはずだ。
 これは一体どうしたことだ。制御薬LiNKERの効力が、思ったよりも薄れているのか。

「ぐぅっ!」

 その時、エデンの声が聞こえた。
 見れば両足が氷に包まれ、地面に固定されている。
 不可解な現象の正体は、氷の巨人の放つ凍気だ。見た目通りに氷を操り、敵を凍てつかせる使い魔だというのか。
 あのままでは追撃を受ける。

「キーパーッ!」

 あの巨体にまともにぶつかられては、彼もただでは済まないはずだ。
 そうはさせない。お互いギリギリだというのなら、さっさと終わらせてやる。

「覚悟をッ、今構えたらッ!」

 槍を構えて穂先を拡げる。
 変形されたアームドギアが、エネルギーの奔流を生み出す。
 歌女の放つ必殺技――超火力の砲撃・HORIZON†SPEARだ。
 渦巻く暴力的な熱量は、立ちはだかる敵を撃ち貫かんと、一直線に解き放たれた。

「誇り、と――ぉおおおッ!?」

 されど、上がるのは歌ではなく、悲鳴。
 紡ぎ上げられたリズムが狂い、マリアの顔が驚愕に染まる。
 何だこれは。どうしたというのだ。
 いつも通りに放ったはずだ。QUEENS of MUSICのステージにおいても、適切に使えた技だったはずだ。
 それがどうしてこうなっている。
 こんな結果を招いている。
 放たれるHORIZON†SPEARの威力は――ここまで強大ではなかったはずだ!

「ウガァッ!?」

 光線が使い魔を捉える。腹へと一直線に命中する。
 膨大なまでの破壊力は、マリアの倍以上の巨体を、紙くずのように吹き飛ばす。
 しかしそれだけではとどまらなかった。あまりにも大きすぎる力は、敵を倒すだけでは収まらなかった。

「ぐっ……ぅあああああああああああ――ッ!!」

 悲痛な叫びがマリアから上がる。
 破壊係数に振り回されて、体をよじって倒れ伏す。
 紫色の光線は、槍の動きに従って、並ぶ建物を薙ぎ払った。
 眩い暴力は阻む全てを、焼き尽くし粉微塵に吹き飛ばした。

「マスター!」

 エデンの叫びが聞こえた気がした。それすらも明瞭には聞き取れない。
 目の前で巻き起こる炎の熱が、マリアの意識をぼやけさせる。
 力の抜けた虚脱感と、無理やり身を動かした痛み。
 思考することもままならぬまま、マリアは立ち上がることもかなわず、無様に地に這いつくばっていた。


 製作者(クリエイター)アルバート・W・ワイリーは、A級の製作スキルの持ち主だ。
 小型の監視用ロボットを作り出し、戦況を映像中継させるなど、彼には朝飯前である。
 無論彼の放った戦闘ロボと、キーパーのサーヴァントの戦闘も、そうして筒抜けになっていた。
 もっとも、訪れた結末は、ワイリーにもそのマスターにも、少々予想外なものだったが。

「あれは、本当に人間か?」

 目を丸くしながら、ワイリーが言う。
 無論、身体能力だけならば、ここまで驚くことはない。
 実際、ロボット以上に動ける者は、自分のすぐ隣に座っている。
 問題はマリア・カデンツァヴナ・イヴが、纏い戦った装束の力だ。
 生身の人間がビームを放ち、市街地を焼き尽くすなど、ワイリーにとっては前代未聞だ。
 英霊ならば分からないでもないが、何しろ現代人である。
 恐らくは魔術も使うことなく、あれほどの力を発揮する者が、今の世にいたとは信じられない。

「無論、人間だ。私がこの目で確かめておる」

 そのワイリーの言葉を否定するのが、軍司令官キング・ブラッドレイだ。
 元々彼女の元にナンバーズを差し向け、偵察するよう進言したは、直接マリアと会った彼である。
 昼間にも気配や呼吸など、五感で感じられる全ての情報が、人間のものであったと確認は取っている。
 故に得体の知れない力を使おうと、彼女は間違いなく人類なのだ。
 あのような奇っ怪な力が、この舞台に存在していたことには、彼も少々驚かされたが。

「まぁそれなら認めるしかないがな……」
「だが、彼女とて自分の持つ力を、完全に制御できてはおらんらしい」

 であるなら恐れるには値しないと、キング・ブラッドレイは断言した。
 あの程度の腕前であるなら、攻撃を避けるのは容易だ。
 サーヴァント戦のセオリー通り、直接相対することがあれば、マスター同士で決着をつければいい。
 そうするに値する気概が、あの娘にあればの話だが。

「あれだけ派手にやったからには、じき他のマスターも動くだろう。ナンバーズの修理、くれぐれも頼んだぞ」
「フン! 言われんでも分かっておるわい」

 ブラッドレイの言葉にそう返すと、ワイリーはロボット達へと帰還を指示した。
 弱点属性を突かれたメタルマンは、既に修復不可能だ。
 最初から手駒を一体失ったのは、少々どころではない痛手だったが、幸い他二体は健在である。
 ターボマンもフロストマンも、今から修理に取りかかれば、すぐに調子を取り戻すはずだ。
 忙しくなるぞとつぶやきながら、クリエイターのサーヴァントは、自らの工房へと向かった。



【G-4/特級住宅街・ブラッドレイ邸/1日目 深夜】

【憤怒のラース(キング・ブラッドレイ)@鋼の錬金術師】
[状態] 健康
[令呪]残り三画
[装備] 刀×4
[道具] なし
[所持金] 裕福
[思考・状況]
基本行動方針:ホムンクルスとして、人間と心行くまで戦う
1.ターボマンとフロストマンの修復を待つ
2.ひとまず今夜は睡眠を取り、起床後改めて、今後の方針を考える
[備考]
※G-4にある豪邸に暮らしています
※マリア・カデンツァヴナ・イヴがマスターであると知りました

【クリエイター(アルバート・W・ワイリー)@ロックマンシリーズ】
[状態] 健康
[装備] なし
[道具] なし
[所持金] なし
[思考・状況]
基本行動方針:世界征服のために聖杯を狙う
1.ターボマンとフロストマンを修復する
2.マリア・カデンツァヴナ・イヴの戦闘能力に興味
[備考]
※マリア・カデンツァヴナ・イヴがマスターであると知りました

【『DWN(ドクター・ワイリー・ナンバーズ)』 】
【DWN.056 ターボマン@ロックマン7】体力90%・現在地H-6
【DWN.062 フロストマン@ロックマン8】体力60%・現在地H-6

【DWN.009 メタルマン@ロックマン2 大破】




 特級住宅街と行政地区を結ぶ、橋のすぐ下にある陰。
 目の前に水路が流れるその場所で、シンフォギアを解除したマリアは、息を切らせながら座り込んでいた。
 遠くで聞こえるサイレンの音は、戦場に駆けつけた消防車だろうか。
 誰もが魔術師でないからには、そういうものも必要になるのだろう。

「水だマスター。タオルもある」

 傍らに現れたエデンが、彼女にペットボトルを差し出した。
 それを引ったくるように受け取ると、焦る手つきで蓋を開いて、思いっきり中の水を飲んだ。
 口からこぼれるのもお構いなしに、みっともなく水分を貪る。
 ややあって口からボトルを離すと、エデンが持っていたタオルを受け取り、顔周りに浮かんだ汗を拭いた。

「しばらく家には戻れないだろう。財布と着替えを取ってきた。それと、これは戦いの跡地で拾ったものだ」

 取っておいてくれ、と言いながら、エデンが持ってきたものを一通り渡す。
 着替えの入った鞄と、財布。それから赤い機械のチップだ。
 少し落ち着いたマリアは、まず鞄を受け取って、中に入ったものを確かめる。

「……下着がないわ」
「っと……すまない。うっかりしていた」
「いいのよ。お金があれば、店で買えるから」

 財布を回収してくれたから、足りないものは購入が可能だ。
 欲を言うなら、通帳もセットで欲しかったが、それは夜が明けてから頼めばいい。

「職場にも出られないとなると、周りから怪しまれそうね……」
「大丈夫か」

 エデンの問いかけに、無言で頷く。
 シンフォギアのバックファイアは、既に落ち着いている。問題があるとするならば、せいぜい体力の消耗くらいだ。

「あの時のガングニールは、明らかに異常を来たしていた……」

 待機形態のペンダントへ戻った、己がシンフォギアを見ながら、言う。
 ギアを重たく感じたのは、自分が弱っていたからではない。
 自分の身に余るほどに、ギアが強くなっていたからだ。
 シンフォギアシステムには、装者の肉体を保護すべく、301655722種類ものロックが存在している。
 その中のいくらかのリミッターが外れ、マリアに制御できないほどの力が、溢れ出してしまっていたのだろう。
 そんなことは、装者自身の意志ですら、実行することは困難だというのに。

「そうか……すまないな、もっと早くに気付くべきだった」
「気付く、って何を?」
「マスターの持つガングニールは、元は世界樹ユグドラシルの枝から作られた槍だった……それは知っているか?」
「ええ、まぁ……ということは、まさか……」
「そう。仮にこの街を支える世界樹が、ユグドラシルを元に作られたものだったとしたら……何らかの形で共鳴しても、不思議ではないということだ」

 たとえば、世界樹の中で渦巻く魔力が、枝の魔力に干渉し、その力を高めるかもしれない。
 あるいは、枝が幹へと戻ろうとして、より大きな反応を示すかもしれない。

「……そう……」

 悪夢のような推論だった。
 肌着姿のマリアは、膝をぎゅっと抱え込む。
 そんな危険な状態なのか。この漆黒のガングニールは。
 これでは技を放つことなど、恐ろしくてとてもできやしない。
 いいや、普通に使うことすら、この先続けられるかどうか。

(結局私はどこへ行っても、何も貫けないというの……?)

 状況は好転したはずだった。
 自分一人が戦うだけで、世界は救われるはずだった。
 けれどこの身の力は及ばず、出しゃばっていても引き下がっても、キーパーに迷惑をかけている。
 剣にもフィーネの器にもなれない、半端者の力では、何も成し遂げることはできないというのか。

(セレナ……)

 妹の声が聞きたかった。
 優しく慰めてほしかった。
 彼女のためになると信じて、戦い始めたというのに、その彼女を頼っている自分が、一層情けなく思えた。


(今の話には続きがある)

 失意のマリアを見下ろしながら、エデンは一人思考する。
 世界樹ユグドラシルの神話は、人間の世界で語られている、表向きの物語だ。
 しかし、聖闘士エデンの知る神話には、更に隠された真実がある。
 大神宣言・グングニル――それは遠い北欧の大地・アスガルドに伝わる究極の神器。
 邪悪な大樹ユグドラシルが、地上の小宇宙を吸い上げることで、それを養分に生み出す槍だ。
 そしてそのユグドラシルには、更にこのような逸話もあった。

(アスガルドに広がる世界樹の根は、信徒たる戦士に力を授け、逆に異教徒の力を奪う……)

 父・マルスが蜂起した数年前、アスガルドの神闘士と、死んだはずの黄金聖闘士が、戦いを繰り広げたことがあった。
 その時世界樹ユグドラシルは、黄金聖闘士達の小宇宙を吸い上げ、弱体化させていたというのだ。

(この件は僕にとっても、無関係ではないのでは……?)

 聖衣の力を抑え込み、聖衣石へと変異させた力。
 この世界樹に漂う魔力は、あるいはアスガルドの神話と、何か関係があるのではないか。
 左手の聖衣石を見やりながら、エデンはそれにつきまとう何かを、見定めようとしていた。



【H-6/行政地区・橋の下/1日目 深夜】

【マリア・カデンツァヴナ・イヴ@戦姫絶唱シンフォギアG】
[状態]ダメージ(小)、疲労(大)、魔力残量8割
[令呪]残り三画
[装備]ガングニール
[道具]アガートラーム、外出鞄(財布、着替えセット、タオル)、特殊武器チップ(メタルマン)
[所持金] 普通(現在は財布の中身のみ)
[思考・状況]
基本行動方針:聖杯を手に入れ、月の落下を止めたい
1.他のマスターにも居場所を悟られているかもしれない。しばらくの間、身を隠す
2.夜が明けたら、足りない生活用品を買い揃える。特に下着が欲しい
3.状況が落ち着いたら、エデンに通帳を取りに行ってもらう
4.ガングニールに振り回されている、弱い自分に自己嫌悪
[備考]
※H-6にあるアパートに暮らしています
※ガングニールのロックが外れ、平時より出力が増大していることに気付きました

【キーパー(エデン)@聖闘士星矢Ω】
[状態] ダメージ(小)
[装備] 『巨人星座の青銅聖衣(オリオンクロス)』
[道具] なし
[所持金]なし
[思考・状況]
基本行動方針:マスターに従う
1.他のマスターにも居場所を悟られているかもしれない。しばらくの間、身を隠す
2.ユグドラシルの空気に違和感。何かからくりがあるのかもしれない
[備考]
※世界樹の大元になっている樹が、「アスガルドのユグドラシル」なのではないかと考えています




 轟々と燃え盛る炎が、魔術の都市を赤く照らす。
 集まった野次馬たちは皆、一様に不安な表情を浮かべて、その光景を見上げていた。
 世界樹の魔力は強大だ。それが守りになっているから、炎で焼け落ちることはない。
 されど建物はそうはいかない。現に立ち並ぶ小さなビルは、炎と黒煙を上げている。

「間違いないんだな?」

 そしてその地獄絵図の中で、冷静な者が二人だけいた。
 明らかに堅気ではない雰囲気を漂わせる、厳つい顔をしたゴロツキ達だ。

「ああ。遠目にだがバッチリ見た。この辺りを飛び回る人影も、ビルを焼いた光もな」
「そうか。それなら決まりだな」

 男達は踵を返して、群衆に背を向け立ち去っていく。
 冷静な口調で話していたが、しかし二人の双眸は、どこか焦点が定まらず、ぼんやりとしているようにも見えた。
 そして二人の両目には、微かに赤い彩りが宿り光っているようにも見えた。

「ああ、そうだとも」
「早く戻ってあの方に――ミヤビさんに報告しないとな」



[全体の備考]
※H-6にて、火災が発生しました。消防隊による消化活動が進んでいます。
※ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアに洗脳されたマフィア二人が、H-6で起きた戦闘を目撃しました。
 放置すると、雅緋の元へと報告に向かい、情報が伝わってしまいます。



BACK NEXT
カーテン・コール 投下順 陰にて爪を研ぐ
カーテン・コール 時系列順 陰にて爪を研ぐ

BACK 登場キャラ NEXT
カーテン・コール マリア・カデンツァヴナ・イヴ 百機夜行
キーパー(エデン
憤怒のラース 森の向こうに目が潜む
クリエイター(アルバート・W・ワイリー