回復メタ

回復メタとはRewrite Harvest festa!で初登場した、クロック回復1点につき2枚のストックを要求する能力、またはその能力を持ったカードを指す、プレイヤー間での呼称。
初出カードの名前からとって、「カリスマ」と呼ばれることもある。

RW/W20-004
カード名:“カリスマ魔女様”朱音
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:3500 ソウル:1
特徴:《魔法》《オカルト》

【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
【自】あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。

R:ま、やるならやってみましょ
SP:

レアリティ:R SP
illust. 初出:「Rewrite」公式通販特典タペストリー (R) /「Rewrite」 応援イラストコレクション (SP)

VR-W22-P06
カード名:ビビッときた二人 あかね&わかば
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:500 ソウル:1
特徴:《鍵》《スポーツ》

【自】 記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を、控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。
【自】[① このカードを思い出にする]バトル中のこのカードがリバースした時、他のあなたの《鍵》のキャラが2枚以上なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは2枚まで引き、自分の手札を2枚選び、控え室に置く。

あかね「楽しいね、わかばちゃん!」

レアリティ:PR
初出:電撃G'sマガジン2013年3月号

ヴァイスシュヴァルツ黎明期から不動の強さを見せる回復カード・回復能力に対する抑止力であり、これらのカードが効果を発揮している場合木琴占いをはじめとする回復イベントは実質使用する意味がなくなってしまう。
また、バーンなどの詰めカードがなく、デッキ圧縮と回復による耐久が売りのタイトルはその戦術自体を抑えられてしまい、レベル3までの戦況によっては不利どころか詰む場合もあるため、一部プレイヤーからは批判の声もある。しかしその一方で、回復を持たないが他方面で優秀な能力を持つレベル3の再評価を促す事にもつながっている。

2014年初頭には「同能力の記憶を持つレベル0のキャラ」が登場。それまでは2/1のキャラである以上採用するためには使用する色に気を使う必要があったが、こちらのタイプは同時に思い出置き場に送る能力を有しているためどのような構成でも気軽に使用できる。艦隊これくしょん -艦これ-を境に詰め能力の見直し・増量も図られており、今後の環境の変移が気になるところ。

舞台で効果を発揮するカード


Rewrite Harvest festa!
カード名 レベル/コスト スペック 備考
“カリスマ魔女様”朱音 2/1 3500/1/1
アニメ「リトルバスターズ!」
カード名 レベル/コスト スペック 備考
“風紀委員長さん”佳奈多 2/1 3500/1/1

思い出で効果を発揮するカード


ビビッドレッド・オペレーション
カード名 レベル/コスト スペック 備考
ビビッときた二人 あかね&わかば 0/0 500/1/0
翠星のガルガンティア
カード名 レベル/コスト スペック 備考
水着のエイミー&ベローズ 0/0 1000/1/0
艦隊これくしょん -艦これ-
カード名 レベル/コスト スペック 備考
暁型駆逐艦2番艦 響 0/0 1000/1/0
キルラキル
カード名 レベル/コスト スペック 備考
鮮血との出会い 流子 0/0 2000/1/0

ルールに関して

  • 能力が誘発する条件はあくまで「自分のカードの能力によって、クロック置き場のカードが控え室に移動したとき」であるため、こそばゆい未来 姫乃などが持つ「クロック置き場のキャラを舞台に移動する」能力や、処刑さやかの願いの「クロック置き場のカードを手札に加える」能力など、影響を受けない回復能力もいくつか存在する。

  • ジョーヌ&ベールのクロック置き場・控え室間の入れ替えなど、テキスト全体で見て回復能力に分類されない能力に対しても有効なことがある。ただし「自分のカードの効果で」という指定があるので、暗躍する黒井社長の能力を使われたときなど、「相手のカードの効果」でクロックから控え室に置かれた場合は機能しない。

  • ストック2枚を控え室に置く事は強制ではなく任意である。クロック置き場よりも控え室にあってほしいカードを落とすために回復し、ストックは控え室に置かずに山札からクロックに置くという行動も、場合によっては手段として有効。ただし、2枚以上の回復メタが機能している場合は、差し引きでクロックが増えてしまうことには注意。

  • 木琴占いなど同時に複数枚のクロックを移動する効果については回収メタ同様1枚ずつに誘発し、それぞれの回復についてストックの支払いの是非を選べる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。