“No brand girls”希

&autolink
LL/W28-005
カード名:“No brand girls”希
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《音楽》

【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から6枚まで見て、3枚控え室に置き、残りのカードを山札の上に好きな順番で置く。
【自】このカードがアタックした時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《音楽》のキャラなら、他のあなたのキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。

一緒にみんなに喜んでもらおうねー

レアリティ:RR
illust.

  • 13/12/05 メールマガジン 14/1/13 今日のカード

メルマガで先行公開され、後に今日の公開カードで画像付きで公開された。

ヴァイス初の登場効果。デッキ削りと打点操作を両方同時に行うもの。
水着の由夢千里 朱音等の効果を足して割ったようなもの、とも言えなくはない効果。

最初の効果で3枚控え室に置くことになるが、デッキ残り6枚以上でかつリフレッシュ直前なら、
デッキに残ったCXを控えに置くことでクライマックスの戻る枚数を増やし、圧縮率を上げることにつなげたり、
トリガーのないカードを控えにおいて、トリガーのあるカードを残す、という使い方ができる。
「まで」指定なので、5枚、4枚指定もできるが、その場合操作できる枚数が減ることになるので注意したい。
CXをあえて残す場合、自身の2つ目の効果および“炊き立てご飯です♪”花陽と相談して
置き順とアタック順番を決めるのがいいだろう。
また、状況は限られるが攻撃回数を減らし、山札にクライマックスを残すという戦法もある。

ある意味「3枚捨てる操作が加わった代わりに見る枚数が3枚増えて、かつCX不要」の情熱家 雪歩と言えなくもない。
操作できる枚数が実質3枚なのも、あちらと共通している。
発動タイミングはアタック時ではないが、自身の2つ目の能力があるので気になるほどでもない。

そしてもう一つの能力は、当てれば 自分以外の 味方にソウル+1を与えるもの。登場ターンであれば最初の能力で
トリガー順を操作しているので、打点調整に貢献する。ただし自分は上がらないため、最初の能力で操作する時は、
このことを前提に順番を決める必要がある。とはいえ置いた順によっては、自身が最初にアタックしなくてもいい、
というプレイングもできるので悪くはない。

最初の能力に関してだが、デッキ残り3枚以下の時は注意が必要。
(デッキ残り3枚の場合)3枚を選んだ場合、見たカード全て控えに置く処理(その後リフレッシュ処理)だけになる。
とはいえ6枚「まで」指定なので、2枚、1枚のみ指定するという方法は一応とれるが、
打点操作ができなくなるのであまり利が得られない。
ただし、0枚指定なら山札を削ることがない、ということは覚えておくと良いだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。