元・天使フロン

DG/S02-054
カード名:元・天使フロン
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:1000 ソウル:1
特徴:《天使》《悪魔》

【永】他のあなたの《悪魔》を持つキャラ全てに、『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を与える。
【自】[①]このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたの控え室のクライマックスが4枚以上なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。

R:かにみそっ!かにみそっ!!かにみそっ!!!
SR:……あれ?ここ、どこですかー?

レアリティ:R SR
illust.原田たけひと


永続効果で味方の《悪魔》全員に手札アンコールを持たせ、自動効果で自分が死んだ時に条件を満たせば僅か1コストでサルベージ効果。
どう使っても腐らない、優秀な1枚。

そもそもレベル1段階でCXが4枚落ちていることはそれなりに有りうる上に、平凡な僧侶等の優秀なデッキクラッシャーでCXやキーカードを無理やり落とし、自爆特攻等でコスト1でキーカードの回収も行える。
ラハール&マオが相手のキャンセル率を上げてからキャラをリバースさせなければならないのに対して、このカードはCXが4枚落ちていれば使える。もちろん自身は撤退するため相手ターンに最低でもソウル2のアタックが飛んでくるため一長一短ではあるが。

永続効果は後衛向きだが、自動効果は前衛向きである。アンコールを持たせる効果は優秀であるのは周知のことではあるが、CXが4枚以上落ちているなら自動効果で回収したほうがレベル2以降の戦いを上手く進められることが可能なため、場合によっては前列に出ていくこともよくある。

このカードが2枚並んでいる(A・Bとする)状況で、控え室のクライマックスが4枚以上ならば、『Aが控え室に送られる際に自動効果で控え室からキャラを回収し、それをBが付与したアンコールのコストにしてAを舞台に戻す』ということも可能。
実質的に1コストでアンコール出来ることになる。中盤事故ったときの壁にもなりそうだ。

  • 2013年後期から2015年前期まで、ネオスタンダード・タイトル限定構築の選抜対象カードになった。


・関連カード
《悪魔》
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。