超魔王ラハール

DG/S02-T17 DG/S02-061
カード名:超魔王ラハール
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《悪魔》《武器》

【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックを上から1枚選び、控え室に置いてよい。
【起】[このカードを思い出にする]あなたは自分の控え室の《天使》《悪魔》のキャラを2枚まで選び、手札に戻す。

……だれだ、このラハール様の
眠りをさまたげる命知らずは?

レアリティ:TD U
illust.日本一ソフトウェア 初出:魔界戦記ディスガイア ザ・コンプリートガイド表紙


ヴァイス史上初めて「基礎パワー10000」、「CIP回復+他の特殊能力1つ」という能力を合わせ持った1枚。
このカードこそが現在の多くのレベル3キャラクターのテンプレとなったといっても過言ではない。このカードの登場が与えた影響はゲームデザイン面でも、そして環境に与えた影響という面でも非常に大きい。

登場当時の環境では、レベル3の平均パワーは後列込みで僅か9000~10000程度であった為、【コマリンマックス】など一部デッキを除けば、このパワーを簡単に超えることはできなかった。

もう一つの能力で《天使》《悪魔》のキャラを2枚まで回収できる。
自身が思い出に行ってしまうので再利用はできないが、ストック消費なしで回収できるのは優秀。また自身も《悪魔》持ちであるため、控え室の同名カードを回収してクロックを複数枚回復することも容易。1ターンを争う終盤においては重宝するだろう。ストックを用意すれば、このカード1枚から2~3点の回復+2~3枚回収が珍しくない。

手っ取り早くさらなる場の展開を期待するなら絆でこのカードを回収できる天使見習いフロンの導入がオススメ。天使見習いフロン《天使》であるためこのカードで回収出来ることから、更なる回復コンボに繋ぐことができる。

またエクストラパックの発売で、“最終兵器DESCO”という新たな《悪魔》の回復持ちも追加された。このカードと組み合わせて使うことにより更なる回復が見込めるうえ、盤面も取りやすくなる。ただし良くも悪くもレベル3、当然敗北も近いのでそこまで過信はしないように。

同色同レベル同サイズで早出しできるリームシアン・ラ・ヴァース、そしてカムバックキャンペーンで登場した愛くるしい闇 ダークレイスと使いやすい回復持ちの《悪魔》が多数存在したことから、このカードを主軸にする【悪魔デッキ】は長期間黒リーグの主流となった。

  • このカードの回復・回収能力による遅延行為が多発したためか、各フォーマットで制限・禁止を経験している。
    • ネオスタンやタイトル限定構築では、2012/08/25より2枚制限、そしてエクストラブースターディスガイアD2の発売に合わせて、2013/08/15より禁止カードに指定されていた。2014年末の臨時制限改訂には1枚制限に変更され、2016年9月5日に制限解除。
    • サイド限定やスタンダード構築では、2012/08/25より禁止カードに指定。こちらも2016年9月5日に禁止解除。

  • 余談であるが、このカードのフレーバーは原作ゲームのオープニングでラハールが昼寝(とはいっても訳あって2年間もの睡眠)中にエトナに叩き起こされた際に言う台詞である。
    • 一方のカード名は、原作の隠しボスである超魔王バールを倒した際に貰える称号なので、フレーバーとカード名が全くかみ合っていない。

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
天使見習いフロン 0/0 500/1/0
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。