因果の終着点 まどか

&autolink
MM/W17-029
カード名:因果の終着点 まどか
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:2 コスト:2 トリガー:1
パワー:8500 ソウル:2
特徴:《魔法》

【永】このカードの下のマーカー1枚につき、このカードのパワーを+1500。
【自】あなたが山札をリフレッシュした時、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置いてよい。

R:キュゥべえ「まどかが産み出すかもしれない
ソウルジェムの大きさは、僕にも測定しきれない」
SR:キュゥべえ「お手柄だよ、ほむら。
君が、まどかを最強の魔女に育ててくれたんだ」

レアリティ:R SR
illust.

  • 12/02/17 今日のカード。

リフレッシュしたときか時間遡行者 ほむらの効果によることでマーカーが置かれ、マーカーによってパワーが強化される、それだけの効果しか持たない。
しかし1回リフレッシュを挟むことでレベル2としては最高水準となるパワー10000。時間遡行者 ほむらの効果を使うことでレベル3を越えるパワー11500。
単純にパワーが上がるだけなのだが、単純だけに強い。

このカードを出せるようになるレベル2はリフレッシュの直前もしくは直後だったりするので、このカードの効果を直前に使う見通しならば事故でもなければ集中は使わない方がいいかもしれない。
緑はストックが溜まり易く、舞台のパワーが高く控え室に落ち難い分、デッキの枚数が減り易い。
二度時間遡行者 ほむらの効果を使うこともそう難しい話ではないだろう。

マーカーにはレベルとパワーが上がるものと、パワーのみ上がるものがあるが、このカードは後者。
レベルは上がっていないため、ビートダウンには強いがレベル2以下を対象にする除去には弱いので注意。アンコールしてもマーカーはこのカードには戻らない。

同様に同じレベルの“内緒”のまどかの効果でこのカードを思い出に送ると、マーカーは全て控え室に置かれてしまうので注意。
そもそもこのカードがリバースしていない状態で思い出に避難させる意味はあまりないのだが。デッキを組む場合はレベル2のギミックをどちらかに絞るのが無難。
ただ、このカードの下にクライマックスが確実に置かれており、リフレッシュが近いのならば無意味な行為ではなくなる。溜めこんだ力を放出して楽にしてもらうのもありか。

ちなみに、この「リフレッシュした時」という能力はFateの葛木 宗一郎以来と久々の登場となる。
このカードが舞台に出ておりデッキが残り3枚のときに集中で4枚カードをめくる場合、
集中で3枚カードをめくる(このめくれたカードはデッキに戻らない)→デッキをリフレッシュする→もう1枚めくる→集中の効果を解決→リフレッシュポイントの解決→このカードの下にマーカーを置く
の順番で処理が行われる。


・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
時間遡行者 ほむら 2/1 7500/1/1
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。