奇跡を願う杏子

&autolink
MM/W17-069
カード名:奇跡を願う杏子
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《魔法》《お菓子》

【自】[手札を1枚控え室に置く]あなたのクライマックス置場に「独りぼっちは、寂しいもんな」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の前列のレベル2以下のキャラを1枚選び、控え室に置き、ターンの終わりに、このカードを控え室に置く。

頼むよ、神様……こんな人生だったんだ……
せめて一度くらい、幸せな夢を見させてよ……

レアリティ:U
illust.

  • 12/02/02 メールマガジン

終盤に向けてストックを温存しつつ相手前列のキャラを除去することができるが、このカードのいた枠が空いてしまう上に手札1枚を消費するので、そこまで軽い効果ではない。
アンコールされてしまった場合はフレーバーテキストを読み上げるといい。
可能なら早出しされたレベル2のキャラなどを狙っていきたい。

魔法少女まどか☆マギカでは希少な“一緒に歩く道”ちはやをレベル1で突破できる手段となる。制限前は、この効果で控え室に送っても“散る桜の宿命”咲夜が舞台に戻してしまうのだが、制限後、“散る桜の宿命”咲夜の代わりに採用された“模索する者”篝はアンコールを付与するのが「相手のアンコールステップ」なのでこのカードの効果で除去してしまえば復活することもない。なお、その“一緒に歩く道”ちはやを有するRewriteには、優秀なレベル1相打ちがいる。あのカードの性質上、場に残っていることは少ないが、いたとしたらこのキャラでフロントアタックして、シナジーで“一緒に歩く道”ちはやを除去できるのが一番理想だろう。このカードのシナジーの「ターンの終わりに、このカードを控え室に置く。」というデメリットを軽減することができる。


・対応クライマックス
カード名 トリガー
独りぼっちは、寂しいもんな 2
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。