“世話焼き”佐々美

&autolink
LB/W02-E01
カード名:“世話焼き”佐々美
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:8000 ソウル:1
特徴: 《動物》《スポーツ》

【自】[④]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「佐々美の手料理」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の手札のレベル0以下の《スポーツ》のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。

だ・れ・が新婚さんですのっ!!

レアリティ:R
illust.VisualArt's/Key

2/1/8000の《動物》《スポーツ》持ちなのでスペック自体は非常に優秀。
気になるのはクライマックス効果であり、従来の黄のクライマックスコンボと言えばバウンスであった。
だがこのカードのみ何故かコンボが代わっており、コストを支払い手札のキャラを舞台に置く効果になっている。
一見すると非常に使えない能力に見えるが、公式裁定により、『この効果で自分の舞台にいるレストしているキャラを控え室に送り、その枠に手札のキャラを置く事が可能』となっている為、実は意外と強力。
要はアタックが4回行えるようになる為、ローリスクローリターンとなった「“新リーダー”理樹」と言える。
コストが4とパッと見重く見えるが、事前に他2人がアタックする事を考えるとストックが2あればいい為、コストパフォーマンスも悪くはない。

コストは非常に重くなり実戦向けではないのだが、ストックが十分にあり、このカードを2枚場に出していれば最大1ターンで5回アタックができる。
まずこのカード以外のキャラでアタックする。その後、このカードでアタックし、コストを払い最初にアタックしたキャラの枠にキャラを置く。次に先ほど手札から出したキャラでアタック。その後、もう1枚のこのカードでアタックして前列のアタックしているこのカード以外の枠に置く。最後にその出したカードでアタック。
非常に重いとはいえ、ソウル3が5回も来るのだから恐ろしいことこの上ない。
更に言えば、この5回攻撃、上記4回攻撃と同じく事前にアタックしているキャラの事を考えると6コストあれば可能なため、デッキを低コストキャラ中心で組み立てれば意外と無茶な作戦ではなくなるので一考の余地は十分にある。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
佐々美の手料理 2

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。