“新リーダー”理樹

&autolink
LB/W02-E02
カード名:“新リーダー”理樹
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:7500 ソウル:2
特徴:《特徴なし》

【自】この能力は1ターンにつき1回まで発動できる。あなたのキャラのトリガーチェックでクライマックスがでた時、他のあなたの、「“兄貴分”恭介」と「“マウンド上の精密機械”鈴」と「“筋肉の革命児”真人」と「“単純馬鹿”謙吾」がいるなら、あなたの前列のキャラすべてを、スタンドする。

何かを企むってすっごく楽しいね

レアリティ:R
illust.VisualArt's/Key

リトルバスターズ!EXパックで登場したキャラクターカード。
「アタックは3回」という概念を覆すカード。
ただし効果を使用する場合、レベル3という点、舞台にいるキャラが固定される点、暗に4色デッキを組む必要がある点、といろいろ克服するべき点がある。

再スタンドするタイミングがトリガーステップなので、折角スタンドしたのにバトルに負けてリバースという事だけは避けたい。
そのためにはトップのピーピングも不可欠なので、「“秘密指令”恭介」を採用したい。
また、CXをトリガーする=ストックに埋まるため、前列にはストック掘り要員に「“筋肉の革命児”真人」を採用するのが基本。
2回のアタックで2コストで2体回収出来るため、次ターン布陣が瓦解されても再度組み直せる点で優秀な前列。

もう一列は、サイドアタックによる延命を図り「“兄貴分”恭介」を採用するか、アンコールを持つ「“マウンド上の精密機械”鈴」のどちらかを採用したい。
“単純馬鹿”謙吾」は条件を満たしても理樹と同じパワーにしかならないため、後列要員にならざるを得ない。

アニメ版ブースターのBOX封入特典として、自身を含む関連カード5枚の同名異能力カードが収録され、新しい可能性が示された。
4色構築が必要な点は変わらないが、はコスト0で出せるようになり、恭介はサーチ能力、謙吾は身代わり能力、真人はクロックアンコールをそれぞれ得た。一概にどちらがいいとは言えないカードもあるため、旧版のカードと好みで使い分けるといいだろう。

限られた舞台や色をフルに活用する、ヴァイスシュヴァルツの神髄とも言うべきカードである。
この効果を使うデッキを組む場合は高度なデッキ構築とプレイングが要求されるだろう、
また、新規カードの追加により盤面維持が容易になったが、トリガー成功前にクロックや思い出など舞台以外の場所へ飛ばされると、効果を発揮することができないため超魔王バール結弦の心臓 かなでなどには注意が必要。

・同名カード
番号 カード名 レベル/コスト スペック 収録パック
LB/W21-106 “新リーダー”理樹 3/2 10000/2/1 プロモーションカードアニメ「リトルバスターズ!」

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
“兄貴分”恭介(LB/W21-107) 2/1 4000/1/1 アニメ「リトルバスターズ!」版
“マウンド上の精密機械”鈴(LB/W21-108) 1/0 5000/1/0 アニメ「リトルバスターズ!」版
“筋肉の革命児”真人(LB/W21-109) 2/1 8000/1/1 アニメ「リトルバスターズ!」版
“単純馬鹿”謙吾(LB/W21-110) 1/0 4500/1/0 アニメ「リトルバスターズ!」版
“兄貴分”恭介(LB/W02-E04) 1/0 4500/1/0 リトルバスターズ!エクスタシー版
“マウンド上の精密機械”鈴(LB/W02-E06) 1/1 4500/1/1 リトルバスターズ!エクスタシー版
“筋肉の革命児”真人(LB/W02-E13) 1/0 2500/1/0 リトルバスターズ!エクスタシー版
“単純馬鹿”謙吾(LB/W02-E18) 1/1 3500/1/1 リトルバスターズ!エクスタシー版

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。