マイクローン化 クラン

&autolink
MF/S13-077
カード名:マイクローン化 クラン
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《パイロット》

【永】 経験 あなたのレベル置場のカードのレベルの合計が4以上なら、他のあなたの《パイロット》のキャラすべてに、『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を与える。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。

ったく成長しないガキ共め

レアリティ:RR RRR
illust. 初出:


ちっちゃいクラン大尉のレベル3が登場。
《パイロット》は2つのタイトルにしか存在しないのだが、同エキスパンション内の三角関係 アルトも含め、これで6枚目。

経験とCIP回復の2つの能力だが、注目すべきは経験。
アジサイ畑のまゆき皆を見送る役目 かなでなどの特徴限定の手札アンコール付与の対象が《パイロット》になり、パワー査定が-500になったかわりに経験4レベル以上の縛りが付いた。
ただしこの効果には自身が含まれておらず、前列に置くのであれば同カードを2枚以上出せる状況にあるのが好ましいだろう。
もしくは、余裕があればいっそ後列に配置してしまうというのも悪くないかもしれない。

サイド・スタン環境で使用する場合、《パイロット》には強力なフィニッシャー、“ユーロ空軍のエース”アスカがいる。
そして、そのアスカを守る壁としてシンジを守ると誓う綾波が使われることが多かった。

あちらのメリットとしては、守りたいキャラだけでなく自分の生存率も上がる、疑似的なカウンターとなる、手札のCXを落とせる、チェンジで早出し出来る、などがある。
対してこちらは、略奪者アッシュなどで控え室以外に送られない限りまず間違いなく生き残らせることができる、対応CXを握っておく必要が無い、複数を同時に守ることができる、など。

どちらが良いかは、個人の判断によるところが大きいだろう。
いっそ両方採用というのも選択肢の1つか。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。