三角関係 アルト

&autolink
MF/S13-057
カード名:三角関係(トライアングラー) アルト
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《パイロット》《音楽》

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、あなたは1枚引いてよい。
【自】[このカードを手札に戻す]このカードのバトル相手がリバースした時、あなたのクライマックス置場に「サヨナラノツバサ」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の前列のスタンドしているキャラすべてを、手札に戻す。1枚以上手札に戻したなら、あなたは自分の手札の「三角関係 アルト」を1枚まで選び、キャラのいない枠に置く。

r:アルト「オレは、命に代えても
お前をバジュラから守る」
s:アルト「言ったろ? お前は一人ぼっちじゃないって」

レアリティ:R
illust. 初出:アニメージュ2010年2月号

  • 11/07/19 今日のカード。

かなり個性的な1枚。
CXシナジーは処理の順番の関係でこのカードとアタック前のキャラを手札に戻し、そのまま手札にあるこのカードを出す事が出来る。
なので能力のために手札にこのカードをもう一枚握っておく必要はない。
CIP効果はこれまであった2ドロー1ディスのものとは違い、1ドローだけだが、CXシナジーで登場した場合にも当然発動する。

CXシナジーは一見使い辛く見えるかもしれないが、実は上手く使えばかなり有用な能力。
たとえば、CIPで回復できるキャラを手札に戻すと、次のターンに再びプレイすることで再び回復を打てる。
おめかし長門を手札に戻すと、次のターンも相手の場を壊滅状態にできる。
などなど、強力なCIP効果を使い回すことができる。
ただし次の自分のターンにならないと使えないので、1ターン相手の攻撃を耐える必要がある。
効果目当てではなく、コストの掛からない低レベルキャラを手札に戻すのももちろんあり。

  • ちなみにこのカードは、同一ブースター内で初の複数のイラストの違う同名カードのレアリティが変化しないパラレルカードである。アルトとシェリル、アルトとランカの2種類のイラストが存在するというまさに「三角関係」な仕様。俺の嫁な方を使うも良し、複数枚使う場合はTV版最終回の「お前が、お前たちが、俺の翼だ」を再現するも良し。
    • 上記の理由から、後発のイラスト違うカードのと異なり、イラスト違うで区別されているカードナンバーの一番後の英文字表記は、通常のアルファベット順ではなく、シェリルとランカの名前の頭文字(s、r)をとった。


・対応クライマックス
カード名 トリガー
サヨナラノツバサ

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
トライアングラーの結末 アルト 2/1 7000/1/1 チェンジ元
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。