守護者セイバー

FH/SE03-001
カード名:守護者セイバー
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:6000 ソウル:1
特徴:《サーヴァント》《武器》

【自】[②]あなたのクライマックス置場に「決戦!デッドブリッジ」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【永】このカードがアタックする時、あなたはかわりに相手の後列のキャラを1枚選び、このカードはそのキャラを防御キャラとしてフロントアタックしてよい。』
【自】このカードとバトル中のキャラがリバースした時、あなたはそのキャラをストック置場に置く。

ノーマル:いざ、死力を尽くして来るがいい
パラレル:この剣にかけて、貴様等の挑戦に応えよう─────!

レアリティ:R
illust.TYPE-MOON

エクストラブースターで追加された、新たなセイバー。
レベル1、コスト0であるにも関わらず、同スペックのバニラの基準値5500よりも高い。

一つ目の自動効果はクライマックスとの連動で後列キャラに向かってアタックできる。臨戦態勢ライダーと同じ能力であり、パワーが高めなのでより安全にアタックできる。基本的に後列に置かれるキャラはパワーも低く、下記効果と相俟って舞台からの除去という点においては優秀だろう。

二つ目の効果はリバースしたキャラがストックになる自動効果である。こちらのアタックからでも相手のチャンプアタックでもストックに飛んでいく。アンコールを封じるという点では利点であるが、同時にストックを与えるという点は欠点となる。
このカードのパワーが高いのは、この効果をデメリットして査定されている為と思われる。
闇雲にキャラを倒していくと相手に余計にストックを与え、より強力なキャラの呼び水になりかねないので注意が必要。

コスト0のセイバーであるため、“漆黒の聖剣”セイバーのコストにもなりうる。
スタン環境で黄青ならば、着替え中のシリルや助太刀などを駆使すれば相手ターン中でもキャラを駆逐することが出来るので、レベル1帯の中だとかなり優秀なアタッカーとなるであろう。

余談だが、クライマックスの対応がおかしい。
カード名、イラスト、フレーバーともに、原作クライマックスにおけるセイバーなのだが、
決戦!デッドブリッジ」は中盤の山場となる全く別のシーンである。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
決戦!デッドブリッジ 2

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。