神出鬼没 アルティナ

DG/SE08-16
カード名:神出鬼没 アルティナ
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:6000 ソウル:1
特徴:《天使》《怪盗》

【永】他のあなたの前列の中央の枠のキャラに、パワーを+1000。
【自】あなたのアンコールステップの始めに、クライマックス置場に「悪魔と天使の絆」があるなら、あなたはこのカードをレストし、舞台の好きな枠に動かす。(今いる枠を選んでもよい)

C:フフフッ。それでは皆さん、ごきげんよう
P:フフッ。これも日ごろの善行の賜物ですわね

レアリティ:R
illust.

  • 11/04/28 メールマガジン

一つ目の効果は前列中央に+1000のパンプをするもの。
最近それなりに見かける効果だが、レベル2の段階では前列中央の1枠に+1000というのはやや物足りない。
スタンダード環境で大活躍持ちと組み合わせるなら、サポートカードとしてレベル2以降でも使い道はあるだろう。

二つ目の効果は迷子のファークリン同様、CX連動による擬似アンコール+枠移動。
前述のカードとは違い、レベル2キャラとしてはサイズはそれほど大きくなく、パンプ効果を持っていることを考えると、
前列でアタックし、仮に勝てなくてもレストして後列に退避してパンプをかけ続けるという使い方が主流か。
単純な擬似アンコールとして、その場に留まることもできる。
ちなみに「このカードをレストし、」の部分はコストではなく効果の一部なので、アンコールステップの始めにこのカードがレスト状態でも効果は発動する。
(「このカードをレストし、」の部分は実行不可なので無視し、残りの部分を解決する)

どちらの効果も決して弱くはないが、正直レベル2キャラでやることかと言われると悩みどころ。
前述のようにパンプ効果はレベル2段階では決して大きいものではないし、枠指定も使いづらい。
擬似アンコールと枠移動は便利ではあるものの、レベル2段階ともなると後列が埋まっていることも珍しくないので、後列退避を狙う場合予め後列を空けておく必要があるのが難点。
いっそ6000という中途半端なパワーを更に削る代わりにパンプが使いやすくなっていれば、「アタック数を稼げる支援キャラ」となれてよかったのだが。
上にあるように大活躍持ちと併用する以外では他のサポートカードを使う方が無難かもしれない。


・対応クライマックス
カード名 トリガー
悪魔と天使の絆
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。