友達を想う マト

&autolink
BR/SE06-32
カード名:友達を想う マト
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:8000 ソウル:1
特徴:《スポーツ》

【自】[手札の「異世界の少女 ブラック★ロックシューター」を1枚思い出にし、このカードを控え室に置く]あなたのクライマックス置場に「アナタは誰?」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“流星”ブラック★ロックシューター」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。

また一緒に笑い合いたい……!

レアリティ:C
illust.

発動させることが出来れば実質ノーコストでレベル3キャラへの擬似チェンジを行える、しかもその対象は登場時相手をリバースさせることでノンコストで山札サーチを行えるので、思い出にしたカード分も手札損にはならない……とかなり使い勝手はいいように感じられるが、条件はかなり厳しい。

対応CXがなければ発動できないチェンジであることはもちろん、思い出送りにする異世界の少女 ブラック★ロックシューターはデメリットつきのレベル0キャラであり、レベル2の時点までクロックにもおかずに手札にあるという状況が限られることがもちろん、それをある程度の枚数入れることによるレベル0帯の不安定さを誘発してしまう。

また、チェンジ先である“流星”ブラック★ロックシューターについては上述のCIP相手リバース条件サーチの能力しか持っておらず、CIP回復もないため、純粋なレベル3キャラとしては主力にしづらい。だからといって各パーツを減らし限られた枚数内でチェンジ発動を狙うのはもっと不安定になることは間違いない。チェンジタイミングについてもレベル2という関係上リフレッシュをはさんでいるかは微妙で、せっかくチェンジを発動し山札からのサーチを行えたとしても十分なカード選択肢がないということも起こり得る。

タイトル内のレベル2においては他にも強力なキャラが存在しており、この擬似チェンジを狙うためだけに全体の構成やCXを限定されるのはかなり疑問が残る。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
アナタは誰?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。