オペレーション・トルネード

&autolink
AB/W11-071
カード名:オペレーション・トルネード
カテゴリ:イベント
色:赤
レベル:1 コスト:0 トリガー:0

集中 あなたは自分の山札の上から3枚をめくり、控え室に置く。あなたは自分の控え室のレベルX以下の《死》のキャラを1枚選び、手札に戻す。Xはそれらのカードの《死》の枚数に等しい。

時間稼ぎが・・・、まさかこんな壮絶なことになるなんて・・・

レアリティ:U
illust.-

集中かつ回収イベント。

回収対象は勝利宣言ハルヒの集中同様に「集中で落ちた回収対象と同じ特徴の枚数」に依存するため、
《死》で組まれたデッキであればあるほど高レベルのキャラを回収できる。

回収枚数は1枚であるため手札アドは取れず、特徴が限定されるためデッキによって利便性は変わるものの、
実コストは一切かからないため回収イベントとしてはかなり優良。
またこのタイトルには集中持ちのキャラが少ないため、早い段階で山札のCXがなくなった時などのデッキ削りとしても有用。
この場合、山札のCXが少ないとキャラがめくれる可能性が高い=高レベルのキャラを回収しやすいということなので、
CXがめくれないと効果を発揮しない一般的な集中に比べて、カードの能力と噛み合っていると言える。
ABで組む場合にはほぼ自動的に《死》が中心となるため、入れてみても良いだろう。
多生の絆 音無を入れておくと、望んだカードのレベルが出なかった場合の保険になる。

余談になるが、略称が何故か「オペト 」と定着している。
普通なら「オペトル」だが、恐らく語感によるものだろう。

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。