“管制人格”闇の書の意志

NA/W12-076
カード名:“管制人格”(マスタープログラム)闇の書の意志
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:1 トリガー:1
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《魔法》《本》

【自】[手札のクライマックスを1枚控え室に置く]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+X。Xはあなたの控え室のクライマックスの枚数×1000に等しい。

RR:力のすべては・・・・・・主の願いの、そのままに・・・・・・
SR:闇に・・・・・・染まれ・・・・・・

レアリティ:RR SR
illust.toma

  • 10/8/16 今日のカード。

“エースで4番”佐々美に似通った性能を持ったカード。
ただし、効果が「起動効果」ではなく「自動効果」かつ「アタック時」となっているため複数回重ねる事は出来ず、
“エースで4番”佐々美にはついていた手札アンコールが無くなっているのにも関わらずサイズは同じ5000。
しかも、効果によって起こるパンプは全力全開なのはのCXシナジー同様に控え室のCX枚数に関係するため、
安定した威力を発揮できる“エースで4番”佐々美と比べると不安定になっている。

しかし、逆に考えると「起動効果」ではないため時空管理局提督リンディ等の起動効果封じの対象にはならず、
「手札からCXを捨てる」事と「控え室のCX枚数によって強化される」事がリンクしているため、コストと能力が噛み合っている。
なのはと違ってCXを置いておく必要がないため「リフレッシュ直前で使って1枚戻り損なった」ということが起こらない。
そもそも、レベル1時点ではリフレッシュ前であることが多く、手札1枚で最大+8000と考えれば破格の性能。
また、ダメージレースの経過によっては相手が チェンジ 等でレベル3を展開していてもおかしくない。
そのレベル3キャラをも殴り倒す事が可能なのだから驚異的である。
特徴もシナジーの多い《魔法》《本》であるため、なかなか優秀と言えるだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。