恋する乙女 ジュビア

&autolink
FT/S09-084
カード名:恋する乙女 ジュビア
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:1 トリガー:1
パワー:3000 ソウル:1
特徴:《魔法》《愛》

【永】 アラーム このカードがクロックの1番上にあり、あなたの《愛》《氷》のキャラが4枚以上なら、あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札を見て《愛》《氷》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。

はぁ・・・・ジュビア・・・・
どうしちゃったのかしら・・・・この胸のドキドキは・・・・

レアリティ:U
illust.-

幻想世界の少女同様に難しい条件を持ったかわりにノンコストでサーチが付いてくるアラーム。

条件は《愛》《氷》が4枚以上。
《氷》は各種「グレイ」、《愛》は各種「ジュビア」の他に他作品でも存在するため、
そちらで補えば幻想世界の少女ほど条件は難しくはない。
色的にはTHE IDOLM@STERの「あずさ」か戦国BASARAの「かすが」か「ザビー」辺りが候補にあがるだろうか。
適当にキャラを3体以上並べて“愛ミナギル”ザビーを配置すれば一気に条件を満たすことができる。
ただし、サーチ先も幻想世界の少女とは違い限定されており《愛》《氷》限定。
条件を満たすことやサーチ先を考えると《愛》《氷》のみでかためたデッキでの運用になるだろうか。

ただし、逆に言えば《愛》《氷》で固めたデッキであればかなり強力。
何しろターン最初のクロック&ドローをした上でサーチ分手札が増えるのだ。
状況によっては「このカードをクロック&ドロー→このカードをサーチ→次のターンもこのカードをクロック&ドロー…」と
ほぼ手札を減らさない状況をキープすることができるのだ。
魔界戦記ディスガイアのみの頃とは違い、現在はシュヴァルツサイドに《愛》持ちも増えており、
《氷》にもレベル2から登場可能な妖精の尻尾の魔導士 グレイのような優秀なカードも存在する。
純粋に《愛》《氷》で固めたデッキを組むことも不可能ではないため、狙ってみるのも悪くはないだろう。

・関連カード
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。