はやて&ヴィータ&シグナム

&autolink
NA/W12-106
カード名:はやて&ヴィータ&シグナム
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:1 トリガー:1
パワー:4000 ソウル:1
特徴:《魔法》《本》

【永】相手のターン中、他のあなたの《魔法》のキャラすべてに、パワーを+1000。

シグナム「我ら夜天の主のもとに集いし騎士」
ヴィータ「我らが主、夜天の王・・・・・・八神はやての名のもとに!」

レアリティ:PR
illust.緋賀ゆかり

  • 月刊ニュータイプ 2010年8月号付録

意地っ張りロザリーでお馴染み、特定の特徴持ちを相手ターン限定でパワーパンプするキャラ。
意地っ張りロザリー同様に、このカード自体も効果対象の特徴持ちであるため、2枚以上場に入れば相互支援が出来る。
《悪魔》に比べ《魔法》はプールが広く、相手ターン限定とはいえ+1000の効果は大きい。
ヴァイス自体がシステム上相手ターンの強化に比べ自ターンの強化を行える能力が多いため、
守りに徹しつつ自分のターンには強化して殴る…という行動が行ないやすいのはなかなか悪くない。

特に、トライアル大会環境下ではかなり優秀。
A'sトライアルの後列キャラは、通常応援または自ターン限定パンプのため、レベル2助太刀があると言っても相手ターンで高パワーを維持し辛い。
自ターンのパワーパンプはCXなどでも出来る為、プレシアの代わりにこちらを採用してもいいだろう。
《本》でもあるため、闇の書の呪いの発動条件を満たせるのも大きい。
トライアルの《本》持ちと違って後列に置いても圧迫にはならない為、安定して発動できる。

また、このカード自体が「はやて」であるため風の癒し手シャマルによる強化が受けられ、
前列3枚にこのカード、後列2枚に風の癒し手シャマルがいる状態ならば、相手ターンには8000という頼もしいサイズとなれる。

若干後ろ向きな能力ではあるものの、PRとしてはなかなか高い性能を持った1枚。
難点はそのレアリティ故の入手の面倒さと意地っ張りロザリーとは違い登場に1コストかかる事か。

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。