Index-Librorum-Prohibitorum

&autolink
ID/W10-077
カード名:Index-Librorum-Prohibitorum
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:4500 ソウル:1
特徴:《魔法》《本》

【永】 記憶 相手のターン中、あなたの思い出が2枚以上なら、このカードのパワーを+2000 。
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたらこのカードがいた枠にレストして置く)

RR:私の名前はね、インデックスって言うんだよ?
RRR:こんな夜遅くに・・・何の用?

レアリティ:RR RRR
illust.

パワーの基本値が低い代わりに、2種類の強力な効果を得たカード。
1つ目の能力は、相手ターンのみに効果を発動する永続記憶効果。
Lv1時点での思い出二枚という条件は厳しいもののパンプ値が大きく、Lv1段階から合計6500の高パワーを維持できる。
生半可な攻撃力では突破できない値ではあるものの、昨今の基準値となってきている1/1のPow7000が増えてきている以上、安心はできない。
ただ、二つ目の能力が手札アンコールであり、場の維持だけであれば非常に優秀なカードといえるだろう。

が、やはり問題はLv1段階での思い出二枚という条件。
青単体ではLv0帯にリバース時にコストを支払うことで思い出に行く修道女 インデックス、Lv1帯に能力発動で思い出に行ける氷華&インデックスとチェンジで思い出行きの“女教皇”神裂と、あまり多いわけではない。
幸い、他色にもLv0帯で思い出へ行けるカードがこのエキスパンションには多く、他色と組み合わせることでより安定した活躍を見込めるだろう。
なお、大抵の「思い出に行く能力」を発動するにはコストを支払う必要があり、単純計算であれば思い出一枚に付きコスト1。
実際にこのカードの能力を発動するためには、2コストを支払っている計算になる…防御能力のためだけのコストとしては少々痛い。
なので、このカードのためだけに思い出を貯めるのではなく、他に記憶能力を持ったカードを組み込んでいこう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。