母を想うフェイト

&autolink
N1/WE06-09
カード名:母を想うフェイト
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:2 コスト:2 トリガー:1
パワー:7000 ソウル:2
特徴:《魔法》《クローン》

【永】他のあなたの《使い魔》のキャラがいるなら、このカードのパワーを+2000。
【自】[⑥]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「ファランクスシフト」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたの「母を想うフェイト」1枚につき、次の行動を行う。『相手に1ダメージを与える。』 (ダメージキャンセルは発生する)

勝つんだ・・・。
勝って、母さんのところに帰るんだ・・・・・・!

レアリティ:C
illust.火浦R

特定条件下でバニラ並のサイズを持ったCXシナジー持ちとなるカード。

特定条件は他の《使い魔》の存在。
とはいえそれ自体は難しいことではなく、「フェイト」強化を多く持つ「アルフ」は《使い魔》持ちであるため、
何のデメリットも感じずに恩恵を受けることが出来る。

CXシナジーはダメージ発生。
コストは6とかなり重く、ダメージの発生回数も母を想うフェイトの枚数に関係するなど、
一見“エース・オブ・エース”なのはより更に使い辛くなった様に見えるが、
逆に言えば「その回数分までキャンセルを無効化出来る」わけであり、終盤のダメージ確定としてはかなり効果が高い。
重いコストも使用タイミングが「アタックした時」であるため実質CXの効果も合わせると、
CXフェイズ開始前に3コスト溜まっていればいいので、接戦時には大いに役立ってくれるだろう。

ただし、パンプ効果は他のカードが前提であるため油断すると2000以上のパワーダウンが発生する上、
母を想うフェイトは当然ながら《使い魔》持ちではないためCXシナジーのダメージを伸ばそうと思うと、
上手くかみ合わなくなってしまう。
どれを何枚置くか、CXシナジーを重視するか否かでデッキの構成が大きく変わってくるだろう。

実現することはほぼ不可能だが、場にフェイト×4、フェイト川中島×4、シナジー×3+ショットトリガー×3という組み合わせが揃い、
フェイト自身の攻撃がキャンセルされた場合、1度のアタックフェイズで22回ダメージを与えることが出来る。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
ファランクスシフト 2

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
対等のパートナー アルフ 1/0 3000/1/0
もうひとりの魔法少女フェイト 1/1 5000/1/1 チェンジ
母を想うフェイト 2/2 7000/2/1

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。