もうひとりの魔法少女フェイト

&autolink
N1/WE06-03
カード名:もうひとりの魔法少女フェイト
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:1 コスト:1 トリガー:1
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《魔法》《クローン》

【自】 チェンジ [② 手札を1枚控え室に置き、このカードを控え室に置く]あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「母を想うフェイト」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠にレストして置く)

今度は、手加減できないかもしれない

レアリティ:R
illust.よし☆ヲ

  • 10/01/12 今日のカード

『チェンジ』能力及び手札アンコール持ち。

チェンジ先である母を想うフェイトは条件付2/2バニラ並のサイズ+CXシナジー持ちとなるカードであり、
条件である《使い魔》「フェイト」強化カードが多い「アルフ」に付いているため相性としては良い。
CXシナジー自体は少々使い勝手が悪いが、単純な高サイズの早出しというだけでも十分に意味はあるだろう。
教育係リニスの効果でこのカード自身も早出し可能なため、“ファントムを継ぎし者”ツヴァイよろしく早い段階で活躍できる。

もうひとつの手札アンコールも、『チェンジ』タイミングが「クライマックスフェイズ前」であるため、
「アンコールフェイズ前」であるものと違い十分意味があり、自ターンのみの強化である使い魔アルフとの相性も良い。

ただし、逆に言うと手札を更に1枚必要とする『チェンジ』と手札アンコールの組み合わせから、
どちらを生かすにしてもかなり手札の浪費が激しいため、そこを補える手段を準備しなければひたすらアドバンテージを奪われてしまう。
使用するならば極力早いタイミングで『チェンジ』をして浪費を抑えたり、回収系のカードを多く積む等の工夫が必要になるだろう。

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
教育係リニス 0/0 2500/1/0
母を想うフェイト 2/2 7000/2/1 チェンジ

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。