黄金の右脚 千枝

&autolink
P4/S08-035
カード名:黄金の右脚 千枝
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:1 コスト:1 トリガー:1
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《スポーツ》《魔法》

【自】[①]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「千枝の追撃」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを-1000。そうした時、相手のスタンドしているキャラがいないなら、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを-1000。
【自】 チェンジ [② このカードを手札に戻す]あなたのドローフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「千枝&スズカゴンゲン」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。

い、いきなり入ってきて、いきなり気絶したの

レアリティ:U
illust.-

強力な後列キラーとも言えるCXシナジー持ちにして『チェンジ』持ち。

CXシナジーの効果は相手のサイズを-1000。
一見微妙に見える数値だが、自分の目の前の相手にかければ1/1バニラと同様のカードとして扱え、
位置が前列に限定されていないため後列を指定する事も出来る。
【ミハネム】等のレベル0後列がコンボの主力となるカードにとっては1コストで必要なカードがとばされるため、
痛い事この上ない効果である。
更に、吹奏楽部 松永綾音等の効果とあわせて相手を全員レストしていればもう1体-1000。
相手次第ではコンボを完全に潰す事が出来るなど、かなり凶悪。

なお、パワーが0以下になったキャラが控え室に送られるのはチェック型ルール処理なので、
相手のキャラがパワー1000以下のキャラ1体を除いてレストしている場合、
1回目の-1000でスタンドしているパワー1000以下のキャラのパワーを0以下にしても、
そのキャラが控え室に送られる前にスタンドしているキャラがいないかどうかの判定が行われるため、2回目の-1000は実行できない。
分かりやすく言うと、「千枝の能力を完全に処理し終えた後にパワー0以下になった相手のキャラを控え室に落とす」という事になる。

サイズは能力二つ持ちのため1/0バニラより低く抑え気味ではあるが、
「千枝」《スポーツ》《魔法》と対応が多いのも強み。

このカードも『チェンジ』先も共に便利なCXシナジーを持っているため、
「どちらにどれだけ対応CXを準備するか」だけが最大の問題となるだろう。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
千枝の追撃 2

・関連カード
カード名 レベル/コスト パワー/ソウル 備考
千枝&スズカゴンゲン 2/2 7500/2 チェンジ先
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。