力を司る者マーガレット

P4/S08-087
カード名:力を司る者マーガレット
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《神》

【自】[③]この能力は1ターンに1回まで発動する。このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札の上から3枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、あなたは自分のクロックの上から1枚までを、控え室に置く。それらのカードにイベントがあるなら、あなたは自分のストック全てを、控え室に置き、このカードをスタンドする。

“力を司る者”として・・・
最大級の敬意とともに、お相手するわ

レアリティ:U


店長の息子 陽介同様、デッキ破壊をしつつ、条件次第で能力が付加していく能力。
ただ、アタック時に3コストという時点で重く、ましてや条件は終盤はキャンセルに回したいクライマックスや控え室に落とせるほど多く積まないであろうイベントと、陽介に比べてかなり厳しめ。
しかもイベントが落ちた際にスタンドする効果は、終盤は重宝とされる貴重なストックが問答無用で水の泡と化すため
追加アタックをするための追加コストと考えても既に3コスト払ってるためかなり割が合わない。
陽介のようにパワーも上がらず、再スタンドした時にカウンターで倒される可能性があるのでバトル相手には注意したい。

そのため圧縮してる場合はなるべく平賀 慶介などで回復してストックを3枚前後に調節したいが、能力発動が失敗する事を考えると無暗に使えば良いとも限らなかったりする。

実用を考えれば、場に展開できるのは2体まで。
イベントが出ることを前提で考えれば、1体目のマーガレットの能力でストック全破壊後トリガー(+1)→2度目のアタックでトリガー(+1)、チャンプアタッカーで攻撃(+1)。
そして最後に2体目のマーガレットで再び3コストを払って能力を発動し、次のターンはストックが2~3枚。
助太刀を備えに持つことを考えれば、やはりCXはストックブースト系が一番だろう。
重たい事には変わりないが、面白い効果であるため使ってみてはいかがだろうか。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。