いつもの光景

イツモノコウケイ【登録タグ: ID:IM ストック操作 沼倉愛美
&autolink
IM/S07-047
カード名:いつもの光景
カテゴリ:イベント
色:緑
レベル:2 コスト:1 トリガー:0

相手のストックすべてを、控え室に置き、相手は自分の山札の上から同じ枚数をストック置場に置く。

うわあ、ちょっとハム蔵、ウサ江、いぬ美!?
逃げちゃダメだってば~っ!?

レアリティ:C
illust.よしなひじき

ついに登場した圧縮メタカード。相手のストックを再構成してしまう。

このカードの目的は、「相手デッキの中にあるCXをストックに埋めること」に尽きる。つまり、
「相手のストックが多く」「相手のデッキの残りCXの比率が高い」状態であるほど、有効なカードであると言える。

つまり、『CX以外をストックに送ることで山札内のCX率を引き上げ、キャンセル率を上昇させる』
タイプのデッキには強烈に突き刺さる。それこそ一枚だけで投了させることも出来る程度に。
リフレッシュダメージを発生させる目的で使うのもありか。

「バトルに勝てない→相手のストックを消費させない&相手前衛が減らない→相手にストックを溜めさせてしまう」
タイプのデッキでもいい仕事をするかも。ただし、そういうデッキだと相手の手札は溢れているはずなので、
後衛圧殺→アンコールなどの手段で無理矢理ストック消費してから朝の挨拶とかやられても泣かない。

デッキトップ操作と組み合わせて控え室のCXをストックの一番下にまとめて送るコンボもある。

ただし、それ以外には基本的に何の役にもたたないカードである。
腐るときはとことん腐るので、相手次第ではクロック用と割り切ることのできる程度に構築できなければ、採用は難しいだろう。
それでも、緑を強力な方面で個性付けられる貴重なカードなので、環境次第では緑を噛むデッキには2枚程度刺しておきたい。
最悪、ブラフカードと割りきって投入するのも可。相手がこれを恐れて「ストックを貯めない」プレイングをしてくれるならばそれはそれで、終盤の相手のフィニッシャーを縛ることができるので充分仕事をしたといえるだろう。
黒井社長との相性はイマイチ。しかし、互いを補完する働きをするので選択肢を増やす意味では併用もありだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。