主人公&オルフェウス

&autolink
P3/S01-002
カード名:主人公&オルフェウス
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:4000 ソウル:1
特徴:《魔法》《武器》

【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠にレストして置く)
【起】[② このカードをレストする]このカードを思い出にする。あなたは自分の手札の「主人公&タナトス」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。

我は汝・・・汝は我・・・。
我は汝の心の海より出でし者、幽玄の奏者オルフェウスなり・・・。

レアリティ:RR
illust.-

主人公&タナトス専用のカードであり、起動能力によりレベル1の状態でレベル2のカードを呼び出せる。
2枚コンボになるが、そもそも主人公&タナトス自体がレベル2で出してフィニッシャーになりえる強力なカードだけにそれがレベル1で出てくることは相手にしてみれば厄介なことこの上ない。
更には、ソウルパンプ効果により、一気にゲームをフィニッシュまで持っていかれる場合までもある。
その上、主人公&タナトスには専用の控え室からの回収カードがあるため、2枚コンボといえども難しいとは言いがたい。
又、思い出になる為カードアドバンテージは失うものの代わりにリフレッシュ後のダメージキャンセル率が2~3%前後上昇することが期待できる。

ついでに、自身も地味ながらアンコールを持っており、レベル1且つ0コストのテキスト持ちキャラとしては4000というのはまずまずの値なので単体で殴ることもできる。
とはいえ、最近は4000だとレベル0のキャラにすら敵わない場合があるので出来れば自身で殴るよりは早めに早出しへとつなげたいところである。
ネームや特徴面でも「主人公」《武器》と強化や回収が見込める。

主人公&タナトスの早出しは、地味に「レストしてから思い出置場に送る」という条件なので、素直で前向き春香のようなレストに影響があるカードがある場合は注意。
なお、手札に主人公&タナトスが無い場合でも、起動効果を使いこのカードを思い出にするだけというプレイングは適正。
特にネオスタンダードの構築環境では、これが堂島 遼太郎の再利用の条件を自力で満たす唯一の永続手段である。
運命の対峙 ラビリスも可能だが、同ターン内限定であり、シナジーが無い)
堂島 遼太郎を採用したデッキを使っているならば、覚えておいて損は無い。

手札アンコールにより除去や戦闘には耐性を持っているものの、デッキトップ飛ばし、デッキボトム飛ばしには弱いため注意しよう。
当然ながらアンコール封じにも注意が必要だろう。
上の行為を行ってくる相手には、1ターンこのカードで凌いで…などと油断すると折角の早出しが出来なくなる事もあるので要注意。


・関連カード
カード名 レベル/コスト パワー/ソウル 備考
主人公&タナトス 2/2 8000/2 早出し対象

・このカードを使用する主なデッキ

・Q&A
Q:[[主人公&タナトス]]をこのカードの効果でレベル1の状態でプレイすることは出来ますか?

A:はい。出来ます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。