【桜ライダーデッキ】

FH/SE03-012
カード名:ステンノ&エウリュアレ
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:1500 ソウル:1
特徴:《神》《双子》

【永】他のあなたの「ステンノ&エウリュアレ」がいるなら、他のあなたのカード名に「ライダー」を含むキャラすべてに、パワーを+1000。
【永】他のあなたのカード名に「ライダー」を含むキャラすべてに、次の能力を与える。『【永】このカードは相手のキャラの【自】の効果によってリバースされない。このカードはサイドアタックできない。』

ノーマル:じゃあ、私と私が、お仕置きしてあげないと
パラレル:いいこと? キレイなものがこの上なく無様に踊る……これが本当の美しさというものよ

レアリティ:R
illust.ノーマル/サイン:私屋カヲル パラレル:TYPE-MOON


FS/S34-037
カード名:日常の象徴 桜
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:2000 ソウル:1
特徴:《スポーツ》

【自】 [手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、緑のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。

…その、先輩。たまには道場の方に寄っていきませんか?

レアリティ:R
illust. 初出:コンプティーク2014年9月号


・特徴

2枚揃えば「ライダー」に2000パンプ、相打ち封じを付与できるという破格の性能を持つステンノ&エウリュアレを利用したデッキ。
最大の難点は2枚揃える必要があるにもかかわらず、ステンノ&エウリュアレが回収の難しい特徴を持つ点。この点をいかに解消するかがこのデッキの鍵となる。
日常の象徴 桜などの特徴を気にせずに回収できるキャラの他に、カムバックCXを採用するために緑赤の混色構築が多い。ただしUBWvol2で登場した“戦闘モード”ライダーは緑単色の盤面を要求するので、色の採用バランスには十分な注意が必要。

・構築

・レベル0

  • 前列

神速の騎兵ライダー

「ライダー」ネームを持つ3000バニラ。
もっともレベル0帯だとステンノ&エウリュアレがうまく揃わないことも珍しくないので、通常の3500~4000のレベル0アタッカーや相打ち持ちを使ってもいい。

日常の象徴 桜

通常のネオスタンFateでは採用しづらいカードだが、このデッキでは八面六臂の活躍が期待できる。
ステンノ&エウリュアレはもちろん、各種「ライダー」も加えられるのでぜひ採用したい。

見習い魔術師 ウェイバー

威風堂々 ライダーのクロック絆。更に登場時に2コストで令呪もサーチできる。
手札を増やすカードの少ないこのデッキでは貴重な手札維持手段になる。

遠き日の思い出 桜&葵&凛

登場時に2コストで控え室のキャラを特徴を問わず回収できる。

  • その他

ステンノ&エウリュアレ

このデッキのキーカード。当然フル投入が基本となる。

“献身的な後輩”桜

回収範囲がクロックからと狭いものの、種類を問わずにカードを回収でき、手札も増やせる集中。

魔術師として 凛

手札は増やせないが、特徴を問わずに回収できる集中。

・レベル1

  • 前列

“冷酷かつ非情”ライダー

サイドアタックできないデメリットを持つ1/0/6000。デメリットはこのデッキでは全く気にならない。
ストック無しで気軽に場に出せるので、レベル1帯のメインアタッカーになる。

威風堂々 ライダー

1/1/7000バニラ。上記カードと違って登場に1コスト必要だが、パワーは更に高い。見習い魔術師 ウェイバーの絆で回収できるのが強力。

同じ運命 桜&ライダー妖艶な美女 ライダー

1/0パワー5000。1/0アタッカーが“冷酷かつ非情”ライダーだけで足りないと感じるなら5枚目以降としての採用になる。
CXシナジーも持っているが、無理に採用する必要はない。

  • その他

“セイバーの左手”ランサー

《サーヴァント》専用の1/1助太刀。2500助太刀として使えるほか、パワーの割り振りも可能で非常に優秀。
ただでさえパワーの高いこのデッキのパワーをカウンターで更に上げることができるので相手にとっては大きな脅威となる。

・レベル2

  • 前列

慎二のサーヴァント ライダー

“冷酷かつ非情”ライダーと同じくサイドアタックできないデメリットを持つ2/1/9000。
レベル2帯は“戦闘モード”ライダーで十分だと感じるなら無理に採用する必要はない。

  • その他

令呪

《サーヴァント》専用の4500カウンターイベント。
“セイバーの左手”ランサーと違いイベントなので回収は難しいが、見習い魔術師 ウェイバーでのサーチが可能。

・レベル3

  • 前列

覇道の王 ライダー

登場ターンのクロック送りを持つ強力なレベル3。
ステンノ&エウリュアレのパンプに加えて、自身の効果で最大パワー12000まで上昇するのでキャラをリバースさせるのは容易い。

“戦闘モード”ライダー

緑のキャラが4枚以上いると早出しできるCIP回復持ち。
緑単色の盤面を要求するので、混色デッキの場合は色の採用バランスに十分な注意が必要。

伝説の征服王 ライダー

CIP回復持ち。チェンジは使いづらく、パンプ効果もこのデッキでは満たすのが困難なので、使う場合はほぼ回復バニラとしての採用になる。

“英霊”ライダー

変則的な除去とCXシナジーでのクロック送りを持つ。
パワーの低さ、対応CXが手札に引き込みにくいストックブーストな点など覇道の王 ライダーと比べるとどうしても弱さが目立つ。無理に採用しなくてもいいだろう。

  • その他

最後の別れ

コスト0で発動できるカウンターイベント。
自分の場が緑のキャラ5枚で埋まっていると5000のパワーを出すことができる。

・戦術

とにかくステンノ&エウリュアレを2枚揃えなければ話にならない。初手に1枚もなければ思い切って5枚マリガンする勇気も必要だろう。各種回収手段も利用して、最低でもレベル1になるまでになんとしても舞台に揃えていきたい。

ステンノ&エウリュアレが2枚揃えばあとはこちらのもの。高いパワーラインで相手を圧倒できる。相手ターン中は手札に“セイバーの左手”ランサー令呪を握っておけば理想的。

裏を返せばステンノ&エウリュアレが揃わないと圧倒的に不利になるということ。
同タイトル内のマスターの心構え 凛を始めとする後列除去効果を使われると致命的で、ステンノ&エウリュアレを除去されてしまうとかなり苦しくなる。3コストアンコールはいつでもできることを覚えておこう。

また後列がステンノ&エウリュアレ2枚で固定されてしまうので、通常のデッキのように後列に集中を置いてCX事故に備えるといった柔軟な対応がしにくいのも弱点。
山札を削れる日常の象徴 桜を保険として持っておければ安全。

・サンプルレシピ




以下コメント一覧。

  • テスト -- (名無しさん) 2010-10-20 07:34:20
  • 少し書き加えさせていただきました。引き続き加筆修正よろしくお願いいたします。 -- (名無しさん) 2012-09-23 16:02:01
  • UBW発売に合わせ、大幅に編集しました。 -- (名無しさん) 2015-04-25 08:11:44
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

コメントのログはこちらから。
コメントログ【桜ライダーデッキ】001
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。