「総評/CLANNAD」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

総評/CLANNAD」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *タイトル基本データ
 
 **作品番号
 CL
 
 **エクスパンション
 |セット名|セット番号|エキスパンション形式|セット枚数|備考|
 |[[CLANNAD Vol.01>http://www9.atwiki.jp/ws_wiki/pages/18.html#E]]|WE01|EB|27|「エクストラパック」として発売|
 |[[CLANNAD Vol.02 「CLANNAD~AFTER STORY~」>http://www9.atwiki.jp/ws_wiki/pages/18.html#E]]|WE03|EB|18|「エクストラパック」として発売|
 |[[CLANNAD Vol.03>http://www9.atwiki.jp/ws_wiki/pages/18.html#EB]]|WE07|EB|72&br()(新規27+再録45)|WE01、WE03のすべてのカードを再録|
 |[[パワーアップセット「CLANNAD」>http://www9.atwiki.jp/ws_wiki/pages/18.html#PS]]|WP01|特殊|8||
 
 *特徴
 ハートフルだんご演劇アニメがエクストラ限定で参上。家族っていいな。
 EXパック3で、ようやく普通に戦えるようになってきた…が、やはりプールの狭さがネック。
 [[バトル中の全てのカードに疑似アンコールを与える助太刀>伝説のヒトデ使い風子]]、[[全前列キャラを山札バウンス>旋律の破壊神ことみ]]など
 へんちくりんな効果のカードが目を引くが…枯れ木も山の賑わいかと。
 最もプールの多く、ソウルパンプが豊富な黄を軸に、赤と[[ことみちゃん>一ノ瀬 ことみ]]で脇を固めるのが一番強いタイプ。
 
 だったのだが…、
 
 カムバックキャンペーン、パワーアップセットの追加により、ようやく環境に見え隠れするようになった。
 ソウルパンプ&CIP回復レベル3、ドジっ娘、サーチ集中、島風、CIP回復早出し、再スタンド、高パワーレベル1、絆持ちストック相打ち等、様々な一線級カードを獲得。
 これにより、大会での使用者も増え結果も残すようになった。
 
 ちなみに、エクストラブースターのみでいまだに通常ブースターの追加がないタイトル。
 パワーアップセットが出たとはいえ、智代・ことみ・風子・杏・涼とまだまだ強化が足りないカードも多い。
 SAO、AB、なのはのような再録パックでの新規カード追加含め、ファンはとにかく早くブースターの追加を望んでいることだろう。
 
 しかし、現実はkey10周年の時にすら追加がなかったという有様でパワーアップが来ただけでも奇跡のようなもの。
 それでも、待つファンは多いタイトルである。
 
 
 *環境の中でのCLANNADの立ち位置
-2017年1月現在で、早出し条件としてCX2枚以下、CX6枚以下、山札が5枚以下、同じ色が4枚、特定のキャラがクロック、特定のキャラが場にいること等色々あるが、クラナドの早出し条件は経験。
+2017年1月現在で、早出し条件としてCX2枚以下、CX6枚以上、山札が5枚以下、同じ色が4枚、特定のキャラがクロック、特定のキャラが場にいること等色々あるが、クラナドの早出し条件は経験。
 一見大変に見えるが、条件さえ満たしてしまえば、タイミングを選ばない早出しと捉えることができる。
 レベル2の時点でタイミングを選ばず早出しができて、回復能力も持っている。他のタイトルにはない、クラナドにしかできない差別化と取ることができる。
 オマケにお父さんの絆で回収にも対応しており、割られても再度出すことができる。
 他のタイトルでは割られてしまうと、タイミングがずれて条件が達成できずに早出しができないということになるが、クラナドにはそれがない。
 十分に環境タイトルの中でクラナドというタイトルを選択する理由になる。
 
 問題はカードの入手が難しいこと。
 内容とタイトル人気を見れば、もっと使用者が増えてもおかしくないのだが、使用者が少ないのはそこが原因だろう。
 もし、クラナドをフルホイルで組んでいるものが現れたら、それはまさに愛、本物の猛者ともいえるだろう。
 ちなみに余談だが、しろくろフェス3位入賞のデッキはリスト上ほぼフルホイルで組まれていると思われる。
 
 
 *主なデッキタイプ
 
 **早出し耐久型
 パワーアップセットで登場した[[元気な挨拶 渚]]とカムバックキャンぺーンで登場した[[仲良し夫婦 渚&朋也]]をメインに使い、経験を満たしてレベル2から耐久していくデッキで、2016年しろくろフェス2016にて第3位に入賞という結果を残したデッキ。また、WS交流会2016in松山にてベスト16入りしている。
 細かい点は微妙に異なるが、大会で結果を残したデッキではCXは家族の絆を採用し、もうひとつは逞しい命か恋のトライアングルの採用となっている。
 
 しろくろフェス2016 第3位 渚ゾンビループ
 http://ws-tcg.com/deckrecipe/sirokuro_2016
 
 WS交流会in松山 ベスト16 松井五段オススメレシピ
 http://ws-tcg.com/deckrecipe/koryukai2016_godanfav_matsuyama-2
 
 
 基本はレベル2になった時に、経験を満たした[[元気な挨拶 渚]]を早出しして盤面を取っていき、回復耐久をしていく。倒されても、お父さんの絆で回収し、再び登場。 まさにゾンビのように復活させていく。
 [[“恋人同士”渚&朋也]]を採用しているのなら、場合によってシナジーを狙っていく。
 レベル3では、[[仲の良い家族 渚&早苗]]の再スタンドを狙っていくか、[[委員長 杏]]の朋也回収シナジーを狙い、[[仲良し夫婦 渚&朋也]]を回収し、ソウル上げ&回復耐久を狙っていく。前者は詰め要素が高く、風トリガーで相手キャラのバウンスをし、後列を排除して盤面を崩せたりするメリットもあり、後者は扉トリガーにより安定した回収を狙うことができる。
 
 ちなみに、序盤は[[共に進む道程 渚]]を思い出に送り、[[だんご大家族 汐&渚]]の記憶を満たして1/0 7000ラインを確定させるのがメイン。後列は汐の集中を準備し、もう1枚の後列は汐の集中を2枚体制で中央のラインを上げるか、[[岡崎 汐]]の応援を採用するか、[[終わった世界の少女]]を採用しアンコールさせ再利用を狙う。
 島風互換である[[やりたい演劇 渚]]のパワーラインを意識するのなら、[[岡崎 汐]]の採用が無難だろう。中央で8500、左右でも7500までは上げることができる。
 ただ、集中以外に山札を削る手段が皆無に等しいのでリフレッシュ時の圧縮は常に意識しておくべき。どうしても、暁互換の追加も欲しかったと思ってしまう事がある。ただ、プレイングでカバーすれば実績も出ているデッキなので、クラナド好きなプレイヤーは頑張っていってほしい。
 
 **渚チェンジ型【黄赤型】
 [[デートに誘う朋也]]と相性がいい前列で固め、Lv3の[[だんご大好き渚]]の早出しを狙う。
 凶悪なLv1[[仲良し親子 渚&早苗]]、ソウル2アンコールになる[[朋也の恋人 渚]]が強い。
 ストックが貯まったら汐から[[だんご大好き渚]]へチェンジ、余裕があれば[[渚の娘 汐]]を回収しつつ、ソウルゲーにもっていく。
 欠点は回収が乏しく、回復が無いこと。終盤もバクチっぽく立ち回らざるをえないため、安定しない。
 
 上記デッキもパワーアップセット登場に伴い、大幅に構築が変わってきたといえるだろう。
 [[元気な挨拶 渚]]と併用してチェンジを狙い、レベル2から詰めに行く形が理想。
 
 ***キーカード
 ・[[だんご大好き渚]]
 手札か控え室から登場したときに2体のキャラのパワーとソウルをパンプする。
 自身はパンプされないが複数だしたりCXを張るなどして詰めのソウル調整もしやすい。
 
 **グッドスタッフ【黄赤t青(緑)】
 カムバックキャンペーンの追加で安定性が格段にあがったデッキ。
 特に[[仲良し夫婦 渚&朋也]]は既存のキャラとのシナジーがよく、ソウル調整も出来るので詰めも行いやすい。
 さらに集中の追加でデッキ圧縮もしやすく手札も増やしやすくなった。
 またその他優秀なキャラを入れることで柔軟かつ安定したプレイングができる。
 
 ***キーカード
 ・[[仲良し夫婦 渚&朋也]]
 カムバックキャンペーンで登場したCIP回復とアタック時に他のキャラにパワーとソウルをパンプする効果を持ったLv3。
 上記にもあるが[[「朋也」]]ネームの[[《演劇》]]と[[《不良》]]を持つのでキャラで既存のキャラとのシナジーがいい。
 さらにソウル調整も出来るので詰めとしても優秀である。
 ただし、パンプは自身には出来ないので注意すること。
 
 ・[[委員長 杏]]
 CIPバーンを持ち、CXシナジーで自身のパワーパンプと控え室の[[「朋也」]]を回収するLv3。
 CXシナジーでのパンプ値は5000と破格であり、[[仲良し夫婦 渚&朋也]]を回収できるのも強い。
 
 **春原コンボ型【緑黄】
 このタイトル唯一のイベントである[[春原コンボ]]を使った[[春原 陽平]]を活用したデッキ。
 アタッカーは[[「智代」]]を使い[[春原 陽平]]の効果で相手に[[《スポーツ》]]を与えることで間接的に[[「智代」]]をパワーアップさせることで盤面を取ったりクロック飛ばしが出来る。構築上[[《スポーツ》]]が多くなるが[[生徒会長 智代]]のCXシナジーを使うなら優秀な[[《演劇》]]のキャラを入れるといいだろう。
 
 ***キーカード
 ・[[春原 陽平]]
 レストする事で相手も含め2体のキャラに[[《「スポーツ》]]を与え、舞台から控え室に送ることで[[「智代」]]をパワーパンプする。
 レスト効果は[[生徒会長 智代]]や[[スポーツ万能 智代]]と非常に相性がいい。
 
 ・[[春原コンボ]]
 クロックの[[春原 陽平]]を控え室に置き、舞台に[[「朋也」]]が居ればそのままストックに飛ばせるLv2のイベント。
 
 ・[[コンボを繋げる杏]]
 登場時に控え室の[[春原コンボ]]を回収し、控え室の[[春原 陽平]]とクロックを入れ替える2つの効果を持っている。
 これ1枚で[[春原コンボ]]の準備をすることが出来、[[春原コンボ]]を使えば登場時効果も含めて実質2コスト1点回復となる。
 
 #comment_num2(log=コメントログ【総評CLANNAD】001,num=20)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。